今季ラストの冬山登山3 夏沢鉱泉から根石岳を経て強風の天狗岳を歩く

IMG_0241

5時30分起床( ゚ω゚ )やはり景色が白い…

 

IMG_0244

外にあるベンチが雪で埋まってます( ゚ω゚ )かなり雪降りましたね…

 

IMG_0246

本日のプランをどうしようか考えながら朝ごはん(・∀・)お味噌汁うめぇ~

 

夏沢鉱泉のご飯はどれもいい味してて大変美味しかったです( ^ω^ )

 

IMG_0248

考えてみた結果、とりあえず行けるとこまで行ってみようってことにして

準備をして外に出る(何も考えていない)

 

写真だと分からないですがずっと雪降ってます。

 

IMG_0250

6時52分にスタート(・∀・)目指すは天狗岳…だが途中の根石岳までしか無理そう←

ガスってたら即アウトだな\(^o^)/

 

まだ誰も踏んでいないフッカフカの雪道を進みます( ^ω^ )

 

IMG_0252

昨日も思ったんだがそこまで傾斜のない樹林帯歩きなのに息が切れるんだよね…

 

まだ標高2000mくらいなんだがそんなに酸素が薄いんだろうか(身体が弱いだけ)

 

IMG_0256

40分ほど歩いてオーレン小屋に到着。

 

昨日はバッチリ見えてた硫黄岳が何だか白っぽい( ゚ω゚ )w

 

IMG_0258

まぁ俺は天に愛されし男じゃけえの!歩いて行ったら晴れてくるんだよな( ^ω^ )←

 

そんなわけでオーレン小屋から箕冠山へのルートを進みます。

 

IMG_0260

また樹林帯のダラダラ登りです( ゚ω゚ )もう飽きた…妙にしんどいし

 

IMG_0261

しばらく歩くとちょっとだけ木が減ってきて風も出てきました。

 

これから向かう根石岳、天狗岳も硫黄岳と同じく強風の名所として有名なので

本日はザ・冬山的な強風が体験できるかもしれませんなぁ(・∀・)昨日は全然でしたけど

 

IMG_0264

めっちゃ単独なんですが(困惑)

 

IMG_0266

とか言ってたら箕冠山に到着(・∀・)夏沢鉱泉から1時間ちょい

 

箕冠山って名前はあるけどただの道です\(^o^)/展望もなしw

 

IMG_0265

ここから根石岳を経て天狗岳へ向かいます。

 

天狗岳は以前に渋の湯登山口の方から登ったことがあるんだが

そちらのコースは結構簡単な感じの歩きやすい道だったので

まぁ似たようなもんかなって思ってました。

 

思ってました!(大事なことなので二回言いました)

 

IMG_0268

箕冠山からちょっと下ったらいきなり広大な眺めがドーン(・∀・)あれが根石岳か!

 

IMG_0269

根石岳の奥には天狗岳も見えます( ^ω^ )

 

爽やかな天気とはいかないがこれくらいの視界なら予定通り登れるかも!

 

IMG_0272

木がなくなるってことは風が強くなるってことなんで休憩できるうちに

ザックを下ろしてオヤツ休憩しておきます( ゚ω゚ )いつの間にか雪積もってますね

 

IMG_0274

ココナッツサブレでエネルギー補給(・∀・)サクサク

 

IMG_0277

行くぜ!根石岳(`・ω・´)

 

IMG_0278

ちょいと下ると根石岳山荘への分岐があります(・∀・)行かないですけどw

 

夏沢鉱泉の系列だそうで冬期は週末だけ営業してるようです。

根石岳から徒歩数分の好立地ですな(・∀・)

 

IMG_0280

登ってゆきます。

 

遮るものが何もないのでさすがに風が強まってきましたが

冬山にしたら物足りないくらいの風です(・∀・)余裕のよっちゃん

 

IMG_0283

 

IMG_0284

8時20分に根石岳山頂に到着(・∀・)箕冠山からの所要時間10分弱w

 

IMG_0285

登ってきた方面( ゚ω゚ )硫黄岳はガスってて見えないですね…

 

IMG_0286

これより向かう天狗岳方面( ゚ω゚ )こちらはまだマシだが登ってる最中にガスるのはやめてね(切実)

 

IMG_0287

天狗岳へのコースはこちらかな(・∀・)

 

IMG_0288

( ゚ω゚ )!?

