2009秋 ベタな京都観光 清水寺、知恩院等

前回、嵐山へ行ったその翌週にまた京都へ

阪急河原町駅で下車
まずは近くの新京極の通りをぶらぶら
色んな店が多数あって楽しいが人が多すぎて酔う(弱)

人混みをかいくぐりながら進むと「本能寺」と案内看板がある
本能寺ってこんなとこにあるのか( ゚ω゚ )もっと人里離れたとこにあるのかと思ってたぜ
201_R.jpg

京都 本能寺
さっと見物してまた宛てもなくふらふら

デカい道沿いを歩いてたら京都市役所発見
204_R.jpg
渋くて立派な建物ですなぁ

R-203.jpg
近くの蕎麦屋でえび天そばを食す
後から来た外人さんがカレーうどんを頼んで
出てきた現物を見た瞬間「ホッホウ!!!!」とかエラくハイテンションだったのが印象的であった

食後、八坂神社の方へ行ってみる
R-208.jpg
祭り?があるのかよく分からんかったが結構屋台が出てたり
謎のお祭り用品が登場してた

211_R.jpg

こんにちは、謎のお祭り用品です

213_R.jpg

本能寺と同じくサクっと見物した後、清水寺方面へ向かう
214_R.jpg

215_R.jpg

217_R.jpg
京都!って感じの路地が結構あって楽しい(・∀・)

清水寺の参道辺りになるといきなり人が増えてきてちょっと涙目
218_R.jpg
八つ橋タダ食いゾーンに突入

0902-219.jpg

0902-220.jpg
わらわら

拝観料を払いチケット代わりのしおりみたいなのをもらう
このしおり、春夏秋冬と4種類あり冬のやつだけゲットできていなかった
今回もらったのは・・・「秋」(´・ω・`)10月やしまぁそうなるわな
日本人の収集癖を絶妙にくすぐるニクい奴やでホンマ



清水の舞台として有名なポイントでは人が代わる代わる写真撮影

一人でプラプラしていると(あいつヒマそうだなwww)と目をつけられ
「すいませーん、撮ってもらっていいですか?^^」等と恐喝され俺も
(ちっ、何だよ、彼女連れで来やがって…彼女に撮ってもらえよ
あぁ?二人で写りたいだと、ふざけんな一人の俺を気遣え!!!)と発狂しつつ

「はい、いいですよー^^
あっ、ここ押すだけですねーはーい^^」とやってしまう魔のゾーン
やや足早に進む
229_R.jpg

233_R.jpg

清水寺
よくありがちな構図



清水寺の拝観を終えてまた人の多い参道へ
ちょっと行ったところで二年坂だか三年坂だか言うところを下る
244_R.jpg

251_R.jpg
八坂神社の裏手にきたので少しフラフラして知恩院へ

252_R.jpg
知恩院のお茶 超推してます

知恩院到着 何これめちゃデカい…
0902-253.jpg

0902-255.jpg
階段も結構なもんで上りきったら息切れた('A`)w

256_R.jpg

257_R.jpg

0902-258.jpg
土産物屋さんみたいなのもありフラフラと見て回り
次は平安神宮へ行ってみる

261_R.jpg

平安神宮

0902-265.jpg
(゚∀゚)広いなぁ

(゚∀゚)…

(゚∀゚)そろそろ帰るか

見所を知らなかったためかあまりピンと来なかった平安神宮を後にし
駅へと戻ることに


駅への道すがら鴨川を通過しようとするとそこには忌まわしき光景が…
京都 鴨川
これが京都名物「鴨川の等間隔カップル」やでぇ!
何やってんだこいつら(´;ω;`)←嫉妬

涙目&小走りで四条大橋を通過し錦市場でだし巻き玉子を購入して帰宅した
278_R.jpg

0902-279.jpg

おわり

スポンサーリンク

2012初秋 生瀬~武田尾~道場 廃線等散歩 その1

珍しい自分撮り
9月5日 晴れ 最高気温34度

せっかく無職になったので平日散歩と洒落込もうと思い
なんかいいところはないか調べてみた

電車で1時間くらいで行けて歩き応えのありそうなポイント…
なかなか見つからなかったがようやく発見

宝塚の近くで自然たっぷりのハイキングルートがあるらしい
ネットにアップされている画像を見ると結構いい感じ(・∀・)ここや!

