冬山の赤岳にチャレンジする3 ついに赤岳へアタック開始、地蔵尾根から登り始める

IMG_5817

6時前に起床( ゚ω゚ )寒さにやられて何度も目が覚めたので

寝たのか寝てないのかよく分かりまへん(弱)

 

すでに出発準備してる人がいたり外でもヘッドライトの明かりがチラチラしておった。

 

IMG_5818

俺はゆっくり朝ごはん( ^ω^ )朝食は6時半から

 

昨日の夕食がインパクト大過ぎたので朝食は普通な感じ。

 

IMG_5821

定番のアミノバイタルプロを補給しながら装備を整える(・∀・)こいつがないと登れない←

 

IMG_5822

さらば行者小屋(・∀・)ご飯美味かったぜ!

 

颯爽と小屋から出ようと思ったが玄関?でみんな靴履いてゲイターを着けようとしたりして

大混雑\(^o^)/10分くらい待ちました…

 

IMG_5823

で、ようやく外に出てみると(゚∀゚)うおおおおおお!

 

昨日のガスガス状態とは打って変わってすっきりクリアな世界が広がっておった。

 

IMG_5827

さすがに結構な寒さだな( ゚ω゚ )

息を吸うと鼻の中がピキピキ凍るっぽい感じになるということは

マイナス5度以下ってとこか(謎の基準)

 

しかしながら例年に比べるとかなり暖かい部類になるのであろう事を見越して

装備はちょっと気温高め仕様にしておいた。

厳冬期仕様のグローブとか新しく買って持ってきたのに

ザックに入れたまま終わりました\(^o^)/ザックがパンパンで邪魔だったw

 

例によってそんなワシの装備を備忘録として記載する。

本日感じたなんとなくの最低気温と風速 気温マイナス5度 風速15mくらい

 

上(樹林帯では少し汗が出てヤバいかと思ったが稜線に出たらちょうど良かった)

モンベル ストリームジャケット

モンベル シャミースジャケット

モンベル スーパーメリノウールMW

ファイントラック フラッドラッシュアクティブスキン

 

下(常にいい感じ 寒さはほぼ感じなかった)

ファイントラック エバーブレスアクロ

モンベル ジオラインMW

ファイントラック フラッドラッシュアクティブスキン

 

グローブ(歩き始めは指先がちょっと痛かったけど身体が温まるとそれ以降は問題なし)

モンベル アルパイングローブ

モンベル シャミースインナーグローブ

 

顔、首周り(暑かったりもしたが強風に吹かれるとバラクラバが使いたくなった)

ファイントラック アルパインビーニー

モンベル クリマプラス200ネックゲーター

 

IMG_5829

そんなこんなでアイゼンも装備して7時半過ぎにスタート(・∀・)

 

今の今まで文三郎道から登るか地蔵尾根から登るか迷っていたのだが

みんなぞろぞろと文三郎道へ歩いて行くのを見て地蔵尾根から登ることに決めた(・∀・)w

 

事前にネットで下調べしてみたんだが

文三郎も地蔵もどちらも「こっちの方が危ない」って書いてあるし

「こっちの方が登りやすい」って書いてあるんだよな…w

まぁその時の雪の状態とかでも変わってくるのかな。

 

IMG_5838

そんなこんなで登り始める。

 

昨日は周りを見てもほとんど何も見えなかったが今日はかなり遠くまで見えます(゚∀゚)

 

IMG_5839

 

IMG_5840

地蔵尾根は結構な急登とは聞いていたが本当になかなかのもんです。

しかも階段が雪で大体埋まってるので登りにくい…全部埋まっとけよ。

 

IMG_5842

ひーひーふー(´・ω・`)

 

IMG_5843

しかし、こんな急斜面でも「とりピッケル」さえあればバッチリ登ることが出来るぜ!

