突然の赤目四十八滝ハイキング へこきまんじゅう食ってサンショウウオ見てようやくスタート

IMG_1997

大阪難波駅にいらっしゃった「せんとくん」さん

 

謎の撮影から旅は始まる( ゚ω゚ )

 

今回は赤目四十八滝ってとこに行ってふらふらしてみようと言うプランである。

 

立案の経緯

どっかで赤目四十八滝のポスター見かけた。

赤目四十八滝って何か聞いたことあるなぁ( ゚ω゚ )

そんなに遠くねえな、行ってみっか。

 

IMG_1999

赤目四十八滝 渓谷の自然探勝きっぷっていうお得切符が売ってたので購入(・∀・)2360円

 

IMG_2000

大阪難波から赤目口まで70分ほどの列車の旅

 

なんか分からんけど頭痛がしてきたので葛根湯飲んどきます(弱)

 

IMG_2001

車窓からの長閑な風景を楽しみつつ赤目口に到着。

 

IMG_2003

 

IMG_2005

駅を出てすぐ左手にバスが停まってたので乗ります。

 

失礼ながらかなりマニアックな観光スポットだと思っていたので

バスとかもガラガラなんだろうなwって予想してたけどまさかの満員\(^o^)/

 

IMG_2006

さきほどのお得きっぷにバスの往復料金(360円×2)も含まれていて

得した感がアップしてゆきます( ^ω^ )

 

IMG_2007

10分ほどで赤目滝のバス停に到着。

 

なんか忍者も売り物にしているらしく忍びの者っぽいやつがプラプラ歩いてた。

 

IMG_2008

牛汁ってのもご当地グルメとして売出し中のようです。

ぎゅうじる(・∀・)いい響きだ(謎)

 

ちょっと興味があったんだが「あんまり肉が入ってない野菜の入った味の濃い汁」とか

「肉うどんのうどんのないやつ、物足りない」とか酷評が目立ったのでやめといた(・∀・)w

 

IMG_2010

それにしても周辺のお店はどれも古き良き観光地のお店って感じがして

個人的には好きな雰囲気です(・∀・)

 

IMG_2011

滝の方へ向かいます。最初1人だけ正反対の方向に歩き出して

土産物屋のばあちゃんに「どこ行くの?」って言われたのは秘密だ(あほ)

 

IMG_2012

意外と賑わってんなぁ…( ゚ω゚ )駐車場も結構埋まってるし

 

IMG_2014

それっぽい道になってきた( ^ω^ )

 

IMG_2015

じゃんじゃの水?

 

IMG_2016

サンショウウオのオブジェから水出てる( ゚ω゚ )ちょっとアレみたいだな(謎)

 

IMG_2017

 

IMG_2018

涼し気な感じがいいね(・∀・)ラムネ冷えてます

 

IMG_2019

突如どどーんと「へこきまんじゅう」のノボリ( ゚ω゚ )!?

 

(・∀・)凄くいい名前じゃないか!(歓喜)

 

IMG_2020

 

IMG_2021

買ってみた( ^ω^ )なんの形かよく分からんw

色んな味の餡が選べるのだが無難に抹茶餡をチョイス。

 

餡なしは180円、餡入りは230円と所謂観光地価格である。

しかしこれまたさきほどの切符の特典を提示すると20円引きになる(・∀・)小さな幸せw

 

とりあえず食べてみます( ゚ω゚ )モグモグ

 

(゚∀゚)ただの鯛焼きもどきかと思ってたが生地にサツマイモが入ってて

凄く合うじゃねえか!結構うめえや。

ってか芋が入ってるからへこきなんだな(遅)

 

こういった他所ではあまりない付加価値のある品物がオジサンは好きだ( ^ω^ )満足したw

 

IMG_2023

日本サンショウウオセンター(・∀・)名前がかっこいい

 

ここで赤目四十八滝への入山料を払う。

 

IMG_2025

 

IMG_2026

それと同時にサンショウウオセンター内の見放題権利も獲得する。

 

日本サンショウウオセンターって書いてるのに初っ端がチュウゴクオオサンショウウオ(・∀・)

 

IMG_2029

せっかくなので色んなサンショウウオを観察します( ^ω^ )

 

IMG_2031

そんなこんなでようやく赤目四十八滝ハイキングがスタートする。

 

やはり予想以上に人が多いです( ゚ω゚ )人気スポットなのか…

 

IMG_2032

早速登場の行者滝(・∀・)ちょっと小さい滝だがw

 

IMG_2034

霊蛇滝( ^ω^ )水面が陽にあたって美しい

 

IMG_2035

赤目牛(・∀・)北野天満宮にもいたような…

 

IMG_2036

土地の歴史だとか謂れ等は特に気にせず看板の写真だけ撮って進みます(あほ)

 

IMG_2038

不動滝 こいつは結構デカくて見応えがある。

 

赤目五瀑ってのがありそのうちのひとつだそうで(・∀・)

 

IMG_2040

 

IMG_2041

マイナスイオン全開なのはいいんだが道が結構狭いのでちょいちょい渋滞が発生します。

 

IMG_2042

おっ(・∀・)大日滝!

