初めてのテント泊登山4 雷鳥さんに励まされつつ地獄の早月尾根下りが始まる…

IMG_1380

今から標高2999mの剱岳山頂から標高760mの馬場島まで下ります\(^o^)/

 

IMG_1382

 

IMG_1383

 

IMG_1384

早月小屋が見えた(・∀・)

 

IMG_1385

限界までズームしてみたけど俺のマイホームはギリギリ見えなかった(´;ω;`)←

 

IMG_1387

 

IMG_1393

早月尾根ルート名物のボルトに足乗せて渡る鎖場(・∀・)写真だとボルトが分からんw

 

IMG_1398

去年はこの辺で雷鳥さんに遭遇できたんだよなぁ…( ゚ω゚ )

 

今年は天気が良いから雷鳥さん出てこないかな(´;ω;`)

 

IMG_1400

鳥の気配を感じたので撮影してみたが雷鳥さんではなかった…( ゚ω゚ )謎の鳥

 

しかし大丈夫だ!雷鳥さんは出てきてくれるはず!!!

何故なら俺は去年雷鳥さんと友達になったからだ!(岩で頭でも打ったのかな?)

 

IMG_1401

でも雷鳥はかなり標高の高いとこにいるわけで

この辺で遭遇できないとかなり望み薄になってくるな…(感情の浮き沈みが激しい)

 

IMG_1409

ちょっと悲しくなりながら歩いてたら岩の上に太ったスズメみたいなのがいた( ゚ω゚ )?

 

( ゚ω゚ )!!!!

 

:(;゙゚'ω゚'):あれは雷鳥の子供さんじゃないのか?

だとすると近くには…

 

IMG_1412

いた!(゚∀゚)なんか無駄にカッコイイw

 

IMG_1414

何故か向こうから近寄ってくる( ^ω^ )オッス!オラ、おっさん!

 

まさか、お前は去年見た「鳥五郎」なのか?( ゚ω゚ )

そうだ!きっとそうに違いない!ハハハ、大きくなったな!(今度カウンセリングも受けましょうね)

 

IMG_1419

 

IMG_1426

 

IMG_1427

 

IMG_1428

カーチャンに付いて行く奴ら。

 

じっくり見てて気付いたけど

雷鳥ってあんまり飛ばずにポテポテ滑落しながら下りていくんだね…

一瞬だけカーチャンが2mほど飛んでたけど基本は

 

IMG_1436

こんな感じで下りて(落ちて)た( ゚ω゚ )w

 

IMG_1457

雷鳥は逃げたりせずにたっぷりと写真撮影させてくれるから大好きだ( ^ω^ )

 

IMG_1466

最後はハイマツの中にモソモソ入っていって気配が消えた( ^ω^ )さらば

 

雷鳥撮影に15分も費やしてしまったぜ( ^ω^ )w

 

IMG_1471

雷鳥タイムで緊張感がほぐれ過ぎて気が抜けた( ゚ω゚ )気をつけないと←

 

IMG_1478

まだまだ先は長いなぁ。

 

この辺から登ってくる人が増えてきてすれ違い待ちが多くなってきた。

日帰りっぽい装備の人も多かったな…恐ろしや。

 

IMG_1480

山の斜面を熱心に撮影してる人がいたのでそちらを見てみると

また雷鳥がいた( ^ω^ )w

 

IMG_1481

さっきよりも距離があって子供さんは草に隠れちゃってるのでなかなか見辛い…

 

IMG_1490

2回目の雷鳥休憩は10分弱で切り上げ、先を急ぎます。

 

IMG_1495

微妙に歩きにくい雪渓をクリアして

 

IMG_1496

2600m地点を通過。

 

IMG_1498

ジャンジャン下ります。

 

IMG_1506

振り返ってみる(・∀・)さすがに山頂はかなり遠くになってきたな。

 

IMG_1505

なにやら下の方がモクモクしてきましたね…

 

IMG_1510

と思った矢先、目の前すら白くなってきた\(^o^)/素敵な眺めおわりw

 

IMG_1512

 

IMG_1514

小屋がかなり近くになってるはずだが何も見えねえ\(^o^)/

 

IMG_1517

さらに段々と木が多くなってきて蒸し暑くなってきた( ゚ω゚ )ハァハァ…

 

人ともすれ違う事が多くなり黙々と下りまして

 

IMG_1519

 

IMG_1520

9時33分 真っ白な早月小屋に到着\(^o^)/昨日と同じ景色だね(悲)

 

ちなみに山頂からの下りコースタイムは2時間11分( ゚ω゚ )登りより遅くなっとる←

 

IMG_1524

小屋でカップラーメン買ってお湯沸かして食べようと思ったらお湯入れてくれた( ^ω^ )