そんなわけで今朝8時40分自宅を出発
15分ほどで駅に到着 しかしここで異変に気付く

お も っ た よ り し ん ど い

てかまだハイキングどころじゃないからな…
冷房の効いた部屋でゴロゴロしながらネットばかりしてた肉体には
朝とは言え外の暑さが堪えるようだ 何か尋常じゃないくらい汗が噴き出してる\(^o^)/

電車内では座れたのでそれで体力を回復しつつ阪急宝塚駅へ
106_R.jpg
宝塚からJRに乗り換える

電車待ちをしているといかにもこれから歩きますみたいな格好をした
老人の団体が登場 15人くらいいるな…
まさかこやつらも俺と同じ目的地なのか何か嫌だなぁ(´・ω・`)w

程なくして電車が到着 老人団体と一緒に乗る
目的地は一駅先なのですぐ到着

あれ?俺しか降りないや、ラッキー(゚∀゚)w
108_R.jpg
そんなわけで生瀬駅に到着 駅横のコープさんで弁当とおにぎり、ジュースを購入

日差し除けのタオルを頭に巻いて
どっかのラーメン屋みたいなスタイルで出発!
110_R.jpg
うちの近所では盆明けくらいからセミの鳴き声をあまり聞かなくなっていたが
この辺りはまだ夏真っ盛り的な勢いでセミが鳴いてる
風景も相まって何かいい(・∀・)

しばし車道沿いを歩く 暑い 果たして無事に歩きとおせるのだろうか(弱)
116_R.jpg
駅から10分ほど歩いたところで右手に田んぼが見えるようになってきた

119_R.jpg
確かここら辺から降りたら廃線ルートの入り口なんだよなぁ(ネット調べ)

120_R.jpg
おぉ!!!(゚∀゚)これや!わしが散歩したかったんはこんな道なんや!

JR西日本さんの
「通っちゃアカンねやけど、もし通ったらワイは知りまへんで」ってな
微妙な大人の事情を感じさせる看板をスルーして進むと
123_R.jpg

127_R.jpg
何やらこう風情を感じてよろしおすなぁ(゚∀゚)

124_R.jpg
突然思い出したように歩数チェック
いつも散歩の際に装着している歩数計
4689歩 まだこんなもんだな

138_R.jpg
廃線跡と言うだけあって枕木がかなり残ってる

130_R.jpg
ぱっと見、迫力もあり大変素敵な光景だがじっくり見るとわりと水が汚い(´・ω・`)w

128_R.jpg
この鉄はしごで降りられるらしい、俺は嫌だけど( ゚ω゚ )

この他にもパシャパシャ写真撮って花を愛でたりキノコを発見したり
耳の辺りを狙って飛ぶ蚊みたいなやつを払ったりしているとあるポイントへ辿り着く
156_R.jpg
廃線になっているのでもちろん電気などついていない
このトンネル6個ほどあるらしく最初と2つ目のやつは距離が長いので
懐中電灯等がないと結構困った事になるという

うおーすげぇー!等と喚きながらトンネルを撮影していると後方から声が…

やべぇ…何かの団体が来た('A`)
何故かこういう団体がとても嫌いな俺
ダッシュでライトの用意を行いトンネルに突入
158_R.jpg

157_R.jpg
うおおおおおおおおおお

思ってた以上に怖い(´・ω・`)←ヘタレ
試しにライトを消して歩いてみたら方向感覚が分からず
左の壁に激突しそうになった…
足元をライトで照らして歩く トンネル内も枕木がありデコボコしているので
こんなもんライトなしで行ったら見えんわコケるわでどえらいことになるぞ…
持ってて良かったシュアファイア(゚∀゚)w

162_R.jpg
しばらく真っ暗闇を歩くと向こう側に光が見えてきた
(´;ω;`)おお、光じゃ光じゃ!

163_R.jpg
感動の脱出

ひとまずトンネルを抜けてほっとしたが次のやつも手強いとの噂…
166_R.jpg
せやな

172_R.jpg
栗かな?秋を感じさせますなぁ、クソ暑くてセミがミャンミャン言ってるけど

179_R.jpg
ちょっと狭くなってきた道を進むと

183_R.jpg
次のヤツが口を開けて待っています:(;゙゚'ω゚'):
植物のトンネルとつながってかなりロングな仕上がりになっております

188_R.jpg
中に入るといきなり枕木が壁に立てかけてあって
意味の分からない恐怖感に苛まれる(´;ω;`)w

189_R.jpg

192_R.jpg
足元を照らしながら歩いているとこんなものを発見

194_R.jpg

196_R.jpg
オッス!オラきのこ!

オラきのこはいいとして何かこのトンネルさっきよりも闇時間が長いんですけど…
このまま出口がなかったらどうしようと怯えるレベル(´;ω;`)←さっきからビビりすぎ
ここでライトの電池切れたらオッチャン泣いてまうで…

197_R.jpg
後から時間を調べたらトンネル入り口から6分ほどであったがようやく出口が見えてきた

198_ck.jpg
感動の脱出(2回目)

203_R.jpg
次のトンネル…ではない

相変わらず写真を撮りながらフラフラ進んでたら「カサカサ・・・」
何か控えめな音がしたので見てみると蛇さんがおった(´・ω・`)うおお・・・
ちょっとだけお顔を拝見したが三角っぽくはなかったので
スジもんのマムシさんではないと判断 他にもトカゲさんがそこかしこに
212_R.jpg
それからしばらくは足元を注意するようになった( ゚ω゚ )w

219_R.jpg

220_R.jpg
そして来ました第3トンネル

222_R.jpg
ここは入ってすぐに向こう側が見えたので何か安心w

224_R.jpg
そして出口に近づくと…おぉ!

