寒波が来てたので久しぶりに冬の伊吹山に行ってみた

IMG_7760

週末は最強寒波が来るってことだったので

それなら雪もモリモリだろう( ^ω^ )と伊吹山に行くことにした(あほ)

 

本当はこないだ行きました赤岳登る前の雪山予行練習として行っておきたかったのだが

その頃は山頂にちょろっとだけ雪があるみたいな感じだったので行けずじまい\(^o^)/

 

そんなわけで今回は天気は悪そうだが先に赤岳を制した俺にとってはちょうど良いレベルですな( ^ω^ )

って調子こいてたら…

うん、人間常に謙虚であるべきだよね(謎)

 

IMG_7762

そんなこんなで朝4時過ぎに起きて

始発の電車に乗り2時間ほどかけて米原駅にやってきた( ゚ω゚ )眠たい、寒い←

 

すでに京都の辺りから雪がたっぷりあって

どう考えても山は雪まみれだろうと思うとオラ、ワクワクしてきたぞ( ^ω^ )

 

IMG_7764

近江長岡駅に到着。

 

駅を出て右に伊吹山が見えるんだよな(・∀・)

 

IMG_7766

驚きの白さ( ゚ω゚ )←

 

IMG_7768

見なかったことにしてバスで伊吹山登山口まで向かいます。

 

IMG_7769

荒天にも耐えられるようアミノバイタルプロを補給しておきます(すでにビビってる)

 

IMG_7771

9時過ぎに伊吹山登山口に到着( ^ω^ )雪でベンチがソファみたいになっとる

 

IMG_7772

いきなり雪まみれで楽しいです( ^ω^ )めっちゃ降ってるしw

 

前に来た時は2合目辺りまで雪がなくて泥濘ドロドロの中を歩いて

ちょっと悲しくなったからね。

 

IMG_7776

凄い雪っぷりですが駐車場はそこそこ埋まってました。

マイカーで来るなんてチャレンジャーだな(・∀・)w

 

IMG_7777

 

IMG_7779

9時22分に伊吹山登山スタート(・∀・)

 

チェーンアイゼンを装備して歩き始めましたがこれは後々思うと失敗でした←

 

IMG_7781

それはさておきスタートからいきなり雪がたっぷりな伊吹山に歓喜しながら進みます。

 

IMG_7783

汗をかいてしまうと風に吹かれた時に一気に身体が冷えるので

ゆっくりめのペースで歩きます。

 

IMG_7785

そんなことを考えていたのに1合目に着く頃にはひーひー言って軽く汗かいてた( ゚ω゚ )

 

IMG_7786

雪まみれなのはいいんだけど空の方はもう少しスッキリしてくれませんかね…

 

IMG_7789

伊吹山一合目便所前で休憩(・∀・)早くもしんどいw

 

どうでもいいけど「便所」っていう響きが勇ましい(本当にどうでもいい)

 

IMG_7791

まだスタートから30分くらいですが常に雪が降っているので

ザックが雪コーティングされつつあります。

 

IMG_7793

なんか歩きにくいと思ったら靴底に雪団子できてた\(^o^)/アイゼン意味ねえw

 

結構ガチガチになってて取るのめんどいしどうせまた雪の上歩くから一緒だろって

放置して再スタートしましたがこれまた失敗でした(あほ)

 

IMG_7799

ここから登りが続くのですがやたらと歩きにくい( ゚ω゚ )ハァハァ

 

IMG_7796

進行方向は真っ白ですが振り返って街の方を見ると

そこそこ素敵な景色が広がってました(・∀・)

 

なんとなく帰りには見れなくなってる気がしたので

しっかりと目に焼き付けておきました(フラグ)

 

IMG_7803

ひーひーふー( ゚ω゚ )伊吹山こんなにしんどかったっけ?(弱)

 

IMG_7804

ようやく登りが一旦終了しました。

 

IMG_7805

なんか白さが増してきたような気がする( ゚ω゚ )

 

この辺から嫌な予感がしてきました(遅)

 