 

しかも桃のゼリーまで付けてくれた( ^ω^ )( ^ω^ )( ^ω^ )

去年お弁当頼んだ時も同じゼリーが入ってたなw

 

IMG_1528

ありがたくいただきます( ^ω^ )ズビビビビ

 

普段、汁は全然飲まないんだがこの先の汗だく地獄を想定して

水分&塩分補給のために全部飲んだ。

 

IMG_1530

ちょっと休憩してマイホームを撤収します( ゚ω゚ )うわぁ…めちゃくちゃ結露してる。

 

IMG_1533

 

IMG_1535

10時34分 早月小屋から馬場島へ向けての「本番」がスタートする:(;゙゚'ω゚'):

 

ここから先が一番しんどいと覚悟をしていたはずなんだが

その覚悟すら打ち砕くほどの地獄が待ち受けていました(・∀・)←

 

IMG_1538

さっきまでの山頂ピストンでは軽いザックだったので比較的楽だったが

ここにきてフル装備ザックになったもんだから足がビックリしてます(弱)

 

去年は水が足りなくなって二重三重の苦しみを味わったので

さきほど小屋で水2リットルを追加購入してザックに詰めたんですが

それはそれで重たくてしんどいです←

 

IMG_1542

 

IMG_1545

馬場島まであと標高差1200m…( ゚ω゚ )

 

IMG_1551

重たいザックを背負っての早月尾根下りは想像以上のキツさがあります( ゚ω゚ )もう嫌だ

 

IMG_1554

ちょいちょいバランスが崩れるので両手も使っておりてゆきます。

そもそも膝がもう…危険がアブナイ感じになってきてます(謎)

 

IMG_1555

 

IMG_1557

木の根っ子が階段代わりになってるとこが増えてきて

スリップする事が多くなります:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_1561

この辺からまた登ってくる人が増えてきました。

すげぇ数の団体さんが2組ほどいて「今日から登り始めてたら最悪だったな(・∀・)」って思いました←

 

っていうか早月尾根もかなりの人気スポットじゃねえか\(^o^)/他所に比べればまだ少ないのかな

 

IMG_1563

1600m地点まで辿り着いたら休憩しよう…:(;゙゚'ω゚'):

って思ってたのにそこでは数名のオッサンが休憩してたので瀕死のスルー(あほ)

 

IMG_1565

謎の「寝たら死ぬぞ」フラッグ( ゚ω゚ )

 

IMG_1567

本当に危険なレベルで膝がガタガタになってきた…

やたらと躓くし早く休憩しないと:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_1568

 

IMG_1570

標高1400m地点にはちょうど良い感じに休憩用の切り株が設置されていた( ^ω^ )ありがてぇ

 

ヨレヨレっと座り込んで水分補給。そしてついにストックを取り出します。

手を使いながら下りることは分かっていたので今回は1本だけ持ってきました。

 

のんびり休憩してたら下りの人が続々とやってきて

よく見たら2800m付近ですれ違った人とかいました( ゚ω゚ )みんな早いね(遅)

 

IMG_1573

10分くらい休憩して再スタート。

 

ここから先は気力と根性とガッツのみで下ってたのであんまり意識がありません(危)

 

IMG_1576

似たような風景ばかりで精神的にも厳しいものがあります( ゚ω゚ )2600mから上は良かった(遠い目)

 

IMG_1578

早月小屋からジャスト2時間で標高1200m地点。

 

IMG_1580

 

IMG_1582

凄まじいゆっくりペースで下ってゆきます:(;゙゚'ω゚'):段差1段につき2歩w

 

この辺まで来ると「どんだけ下らすねん…」と言い様がない怒りが湧いてきました(身勝手)

 

IMG_1584

馬場島まであと1キロ(´;ω;`)あと少しだ…

 

IMG_1585

ようやく傾斜が緩やかになります。でもしんどいです←

 

IMG_1588

タマゴタケ(・∀・)見た目ヤバそうだけど食えるらしいよ(マル得情報)

 

IMG_1590

おぉ!あの看板は(´;ω;`)昨日のスタート直後に見た…ということは!

 

IMG_1591

 

IMG_1594

 

IMG_1595

13時23分 馬場島に到着(´;ω;`)俺は助かったんだな(感動)

 

早月小屋からの所要時間2時間50分。

剱岳山頂からの所要時間6時間(雷鳥休憩含む)

 

IMG_1596

登山口のすぐ近くにベンチがあったからしばらく座ろうと思ったが

ハチが飛んできたので馬場島荘まで避難します(´;ω;`)←

 

次回 全く山登りには関係ない富山市内編につづく

関連記事

スポンサーリンク

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

雷鳥さん vs マスクま〜ん ♪

しゃけさん、こんばんゎ☆彡
○と△と□、ぜーんぶ合ってますょ (何故そぅ思う?)