225_R.jpg
鉄橋!

何かダラダラ長くなってしもうたので次回へ続く(・∀・)


スポンサーリンク

2012初秋 生瀬~武田尾~道場 廃線等散歩 その2

前回 その1

3つ目のトンネルを抜けるとそこには味のある鉄橋が(・∀・)
線路部分はフェンスで封鎖されておりこちらを通る
227_R.jpg
眺めが良くて風も吹いて心地良いのだが
高所恐怖症の俺には少しドキドキのコースであった('A`)

230_R.jpg

231_R.jpg
枕木にはど根性雑草の姿が

橋を渡るとすぐに4つ目のトンネル
236_R.jpg

242_R.jpg
ここも短めのトンネルであっさりと通過

トンネルを抜けると廃線ルートの最初にあった注意書きの看板を発見
245_R.jpg
あそこからここまでが自己責任ゾーンなのか

250_R.jpg
自己責任ゾーン?を通過するとさっきまでずっと右側にあった川が左側になり
道も草がめちゃ生い茂ってる感じではなくなる 色んな風景が楽しめて良い(・∀・)

ここら辺から案内板があったり木にも名前の表示があったりと
非自己責任ゾーンの余裕を感じる(謎)
253_R.jpg

254_R.jpg

255_R.jpg


そして5つ目のトンネルが登場する
全てのトンネルを画像付きで紹介する必要性があったのか疑問に思い始めたが
もうここまできたら全部やる
258_R.jpg
遠くからでも出口が見えてる短いトンネル
2つ目までが難関だったな(・∀・)ビビりの俺的にはw

264_R.jpg
ヨウシュノヤマゴボウ
小さい頃近所にもいっぱい生えてて実を潰して紫色のジュースを作ったりして遊んだ
ちょっと食べたりもした覚えがあるけどさっきググってみたら「軽く毒」って書いてあった…

265_R.jpg
キクラゲっぽいやつ
触ってみるとネコの耳みたいで面白い

そんなこんなで最終トンネルに到着
268_R.jpg

入り口まで近づいてみると
270_R.jpg
こんなの書いちゃダメじゃない?トンネルなんだもの やすを

最終トンネルを通過すると向こうに建物が見え始める
「お、そろそろ武田尾かな。ぼちぼち昼飯でも食べよう」
275_R.jpg
ここにするべ(・∀・)

277_R.jpg
ちょっとしたクーラーボックスを用意しておいたんだぜ

279_R.jpg
高級弁当を食す
散歩の時は大体そば屋とかで食べてるんだが
外で食ったりするのも遠足気分を思い出していいものだ

茶を飲んで一息ついたところで何となく歩数チェック
280_R.jpg
廃線ルートをスタートしてから6000歩ほどか
何か思ったより歩いてないような(´・ω・`)w

石の上をウロウロしていた蟻さんと戯れた(タカられた)後、再スタート
284_R.jpg

290_R.jpg
すぐに武田尾温泉の縄張り(違)に足を踏み入れる

294_R.jpg
さっきまでは木とか草とかトンネルがあったから暑さもマシだったけど
ここら辺はモロに日光直撃できっついなぁ…(´・ω・`)しかもこれから昼だし

297_R.jpg
武田尾駅に到着 時間は12時前
このまま帰るのはちょっと味気ないなぁ…

しかしながら武田尾~道場へ行くのは少し迷った
何故ならネットで調べてた時に
「生瀬~武田尾はハイキングコースだけど武田尾~道場はちょっと上級者向け」
みたいな事を書いてあるのをよく見かけたから 他にも
・道がなかったから戻った
・藪が凄すぎて困った 夏には来たくない
・道がないので川を渡った

等、かなりのアドベンチャー性を要求されること請け合い そうか、夏は来たくないか…
中にはさらっと「とても気持ちの良いコースでした^^」とか書いてるとこもあるけど
299_R.jpg
武田尾駅の待合椅子みたいなやつに座りしばし考えること1分(短)

なんとかなるだろう(゚∀゚)w
水分補給して出発や!
300_R.jpg
武田尾駅でC1000タケダ(謎)

スリルとサスペンスに満ち溢れた次回へ続く



スポンサーリンク
プロフィール

しゃけ

Author:しゃけ
散歩好きが高じて旅行や山登りに行くようになったオッサン

旅行ブログって書いてるけど近所プラプラしてるだけであんま旅行してない

ツイッター @syaketr
登山専用ブログはじめました
ふらふら登山ブログ

旅行ブログも新設しちゃいました
続・ふらふら旅行ブログ

 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
オッサンのぼやき
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキング
メールフォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
宿らん
札幌エクセルホテル東急
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村