 

IMG_2044

矢印の方向を見ても何も見えない。

大雨の時じゃないと見えないような小さな滝なのか(´・ω・`)

 

と、何も知らずに来たら思うであろう(・∀・)情報収集済みだぜ!

 

川を渡って対岸から斜面を登っていくと滝があるらしい。

ただのハイキングだと物足りないからこいつは俄然盛り上がるぜ( ^ω^ )

 

IMG_2045

こりゃあなかなか登りごたえがありそうじゃねえか(゚∀゚)

 

IMG_2046

 

IMG_2047

浮き石がゴロゴロしてて下手な山道よりも登りごたえアリな感じです( ゚ω゚ )w

 

IMG_2048

 

IMG_2051

たまたまなのか登ってる人も下りてくる人も見かけません。

 

これはゆっくり静かに滝を観賞できそうだぜ( ^ω^ )

 

IMG_2053

ぜっ…( ^ω^ )!?

 

なんか白装束?着た人たちがいる(´・ω・`)w

 

IMG_2055

滝行サークルみたいなヤツなのか(´・ω・`)よく分からんけど

 

IMG_2056

大日滝、かなりいい滝なんだがなぁ…

 

IMG_2058

あれだけ人がいると落ち着かないので戻りましょう(´;ω;`)なにしてんねんw

 

IMG_2060

下る際に浮き石踏んでずっこけました\(^o^)/ロープなかったら危なかったです(弱)

 

IMG_2062

カラフルなトンボが飛んでて秋の訪れを感じさせます( ^ω^ )

 

IMG_2063

 

IMG_2066

八畳岩(・∀・)どれか分かりにくい、八畳って微妙だろw

 

IMG_2067

ちょっとトイレ休憩

 

IMG_2068

小便器凍結防止ヒーターが備えられているようです( ^ω^ )ハイテク

 

IMG_2070

そして千手滝 こやつも赤目五瀑のひとつ

 

すぐそばに茶屋があってみんな休憩してました。

 

IMG_2072

何となくで来たけど赤目四十八滝いいじゃないか(・∀・)

 

IMG_2077

続いて布曳滝 布引の滝なら神戸でよく見てるけどな( ^ω^ )

 

IMG_2074

こちらの布引さんもええのう(゚∀゚)

 

IMG_2078

基本は平坦な道ですがちょくちょく階段などの登りが現れます。

 

サンダルで歩いてる人もいましたが滝の水しぶきとかで濡れてたりして滑るので

スニーカーくらいは履いといた方が良さそうです。

 

IMG_2082

 

IMG_2088

縋藤滝

 

IMG_2089

たまにはこういうチョロチョロな滝もよろしい( ^ω^ )w

 

IMG_2090

地図の半分くらいまできた(・∀・)サンショウウオセンターから1時間弱くらい

 

半分まで来たのでつづく

関連記事

スポンサーリンク

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど、芋が入ってるからへこきまんじゅうか。(納得)

写真に見切れてるサンショウウオのゆるキャラ?かわいいですね( ^ω^ )

Re: タイトルなし

そうそう、芋が入ってるからへこきなんです( ^ω^ )散策中にしっかり出ましたよ!←

サンショウウオのゆるキャラ?( ゚ω゚ )
と思って記事を見なおしてみると…(・∀・)いたw気付いてなかった(悲)

始めまして。

しゃけさん、初めまして。
SANNYと申します。僕も関西在住で、
関西の低山ハイクを楽しんでおりまして、
燕岳登山のネットサーフィンから、しゃけさんのブログを拝見して、たびたび楽しく読まさせて頂いています。(^^)
一人ボケと突っ込みグットです。(≧∇≦)
今回の赤目四十八滝、僕もいつか行きたいです。

Re: 始めまして。

SANNYさん

はじめまして(・∀・)俺と同じく関西の低山ハイカーなんですね。

赤目四十八滝は意外と遠くなかったので関西在住でしたら
ぜひ行ってみてください( ^ω^ )大日滝の登りマジおすすめw
プロフィール

しゃけ

Author:しゃけ
散歩好きが高じて旅行や山登りに行くようになったオッサン

旅行ブログって書いてるけど近所プラプラしてるだけであんま旅行してない

ツイッター @syaketr

楽天さん
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
オッサンのぼやき
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
宿らん
札幌エクセルホテル東急
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村