白峰三山縦走記2 草すべりを登り北岳、間ノ岳を踏破してついに憧れの小屋が眼前に・・・

IMG_2564

おはようございます。4時過ぎに起床。

昨夜のイビキ度数は中程度であったが妙に気温が高くて

それなりにオッサンが密集している部屋では息苦しくてあんまり眠れなかった( ゚ω゚ )

結局なんであれ山小屋では眠れないんだな俺は(おデリケート)

 

白根御池小屋は朝食が5時半からと微妙に遅かったので

お弁当に変更してもらい昨日のうちに食堂でもらっておいた。

 

入り口付近のスペースで食べようと思っていたらみんな同じ考えのようで

死んだ魚のような目をした人々がモソモソと弁当食ってた( ゚ω゚ )w

 

IMG_2565

ここら辺で弁当を食べるのがデフォのようで弁当ガラを捨てる袋が用意されてた(・∀・)これは助かる

 

お湯とお茶のポットも用意されており無料で水筒に詰めて行っていいそうです( ^ω^ )ありがてぇ

 

IMG_2566

いつものブツを補給。

 

IMG_2572

ヘッドライトを装備して外に出て5時8分に出発。

 

まずは草すべりという急登ポイントを登って北岳肩の小屋を目指す。

 

IMG_2575

すでに出発していたグループが多数いたようで登り始めて数分で渋滞\(^o^)/w

 

IMG_2579

昨日からずっと急登だな( ゚ω゚ )ひーひーふー(弱)

 

白根御池小屋(標高2230m)から肩の小屋(標高3000m)まで一気に登るから仕方ないね。

 

IMG_2585

おっ(・∀・)日が昇りつつある

 

IMG_2587

キター(゚∀゚)

 

IMG_2589

 

IMG_2590

登ってる山の斜面が真っ赤に染まって超キレーです( ^ω^ )

 

IMG_2595

肩の小屋まであと50分。

 

IMG_2600

今日は天気良さそうだな( ^ω^ )嬉しい

 

IMG_2601

む!?太陽の横に見える見覚えのある形の山は…

 

IMG_2602

フッジサーン/^o^\すげぇハッキリ見えるよ!流石は南アルプスだぜ。

 

IMG_2606

少し歩いて小太郎山分岐点。

ここまで来るとしんどい登りは一旦終了。

 

IMG_2608

ここからは標高3000m級の素敵な稜線歩きになります( ^ω^ )

 

IMG_2609

岩場も出てきます。

 

IMG_2614

 

IMG_2615

小屋まであと3分の看板。

 

IMG_2617

そこから見事に3分で北岳肩の小屋に到着(・∀・)早くも標高3000mです

 

白根御池小屋からの所要時間1時間40分。

 

IMG_2618

続いて目指すはもちろん北岳。富士山に次ぐ国内標高2位の山です。

 

そして「南アルプスなのに北岳」や「北岳に来ただけ」等と

色々なネタにされる山です(謎)

 

IMG_2622

肩の小屋から北岳までは40分ほどで着くとの事で楽勝だぜ!

って思ってたんですが

 

IMG_2623

なんか妙にしんどいぜ…( ゚ω゚ )やはり3000mオーバーは酸素が薄いんだよ(弱)

 

IMG_2625

着実にジリジリと歩き続けて山頂っぽいとこに到着( ゚ω゚ )うわ…人多いなぁ←

 

IMG_2628

何はともあれ7時17分 北岳山頂(標高3193m)に到着。

 

IMG_2630

人の少ない隅っこの方で富士山見ながらスニッカーズ食う。

 

IMG_2636

結構騒がしいのでさっさと間ノ岳方面へ向かいます。

 

こちらのルートに入ると一気に人が減る( ゚ω゚ )「北岳に来ただけ」で戻る人が多いみたい

 

IMG_2637

これから歩いて行く稜線が一望できます(゚∀゚)おぉー!