IMG_7807

雪がちょいちょいズボって踏み抜きっぽい感じになるのと

靴底の雪団子のためか妙に歩きにくい( ゚ω゚ )

 

そして降雪&俺の発熱によるサングラスの曇りで前も見えにくい。

 

オジサン、ちょっと挫けそうになってきたよ…

 

IMG_7809

伊吹高 ホテル前までやってきた(・∀・)←

 

IMG_7810-2016.jpg

ようやく三合目です…スタートからすでに90分経過。

看板見たら登山口まで60分って書いてあるのにね(遅)

 

IMG_7811

三合目と言えば少し行ったところにトイレ(冬季閉鎖)と

休憩できる東屋があったはずだ( ゚ω゚ )とりあえずそこまで頑張ろう

 

IMG_7812

( ゚ω゚ )疲れた…

 

IMG_7813

ヘコんだおにぎり食う( ゚ω゚ )もぐもぐ

 

山専ボトルに入れておいたお湯を飲んで

靴についた雪団子をピッケルで叩き落とす( ゚ω゚ )めっちゃ硬いがな…

チェーンアイゼンを外して12本爪アイゼンにチェンジ。

 

尚、ピッケルはこの時に使用しただけであとはずっとザックの中で眠ってた\(^o^)/雪落とし用w

 

IMG_7815

あまり長いこと休憩してると身体が冷えてくるので再スタートします。

 

しかし、すでに結構冷えてしまったようです←

 

IMG_7816

ちょっとゆっくりし過ぎたようだが12本爪にチェンジしたのは正解だったっぽいな!

明らかに歩きやすい(・∀・)最初からこれで行けば良かったw

 

休憩前までは絶望感があったがこれなら何とかなりそうだぜ!

 

IMG_7819

ホワイトアウトさえしなければね…(・∀・)w

 

IMG_7821

 

IMG_7822

おっ(・∀・)これは自販機兄貴のはず…ということは。

 

IMG_7823

11時35分 登山口から2時間少々で5合目に到着( ^ω^ )ゆっくりだねw

 

IMG_7824

5合目から先は眼前に広がる伊吹山を見ながら進んでゆきます(白)

 

俺には見えるぞ!白く輝く伊吹山がっ!(病気)

 

ここから先、白い画像が多くなります(・∀・)ご注意くださいw

 

IMG_7826

ちょっとばかしトレースっぽいのが見えるだけですが

それを頼りに歩いていきます( ゚ω゚ )戻る時にトレース消えてたら怖いな…

 

相変わらずの降雪そしてここにきて風も強くなってきたので

トレースの消失も充分にありえる状況です( ゚ω゚ )ドキドキ

 

IMG_7829

前後に人もいないしちょっと怖くなってきましたよ( ゚ω゚ )w

 

IMG_7830

5合目の看板から10分ほど進むと6合目の避難小屋が登場。

 

そして…ここから先は完全にトレースがなくなっていた\(^o^)/

みんな小屋で休憩して引き返してるっぽいw

 

IMG_7831

小屋の周りを捜索してみても全く跡はない…

そりゃあ、こんだけ真っ白で雪も風もあったらガチ遭難の可能性あるもんな…

 

IMG_7835

しかしこんなとこですぐに引き返したらバスの時間までどうすんだよ!っていうのと

せっかくだから軽くラッセル体験しておこうってことで新雪の中を登り始めました\(^o^)/

 

IMG_7839

ズッボズッボ( ゚ω゚ )

 

IMG_7842

少し進んだだけで膝上まで雪に沈むようになってきましてね…

 

調子に乗って進みすぎてズボったら身動きとれんようになるな:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_7848

敗退記念に「とり」の絵を雪面に描いたのですが

カメラを取り出してる間に凄い勢いで消えていったのが何か美しかった( ゚ω゚ )←

 

そんで振り返ってみたら自分の登ってきた足跡も結構な速度で消えつつあったので

さっさと小屋前まで戻った:(;゙゚'ω゚'):こいつはすげぇや

 