 

猛々しいとりのイラストが俺に勇気を与えてくれる(謎)

 

IMG_5844

とりの絵を見ながらニヤニヤして登ってきたら前を歩いてたグループの人が待ってて

「あ、先に行ってもらいましょう」と言われました。

 

(なんであいつニヤニヤしながら登ってきたんだ…危ねえな)と思われたのは間違いねえ(悲)

 

IMG_5848

 

IMG_5851

モリモリ登っていきます。

 

昨日はほとんど雪が降っていなかったのでトレースがしっかりあって安心( ^ω^ )

 

IMG_5852

あれは阿弥陀岳か(゚∀゚)美しい

 

IMG_5855

また半端に埋まった階段を登ったり

 

IMG_5856

恐怖のトラバースをしたりしながら進みます:(;゙゚'ω゚'):結構怖いっすね…

 

IMG_5866

それにしてもかなりの登りごたえだぜ…

ピッケルもしっかり駆使しないと登りにくいってのは初めてだ。

 

だがそれがいい(・∀・)おもしれー

 

IMG_5868

なんか息も切れやすくなってきたような…( ゚ω゚ )もう標高2600mはあるだろうからね

 

だがそれがい(以下略)

 

IMG_5869

右を見ると赤岳さんが見えてきた(・∀・)うおおおおお

 

IMG_5870

そして地蔵尾根の核心部とよく言われ恐れられているナイフリッジが登場(・∀・)分かりにくい(写真下手)

 

雪が少ないからかそんなに恐怖感なく普通に歩けました\(^o^)/

 

IMG_5871

赤岳天望荘と赤岳(・∀・)

 

IMG_5872

左を見ると横岳(・∀・)うーん、最高だぜ

 

IMG_5873

こちらは阿弥陀岳と中岳( ^ω^ )どこを見ても絶景

 

IMG_5876

行者小屋から1時間で地蔵ノ頭にやってきた。

 

さすがに稜線に出るとそこそこ風があります。

 

IMG_5875

地蔵尾根って言うだけあってお地蔵さんがいます…( ゚ω゚ )!?

 

IMG_5877

お地蔵さんビーム出てます(謎)

 

IMG_5882

これから登る赤岳を望む(・∀・)男の浪漫やな(謎)

 

IMG_5886

おっ!(・∀・)

 

IMG_5887

フッジサーン( ^ω^ )ありがたや、ありがたや

 

IMG_5888

稜線上は風が強く雪が飛んでることもあり岩が少しのぞいてて

アイゼンつけてるとちょっと歩きにくいです。

 

IMG_5889

地蔵ノ頭からちょっと歩くと赤岳天望荘に到着。

こんなとこで冬季営業中とか凄すぎるw

 

IMG_5893

建物がいい感じに防風の役割を果たしているスペースがあり

ほとんど風がなかったので休憩タイム。チョコベビー食う。

 

分厚いグローブでも開けやすくて食べやすくチョコの粒が小さいので

寒い場所でも比較的ナチュラルな口溶け(・∀・)これは冬山にはうってつけだな

 

IMG_5895

結構暖かいと思っていたがザックに入れてたペットボトルの水はちょっと凍ってた。

 

IMG_5897

休憩を終えてついに赤岳へ登頂開始(゚∀゚)なんかテンション上がる風景だぜ!

 

IMG_5900

 

IMG_5903

アイゼンとピッケルを確実に効かせながら息を切らしつつ登ってゆく。

 

IMG_5906

デジカメのモードが変になってて間違って撮ったけどなんかいい感じになってたやつ(謎)

 

IMG_5912

時折かなりの強風が:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_5914

こういう結構ヤバそうなポイントで風吹いてきた時は「空気読めや…」って思いました:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_5915

転げ落ちたら止まらなさそう(・∀・)やめられない止まらない(違)

 

IMG_5916

山頂までかなり近づいてきたっぽいな。

 

IMG_5917

もうすぐだな(・∀・)

