2012初秋 生瀬~武田尾~道場 廃線等散歩 その2

前回 その1

3つ目のトンネルを抜けるとそこには味のある鉄橋が(・∀・)
線路部分はフェンスで封鎖されておりこちらを通る
227_R.jpg
眺めが良くて風も吹いて心地良いのだが
高所恐怖症の俺には少しドキドキのコースであった('A`)

230_R.jpg

231_R.jpg
枕木にはど根性雑草の姿が

橋を渡るとすぐに4つ目のトンネル
236_R.jpg

242_R.jpg
ここも短めのトンネルであっさりと通過

トンネルを抜けると廃線ルートの最初にあった注意書きの看板を発見
245_R.jpg
あそこからここまでが自己責任ゾーンなのか

250_R.jpg
自己責任ゾーン?を通過するとさっきまでずっと右側にあった川が左側になり
道も草がめちゃ生い茂ってる感じではなくなる 色んな風景が楽しめて良い(・∀・)

ここら辺から案内板があったり木にも名前の表示があったりと
非自己責任ゾーンの余裕を感じる(謎)
253_R.jpg

254_R.jpg

255_R.jpg


そして5つ目のトンネルが登場する
全てのトンネルを画像付きで紹介する必要性があったのか疑問に思い始めたが
もうここまできたら全部やる
258_R.jpg
遠くからでも出口が見えてる短いトンネル
2つ目までが難関だったな(・∀・)ビビりの俺的にはw

264_R.jpg
ヨウシュノヤマゴボウ
小さい頃近所にもいっぱい生えてて実を潰して紫色のジュースを作ったりして遊んだ
ちょっと食べたりもした覚えがあるけどさっきググってみたら「軽く毒」って書いてあった…

265_R.jpg
キクラゲっぽいやつ
触ってみるとネコの耳みたいで面白い

そんなこんなで最終トンネルに到着
268_R.jpg

入り口まで近づいてみると
270_R.jpg
こんなの書いちゃダメじゃない?トンネルなんだもの やすを

最終トンネルを通過すると向こうに建物が見え始める
「お、そろそろ武田尾かな。ぼちぼち昼飯でも食べよう」
275_R.jpg
ここにするべ(・∀・)

277_R.jpg
ちょっとしたクーラーボックスを用意しておいたんだぜ

279_R.jpg
高級弁当を食す
散歩の時は大体そば屋とかで食べてるんだが
外で食ったりするのも遠足気分を思い出していいものだ

茶を飲んで一息ついたところで何となく歩数チェック
280_R.jpg
廃線ルートをスタートしてから6000歩ほどか
何か思ったより歩いてないような(´・ω・`)w

石の上をウロウロしていた蟻さんと戯れた(タカられた)後、再スタート
284_R.jpg

290_R.jpg
すぐに武田尾温泉の縄張り(違)に足を踏み入れる

294_R.jpg
さっきまでは木とか草とかトンネルがあったから暑さもマシだったけど
ここら辺はモロに日光直撃できっついなぁ…(´・ω・`)しかもこれから昼だし

297_R.jpg
武田尾駅に到着 時間は12時前
このまま帰るのはちょっと味気ないなぁ…

しかしながら武田尾~道場へ行くのは少し迷った
何故ならネットで調べてた時に
「生瀬~武田尾はハイキングコースだけど武田尾~道場はちょっと上級者向け」
みたいな事を書いてあるのをよく見かけたから 他にも
・道がなかったから戻った
・藪が凄すぎて困った 夏には来たくない
・道がないので川を渡った

等、かなりのアドベンチャー性を要求されること請け合い そうか、夏は来たくないか…
中にはさらっと「とても気持ちの良いコースでした^^」とか書いてるとこもあるけど
299_R.jpg
武田尾駅の待合椅子みたいなやつに座りしばし考えること1分(短)

なんとかなるだろう(゚∀゚)w
水分補給して出発や!
300_R.jpg
武田尾駅でC1000タケダ(謎)

スリルとサスペンスに満ち溢れた次回へ続く

関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゃけ

Author:しゃけ
散歩好きが高じて旅行や山登りに行くようになったオッサン

旅行ブログって書いてるけど近所プラプラしてるだけであんま旅行してない

ツイッター @syaketr

楽天さん
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
オッサンのぼやき
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
宿らん
札幌エクセルホテル東急
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村