 

IMG_2638

北岳から下り始めてすぐのとこが白峰三山縦走ルートで最も気をつけなければいけない急斜面。

等と書かれていたりするポイントです:(;゙゚'ω゚'):そこまでヤバくはないけどね←

 

危ねえ危ねえって言いながら歩いてたのに一回派手にスリップして転けそうになった(危ねえ)

 

IMG_2639

景色に見とれ過ぎないように慎重に下ります。

 

IMG_2644

鎖やガレ場が続く。

 

IMG_2649

間ノ岳まで約2時間( ゚ω゚ )遠いなぁw

 

IMG_2650

しかし、常に富士山を見ながらの稜線歩きは気持ちいい( ^ω^ )

 

IMG_2652

7時58分 北岳山荘(のトイレ)に到着。

 

IMG_2653

今年の夏に北岳山荘から1分ほど行ったとこに大熊が出たらしいです( ^ω^ )

 

1分って…( ^ω^ )近すぎじゃね?

 

IMG_2656

北岳山荘のトイレは業務用冷蔵庫みたいな外見のメタリック金属な雰囲気でした(意味不明)

 

IMG_2657

バイオトイレというハイテクなもので使用人数がカウントされてたり

用を足すと自動で杉のチップがウイイイーンって出てきたりと凄かったです。

 

IMG_2658

はえ~すっごい( ゚ω゚ )

 

って思いながら掲示物を見てたら「ションベンは外の簡易トイレでやってね」

と書いてあった:(;゙゚'ω゚'):そりゃあコストかかるもんな。やっちまった、すんませんでした…。

 

IMG_2659

ここにも熊注意(* ̄(エ) ̄*)緊張感が足りない←

 

IMG_2662

山荘の入り口に自販機があったのでポカリスエット(600円)購入。

 

IMG_2666

しばらく休憩してから再スタート。

 

IMG_2670

 

IMG_2671

北岳山荘から30分弱で中白峰山(標高3055m)に到着

 

IMG_2675

間ノ岳方面を望む(・∀・)でかいなぁ

 

IMG_2680

またガレ場を歩いていきます。

 

IMG_2681

 

IMG_2684

 

IMG_2691

間ノ岳への登りはいくつかのニセピークを越えてゆきます。

 

なんか山頂っぽいとこに棒が立ってて「お!(・∀・)間ノ岳山頂か!」

と思わせてニセピーク\(^o^)/って事が何度かあります。

 

この辺は登りがそこまでキツくないしニセピーク情報を事前に仕入れていたので

そこまで心が折れることはなかったですけどね( ^ω^ )w

 

IMG_2695

そしてこちらが真の間ノ岳ピークへ向かうの図です。

 

IMG_2704

9時21分 間ノ岳山頂(標高3190m) 後ろの山は北岳(・∀・)

白根御池小屋からの所要時間4時間13分。

 

標高で何となくお気付きの方もおられるかと思いますが

こちらの間ノ岳は国内標高3位の山です。

 

一気に標高2位と3位の山を制覇できるなんて素敵過ぎるぜ白峰三山縦走(゚∀゚)お得感ハンパないw

 

IMG_2697

しかも常に1位の富士山を眺めつつ歩けるっていうね( ^ω^ )

 

IMG_2700

そして、間ノ岳に着いたということは…

 

IMG_2701

ここを下ると伝説の農鳥小屋が…(・∀・)ドキドキ

 

小屋へ向かう前に休憩して準備を整えておかねば…と思っていたら

近くにいた二人組の会話が聞こえてきた。

 

A「あー、俺コーラ飲みたいわ」

B「農鳥小屋で売ってるんじゃね?」

A「山でコーラだと?なめてんのか!って言われそうw」

A&B(爆笑)

 

やっぱりみんなそういう認識なんですね( ^ω^ )w

 

IMG_2706

さて、再スタート。

 

ここから突然登山道の様子が変化します( ゚ω゚ )!?

 

IMG_2707

 

IMG_2713

「農鳥小屋はこっちだ!!!」という強烈なアピール(?)

 

執拗なほどに矢印書いてます\(^o^)/

 

IMG_2717

矢印に導かれながら歩いていると…(゚∀゚)!