 

:(;゙゚'ω゚'):トレースがない…誰か歩いとけよ(他力本願)

 

「トレースがないと難易度が倍増したような気になる」

雪山初心者あるある(・∀・)←

 

IMG_0289

向こうに薄っすらと道っぽいのが見えてるから

ここら辺を下っていくんだろう( ゚ω゚ )多分

 

IMG_0291

夏道用の杭みたいなのがあったのでそれを目印に

ビクビクしながら慎重に下ります:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_0293

トレースがないと妙に恐ろしいです:(;゙゚'ω゚'):←ビビり過ぎ

 

IMG_0297

しかし、逆に考えればこれだけ広大な世界に今俺しかいないという

最高のぼっち状態でもあります( ^ω^ )道は俺が決める!

 

IMG_0302

白砂新道入口。

 

ここから風の強さがガチになってきました\(^o^)/常時風速15メートルw

時折20メートルクラスの風が吹き付けてきて氷の粒がビシビビビシイバリバリバリ!!!ってぶつかってきます。

 

風の強さはスマホで撮影したムービーを後日

youtube等の強風動画と比較したので大体合ってると思う( ^ω^ )w

 

IMG_0301

さて、行きますか( ^ω^ )風に打たれつつ男のロマン(謎)

 

ハードシェルのフードを手で抑えつつゆっくり登り始めます。

 

IMG_0306

風に煽られるのでちょいちょい止まって風が弱まるのを待ちます。

 

っていうか何度も「もう引き返そうかな…」って思いました←

 

IMG_0308

だが山頂っぽいのはもう目前だぜ!

 

IMG_0310

そして9時ジャストに東天狗岳山頂(2646m)に到着\(^o^)/夏沢鉱泉から2時間10分。

 

写真が少ないのであっさり着いた感がありますが結構苦労したようで

到着した際には自然と「よっしゃあああああ:(;゙゚'ω゚'):」って声が出てました。

こんだけ達成感のある登頂は珍しいです。

 

でも天狗岳って雪山初心者講習とかで登る山なんだよね( ^ω^ )←

 

IMG_0311

黒百合ヒュッテとかの方から登ってくる人の気配もなく

周りを見渡しても人気が全然ありません( ^ω^ )清々しいけどちょっと怖い(弱)

 

ガスったらすぐに退却する予定でちょいちょい登ってきた方を確認したりしてたんだが

なんとかなりましたな(・∀・)

 

IMG_0312

でもこれからガスったりする可能性も結構あるので

向かいにある西天狗岳は止めといてさっさと戻ることにしました(賢明な判断)

 

ガスったりする可能性っていうかすでに西天狗岳方面はヤバそう:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_0314

戻るにはここを下っていくわけですが

左側は雪庇&断崖絶壁になっておりガス&強風に見舞われるとこちらも相当危ないです\(^o^)/

 

下り始めが痩せ尾根になってるので風がちょっと弱まるまで待ってみたけど

全然弱まる気配がないので諦めて下りを開始します(´;ω;`)←

 

つづく

関連記事

スポンサーリンク

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

こ、怖そう〜。

しゃけさん、こんにちは。
このブログあの世から書いてるなんて事ありませんよね。^^;
最後の写真、植村直己の世界じゃーあ無いですかー!と、前回の絡みでジョジョ風に言ってみました。笑