って油断してたら右側がズバッと切れ落ちたとこを岩にしがみつきながら通らないといけないとこがあり

高所恐怖症の俺には相当な恐怖感がありました:(;゙゚'ω゚'):これはそこを通過後に振り返って撮影したものです

 

怖い場所は写真を撮る余裕がなくなるから

結局どういう感じで恐ろしいのかが伝わらなくてダメだな\(^o^)/w

 

IMG_5920

でもそこを抜けるともう山頂は目の前(゚∀゚)

 

IMG_5921

赤岳頂上山荘の横を通ります(・∀・)ここは冬季休業です

 

IMG_5925

おぉ…(・∀・)

 

IMG_5938

赤岳天望荘から35分 行者小屋から2時間弱で赤岳山頂(2899m)に到着

 

IMG_5940

ここまで無事来られたのもこの「とりピッケル」のおかげです( ^ω^ )←

 

そして気温がそこそこ高めで雪なし、風もそこまで強くないという

冬の赤岳にしてはかなり登りやすい状態だったのがかなり大きいだろうな。

 

山頂もそんなに風がないしゆっくり景色を楽しむとしますか( ^ω^ )

 

つづく

関連記事

スポンサーリンク

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

氷の世界〜♪

しゃけさん、今晩は。
毎日吹雪、吹雪、氷の世界〜♪
にならなくて良かったですね。(^^)
古い?(笑)

でもこうしてブログを拝見していますと、
しゃけさんが冬山登山を確実にステップアップしているのが、わかります。すごい!
でもこれ以上の冬山ステップアップはヤバイかも。冬の槍ヶ岳北鎌屋根などチャレンジして、加藤文太郎みたいにはならない様、お気をつけを。(^^)

お疲れ様でした!あ、まだ山登りでの必然の試練、下山がありましたね。
楽しみ。(^^)

Re: 氷の世界〜♪

SANNYさん

ステップアップというかエスカレートしている感じですね\(^o^)/
自分でもこれ以上はヤバいと思うのですが何故かチャレンジ精神が湧き上がってくるので恐ろしいです。
まぁこれ以上になると単独ではまず無理だったりロープ使ったりルートファインディングも確実じゃないと
進むことすら出来ない事になりそうなので大丈夫っぽいですが( ^ω^ )w

そしてここからの下山で自分の経験値の低さを思い知ることになるのです( ^ω^ )ふっふっふ(謎)

しゃけさんこんばんわ
冬山寒そうですねー自分じやまず無理無理です
やっぱり装備は信頼と安心のモンベルなんですね
空気がきれいだから景色もいいですね
生で見たらもっとなんでしょうね

Re: タイトルなし

またきちさん

予想していたほどではなかったですがそれでも寒かったです\(^o^)/
モンベルは人と被るし色、デザインともに微妙ですが
価格と性能だけ見るとコスパの良い素晴らしいブランドです( ^ω^ )w

山で実際に見る風景と写真で見る風景とではレベルが違い過ぎて悲しいっす( ゚ω゚ )

写真天気良すぎですね(^○^)
しゃけ師匠は晴れ男やの(^-^)/
記事読んでると、簡単そうに見えるけど、絶対簡単じゃないと思う(・ε・)
とりピッケルが和むわ~笑

Re: タイトルなし

ゆで太郎さん

今回は最高の条件でした( ^ω^ )天に愛されし男と呼んで下さい←
簡単そうに見えましたか?ちょいちょい涙目になりながら登ってました\(^o^)/w
とりピッケルはナイスなチョイスだと思いました(謎)
プロフィール

しゃけ

Author:しゃけ
散歩好きが高じて旅行や山登りに行くようになったオッサン

旅行ブログって書いてるけど近所プラプラしてるだけであんま旅行してない

ツイッター @syaketr

楽天さん
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
オッサンのぼやき
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
宿らん
札幌エクセルホテル東急
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村