標高差 2239mの激下り、お疲れサマでした ♪( ´▽`)
しゃけさんの膝がいつぶっ壊れるんだろぅ?と、ワクワクしながら(←×)ドキドキしながら(←○) 読ませてもらいました σ(^_^;)

雷鳥さん、めっちゃかわいい〜 (*^_^*)
あっ‼ もちろん、三角すわりのマスクま〜んもかわいかったですょ (((o(*゚▽゚*)o)))
でも、飛ばずに落下するなんて、どぅかしてるぜ… (・・;)
来年は、雷鳥さん&マスクま〜んの2ショットの写真で決まりですね!
キュン死しないよぅに、今から心臓鍛えておきます ( ̄^ ̄)ゞ

あれっ⁇ しゃけさん、クッピーラムネは?
まさかの富山市内編で登場だなんて… 引っ張りますね〜 (ムチャぶり)

私は今日、京都一周トレイルのマップを買っちゃいました〜!
9月に『ぐるっと京都トレイル 東山』が開催されるみたいで、ちょっと参加してみよっかなぁ〜なんて思っちょります。
よかったら、しゃけさんもいかがでしょ o(^▽^)o

通りすがりです

はじめまして。通りすがりの者です。

「六甲縦走」「民明書房」で検索してたらたどり着きました(虚言)
お山の記事が面白すぎて涙出して笑ってしまいました。
こんなに笑ったのは久しぶりです。
ほんまありがとうございます。お礼をお伝えせずにはいられず書き込んでしまいました。

(本当は「六甲縦走」「コースタイム」の検索ででたどり着きました。昨日半縦走でへばってしまい、凹みながらの帰路読ませてもらいました。)

これからもちょいちょい覗かせていただけたらと思います。
それにしてもあんなに雷鳥さんを撮影してできるなんて、殺気を上手くコントロールなさってるのですね。関心いたしましたっ。

Re: 雷鳥さん vs マスクま〜ん ♪

どんぐりさん

謎の伏せ字合ってましたか(・∀・)w

膝はそこそこいい感じに壊れかけてたんですが
歩けなくなるレベルのぶっ壊れ具合じゃなかったんですよね(´;ω;`)ごめんなさい←?

雷鳥さん最高や(゚∀゚)マスクの人はどうでもいいですw
そしてさすがにマスク付けてたら逃げられるような気がします( ゚ω゚ )w

クッピーラムネは…アレですね。
どっかで出てくるかもしれないので楽しみにしててください( ゚ω゚ )(忘れたとか言えねえよ…)

京都一周トレイルですか(・∀・)
以前、ちょっとだけ興味が湧いたんですが「家から遠いから帰りがしんどいな…」
とかいうネガティブな理由で闇に葬られたことがあります←
ちょいと再考してみます( ^ω^ )

Re: 通りすがりです

マダムさん(・∀・)はじめまして。

民明書房で検索に表示されるなんて俺のブログも出世したもんだぜ( ^ω^ )←

って昨日縦走チャレンジしたんですか:(;゙゚'ω゚'):よくぞ生きて帰ってこれましたね(おい)
今の時期に半分いけたら冬場なら余裕の完走ですよマジで。
暑いと体力の減り具合がハンパないですからね…\(^o^)/

また良かったら覗いてください!(・∀・)殺気をコントロールとかカッコイイw

お疲れ様でした。

しゃけさん、こんにちは。
2度目の剱岳登山、お疲れ様でした。
夏山のアルプスはなんか爽やかで良いですね。(^^) 下山は標高が高いので同じ分大変でしょうけど。^^;
雷鳥は電車しか見た事はありませんが、(笑)動きがコミカルそうで可愛いですね。
ああ、僕のアルプス挑戦はいつになるのだろうか〜。(*^^*)

Re: お疲れ様でした。

SANNYさん(・∀・)こんにちは

やはりアルプスは近所の山と比べると景色が別世界なのでクセになりますね( ^ω^ )たまりまへんわ←

野生動物って写真を撮ったりちょっと眺めてるだけでもすぐ逃げられるのに
雷鳥さんは王者の風格で「ええんやで^^」みたいな感じに目の前を歩いたりしてくれるので最高ですよ!w

今から予定立てて来月か再来月に行っちゃいましょうよ\(^o^)/w

プロフィール

しゃけ

Author:しゃけ
散歩好きが高じて旅行や山登りに行くようになったオッサン

旅行ブログって書いてるけど近所プラプラしてるだけであんま旅行してない

ツイッター @syaketr

楽天さん
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
オッサンのぼやき
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
宿らん
札幌エクセルホテル東急
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村