IMG_7854

5合目まで退避してきました( ゚ω゚ )仕方ないから帰ろう(悲)

 

IMG_7858

 

IMG_7863

さっくりと三合目の東屋まで帰還。

 

IMG_7866

おしるこ飲む(・∀・)

 

IMG_7867

カッチカチのスニッカーズ食う(・∀・)バキバキボリボリ

 

まだバスの時間まで2時間くらいあるんだがどうしよう…

ここで休憩してたら冷えるしバス停で待ってても寒いし( ゚ω゚ )w

 

IMG_7870

とにかく身体動かしとくしかねえからチンタラゆっくり下っていって

それでも時間余ったら一合目付近でラッセルごっこでもしようってことになった。

 

IMG_7874

もう二合目辺りのはずなんだが登ってきた時よりも白さが増してない?( ゚ω゚ )

 

IMG_7877

そして突然現れた伊吹山一合目便所の標識( ゚ω゚ )

 

IMG_7879

やはり下界の景色は見えなくなったか\(^o^)/

 

IMG_7881

さぁて、バスの時間までまだまだあるので身体を冷やさないためにも

ラッセルごっこして遊ぶよー\(^o^)/w

 

IMG_7882

とりも辛うじて描けた( ^ω^ )←

 

IMG_7888

トレースのないところをひたすら登って下ってして

下山してくる人に「何やってんだこいつ」みたいな視線を浴びせられつつ

30分ほどラッセル祭を堪能してバス停へ向かいます( ^ω^ )満足したw

 

IMG_7891

 

IMG_7894

調子に乗ってラッセルし過ぎたのかいきなり凄くしんどくなってきました(あほ)

 

IMG_7902

なんとか下山してトイレ内にある腰掛けスペースで装備の解除&雪払いを行う。

 

IMG_7905

近江長岡駅に帰還。

 

IMG_7907

身体が冷えてきた…早く帰って風呂に入ろう:(;゙゚'ω゚'):

 

って思ってたのに電車が雪のためか遅延しまして

暖房もなんもない待合室で震えてた:(;゙゚'ω゚'):ガタガタガタ

 

IMG_7909

15分ほど遅れて電車が来てとりあえずほっとしたが

ここから3時間程度の電車旅はとても辛かったです\(^o^)/

 

IMG_7910

 

IMG_7911

本日の歩数12491歩 距離8.7km 消費カロリー216kcal

 

伊吹山は手強かった日記 おわり

関連記事

スポンサーリンク

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

六合目まででもスゴイ雪!!

しゃけさん、ラッセル!ラッセルぅ〜!お疲れサマでした m(_ _)m

私も最強寒波の時に、伊吹山どんだけ積もってんのかなぁ〜?って思って調べたりしてたんですが、しゃけさんがつぶやいてるのを見て、おおぅぅ。。(・_・; と思い、ブログUPされるのを待っちょりました o(^▽^)o
積雪量が多くても、悪天候でなければ登頂できた感じなんでしょうか?
あんなに景色が真っ白だと、遭難の二文字が頭にチラついてしまいます (>_<)

今回はICOCAでは行かなかったんですね ♪( ´▽`)
実は私も… 前回のしゃけさんの伊吹山冬山日記を読んでおきながら、近江長岡駅で『ICOCA定期券事件 夏山2015』を起こしちゃった一人ですf^_^;)
最寄り駅でICOCA定期券ピッてして、始発でずぅーっと普通電車にガタゴト揺られ、37駅目の近江長岡駅で降りられないの(;_;)って、しゃけさん定番の涙目になっちゃった。。(帰りにJR大阪駅でICカードの処理をしてもらって、事なきを得ましたが…)
その後、バスの始発を待てなくて、タクシー代もケチって、伊吹山登山口まで5km歩いて行ったのが懐かし〜い (^-^)
伊吹山、なんとか日帰りはできるケド、交通費がイタいですょね…ヽ(´o`;

ベンチがソファーに (゚o゚;;
とっても適切な表現〜!
ああいうのを見ると、必ず座っておケツ跡の写真を撮ってる私 (今年も変態まっしぐら)