 

IMG_2718

あれが伝説の農鳥小屋(゚∀゚)www

 

今まで散々ネットで見てきた小屋がついに現実のものに…

ちょっとした感動と共に変な笑いがこみ上げてきた(危)

 

IMG_2721

そしてこれまた語り草となっている血文字のような「ノウトリ」

小屋へ向かう登山者の恐怖心を煽ってくる感じがグーですね(・∀・)w

 

マニアの間では「ノウトリフォント」と呼ばれているらしい( ^ω^ )

 

IMG_2723

現地に来るまでは全てがノウトリフォントで描かれているもんだと思っていたのだが

先程の一点以外はわりと普通のフォントであった( ゚ω゚ )ちょっと残念w

 

IMG_2725

 

IMG_2727

これもオヤジが描いたんだろうか( ゚ω゚ )かわいいじゃないかw

 

IMG_2731

間ノ岳から農鳥小屋へはひたすら下るんですがそこそこ急斜面で結構滑りやすいです。

 

しかし、ここではかなり気合を入れて背筋を伸ばしスリップ厳禁で歩かねばなりません。

何故なら…

 

農鳥オヤジが小屋の前のドラム缶に座って登山者を監視しているのだそうです( ゚ω゚ )なにそれこわいw

歩き方がヘボかったりスリップなんかしようものなら小屋に着いた時に

説教を食らうらしいです:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_2732

カメラで限界までズームにしてみたが小屋の前にオヤジがいるかどうか分からない…。

 

そもそもここでカメラ持ってふらふらしてることが減点対象かもしれない(怯えすぎ)

 

IMG_2735

しかしこういった写真は撮影せざるを得ない(・∀・)ダブルノウトリ

 

IMG_2736

それにしてもここの斜面はなかなか手強くて

「これまでの登山経験の全てをここにぶつけるんだ!」

とか思ってたけど2回ほど無様にスリップさらしました\(^o^)/おわった

 

IMG_2738

 

IMG_2739

どんどんノウトリコヤが近付いてきます(・∀・)

 

IMG_2742

スーパーロング矢印( ゚ω゚ )

 

IMG_2743

バツ印も入念に(・∀・)

 

IMG_2745

これほどまでにカラフルな登山道は初めてだぜ。

 

IMG_2754

 

IMG_2755

コヤ→

 

IMG_2756

受付前にテント張っちゃうとめちゃくちゃ怒られるらしいです(・∀・)要チェックポイントやw

 

IMG_2757

そしてついに農鳥小屋に到着(゚∀゚)ってオヤジ監視してねえじゃんw

 

到着時刻10時17分 白根御池小屋から5時間9分。

この時間なら怒られることもなかろう( ^ω^ )良かった

 

さぁ~て来週のサザエさんは(・∀・)

「天空トイレ」「高野豆腐とひじき」「消灯一八〇〇」

の3本でお送りします( ^ω^ )ウフフフ(謎)

 

つづく

関連記事

スポンサーリンク

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

稜線すばらし!

しゃけ様

お疲れ様です!

紅葉の美しさ、北岳、間ノ岳の稜線歩き
富士山を見ながらっていうのが最高です!

天空の遊歩道 ん?違った(そんな甘くない?

そして、しゃけ様一押しの農鳥小屋!
どんなおやじか、思わずググってしまいました^^

賛否両論、しゃけ様の次週の内容が
もう楽しみで楽しみで(^O^)/


Re: 稜線すばらし!

アラフィフおやじさん

槍ヶ岳を見ながらの表銀座も良かったですがこちらも素晴らしい眺めでした( ^ω^ )

遊歩道的な区間もありますが明らかに酸素が薄いので
俺はリアルひーひーふーしながら歩いてました(弱)

農鳥オヤジググりましたか( ^ω^ )ようこそ農鳥ワールドへw
次回は詳細な農鳥小屋レポートになりますのでお楽しみに(・∀・)うへへ
プロフィール

しゃけ

Author:しゃけ
散歩好きが高じて旅行や山登りに行くようになったオッサン

旅行ブログって書いてるけど近所プラプラしてるだけであんま旅行してない

ツイッター @syaketr

楽天さん
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
オッサンのぼやき
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
宿らん
札幌エクセルホテル東急
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村