しかし、どこ歩くのって世界ですよね、雪庇踏んだらあの世行きですよ、まったく。
このブログが無事書けてる事自体、前回強運を掴んだだけはあります。もういいって。(^^)

Re: こ、怖そう〜。

SANNYさん

あの雪庇は恐ろしいですがホワイトアウトしない限りはそんなに近付く事もないので
そこまで危険ではないですよ( ^ω^ )←当時散々ビビってた奴

ゴールドには触れてはいけない…(色んな意味で)

山男万歳〜 \(^o^)/

しゃけさん、桜咲いてきましたね〜☆彡

あぁッ!! ぼやぼやしてるうちに、新しい記事が更新されてるぅぅ〜 Σ(・□・;)
タイトルは見ちゃったケド、中身は読まずに グッと 我慢して、先にこちらの記事にコメントしますょ〜 (遅ッ)

あまりにも笑撃的な展開に、前回は山旅館デザートに言及するのを忘れてしまいました σ(^_^;)
私もしゃけさんと同じく、絶対ココナッツアイスを選びます!
ココナッツ&シナモンが大好きで、このどちらかが入ってるお菓子は買わずにはいられません ♪(´ε` )
今日もココナッツウエハース買っちゃった (^-^) サクサク
そして、ココナッツサブレは間違いなくオイシイ ( ̄^ ̄)
ちなみにココナッツが切れると、ココナッツの香りがするハンドクリームをクンカクンカして凌ぎます (危)

私ならトレースがなくなった時点で即敗退〜 (雪山登山未到達レベル)
雪いっぱいの金剛山からの下りで、知らない道なのにトレース辿って行き、沢で見失い… (多分、そのまま沢沿いを下るルートのハズ) 急に怖くなっちゃって、また来た道を300mも登り返したのはアイゼンをも置き去りにした私です ヽ(;▽;)ノ
トレースもなく、どこもかしこも雪庇に見えるよぅなトコで『道は俺が決める!』って、しゃけさんはすんごいかっちょイイです w(*゚o゚*)w

私は、大きなザックを背負い、アイゼン履いて、ピッケル片手に雪山をわっしわっしと登る姿に男のロマンを感じます… いやぁ〜 素敵です \(//∇//)\

それでは、今から『今季ラストの雪山登山 4』読みに行ってきま〜す ♪( ´θ`)ノ


お疲れ様です(^o^)
2時間以上雪山で人に会わず、トレース無しでは心細かったのでは?
しかも風速15メートル!?とか相当凄いんでしょーが写真では分かりませんねw

Re: 山男万歳〜 \(^o^)/

どんぐりさん

うちの近所はいきなり桜満開になりましたわい( ゚ω゚ )w

笑撃的な展開って何かありましたっけ?(なかった事にしていくスタイル)
それにしても恐るべきココ中…(ココナッツ中毒)
ハンドクリームの香りを吸引はヤバ過ぎです:(;゙゚'ω゚'):

道迷いしてちゃんと登り返したのは素晴らしいですね( ^ω^ )俺なら突き進む恐れが←
トレースなくなった瞬間にもう止めとくか考えたんですが
強風で結構雪が飛んでて先の方の道が見えてたので
ルートファインディング初心者にはちょうど良いくらいのコースになってました。
当時はすげぇビビってましたけど…

どんぐりさんも男のロマンしましょう\(^o^)/

Re: タイトルなし

まこさん

強風&ガスで周りに人が全くいないと妙な不気味さを感じることを
今回初めて知りました(´;ω;`)w

ずっと風吹いてたのに写真だとかなり穏やかな感じで悲しいですw
わりと大変だったんですよ!(必死)
プロフィール

しゃけ

Author:しゃけ
散歩好きが高じて旅行や山登りに行くようになったオッサン

旅行ブログって書いてるけど近所プラプラしてるだけであんま旅行してない

ツイッター @syaketr

楽天さん
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
オッサンのぼやき
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
宿らん
札幌エクセルホテル東急
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村