画伯〜、とりの絵を雪面に描くのも定番になりつつありますね (^_-)
そのうち、いろんな人達があちこちに無断で とり を描いちゃって、なりすまし画伯が出てくるかもしれませんョ Σ(・□・;)
今のうちに商標登録?しておかれたほぅがイイのでは ♪( ´θ`)ノ



残念でしたが正解かも。

しゃけさん、こんにちは。
伊吹でもトレースの無い深雪はヤバイですよね。伊吹山は初夏に登った事がありますが景色が全く違いますね。あの自販機で炭酸を買って暑かったので一気飲みした記憶があります。(^^)
しかしまた伊吹山、登りたくなりました。

No title

しゃけ様

なんとあの雪の中伊吹山へ
凄すぎます!

私はやっぱり雪山は10年はやい
少しでもしゃけ様に近づけるように
訓練積みますm(__)m

Re: 六合目まででもスゴイ雪!!

どんぐりさん(・∀・)こんばんは、ラッセル・苦労です(うるさい)

周りが真っ白じゃなければじゃんじゃんラッセルして登ってみたかった気もするんですけどね。
でもどんどん埋まってきてビビって7合目くらいで結局撤退してるかも\(^o^)/

ICOCA事件懐かしいw
近江長岡駅は絶対にICOCAトラップにやられてる人が何人もいるはず!
伊吹山は微妙な距離なので時間と交通費がなかなか手強いです…
日帰りで交通費5000円オーバーはヤバい:(;゙゚'ω゚'):

バス停に戻ってきた時に雪ソファが一部崩れてたので
同じような変態の方がいらっしゃったと思われます( ^ω^ )w

なんか書けるとこがあったら「とり」を書くという習性が根付いてしまいました(あほ)
俺の書くとりの脱力感は一朝一夕にマネの出来るものではないので模倣の心配はありませんよ!
(そもそも心配する必要がない)

Re: 残念でしたが正解かも。

SANNYさん

トレースのないとこ歩いた経験がほぼなかったので
ちょっとワクワクしながらズボズボしたんですが予想以上に沈んできて怖かったです(弱)
膝上ラッセルくらいなら動けるけど首ラッセルになったら人来ないと冷凍保存になりますからね…

夏の伊吹山って日陰がほとんどないかなりタフな山だと聞いてビビってます:(;゙゚'ω゚'):←

Re: No title

アラフィフおやじさん

あの雪の中は無謀でした(・∀・)←あほ

天気さえ良ければ雪山もそんなハードルの高いものではないですよ( ^ω^ )
夏山と違うアイゼンでサクサク歩く感覚や真っ白で澄み切った風景は最高です(゚∀゚)

同じ日に伊吹行ってましたが、凄かったですよねw私は5合目で撤退しました・・
私は一本早いバスで着いたので、下山中にすれ違ってますね!

眼前に広がる伊吹山で吹きましたw
伊吹山はどこ?みたいな感じで(^。^)

Re: タイトルなし

まこさん

良い日に行けましたよね( ^ω^ )←
おぉ!超ニアミスw
またどこかで遭遇しましょう(゚∀゚)

俺には伊吹山がハッキリと見えてたんスよ!(病気)

すごい雪ですねー!( ^ω^ )

バスの行き先のジョイ伊吹が気になって調べてしまいました。


今回もとりが見れて良かったです♪( ´▽`)

Re: タイトルなし

Kさん

大満足の雪祭りでした\(^o^)/
ジョイ伊吹の宣伝してしまった(゚∀゚)是非一度行ってみてくださいw

今回のとりは出来栄えがあまり良くなかったですが描けて良かったです( ^ω^ )
プロフィール

しゃけ

Author:しゃけ
散歩好きが高じて旅行や山登りに行くようになったオッサン

旅行ブログって書いてるけど近所プラプラしてるだけであんま旅行してない

ツイッター @syaketr

楽天さん
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
オッサンのぼやき
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
宿らん
札幌エクセルホテル東急
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村