大阪で開催されるウイスキーヒストリー2017に参加してみた

IMG_2315

ウイスキー飲みに行くからヘパリーゼ飲むよー\(^o^)/(突然)

 

今年の6月に行ったウイスキーフェスティバルでひっそりと

「ウイスキーヒストリー」というイベントやるんですよみたいなチラシを見かけた。

よく見ると主催が「日本バーテンダー協会」とあったので

完全なるプロ向けのイベントかと思ったが一般人でも大丈夫そうだったので行ってみた。

 

IMG_2316

会場は新梅田研修センター(゚∀゚)めっちゃ分かりやすいw

 

梅田周辺歩いてるとあの看板ちょいちょい目に入るよね。

 

IMG_2317

何気に第17回という結構歴史あるイベントです。

 

開場が12時で受付開始が11時30分だったので11時過ぎに行ってみたら

すでに結構な行列出来てた\(^o^)/

 

近くのオッサンの会話が耳に入ってくるんだが

やはりバーを営んでるような人が多いみたい。

 

IMG_2318

他のウイスキーイベントだと入場料4000円くらいが相場だけど

今回のウイスキーヒストリーは2500円となかなかリーズナブル( ^ω^ )会場の規模は小さめですけどね。

 

セミナーも他所だと3000円くらいするけどここは500円とやたら安い( ゚ω゚ )w

俺はセミナー参加しちゃうとその際に出てくるテイスティングアイテムだけで

ふらふらに酔ってしまうので止めときましたが並んでた人は大体セミナー狙いだったみたいです。

 

IMG_2326

入場の際にもらえる水にこだわりを感じる( ^ω^ )ハイランドスプリング

 

IMG_2319

そんなこんなで人が多かったので10分ほど早めに開場。

 

まずはベンチャーウイスキーのブースで

最近出たばかりのイチローズモルトIPAカスクフィニッシュを試飲。

 

おぉ( ^ω^ )やはりIPAの香りが独特で面白い味わいだなぁ

 

IMG_2320

続いてスコッチユニバースのマッカラン&ハイランドパークのブレンデッドモルトと

カリラを試飲( ^ω^ )うへへ、うめぇ

 

IMG_2321

 

IMG_2389

 

IMG_2402

このウイスキーヒストリーではウイスキーと一緒に何か食べたり出来るようなブースはなかったが

無料のおつまみコーナーが充実してた(゚∀゚)これは嬉しいw

 

チーザにポッキー、プリッツにパンまで( ^ω^ )むしゃむしゃ←

もちろんポッキーは定番の「大人の琥珀」です。

 

みんなもの凄い勢いでつまんでいくんだが

減ってくるとすぐに大量に補充してくれて心強い(・∀・)w

ポッキーなんか数十本食べましたよ!(自慢)

 

大人の琥珀は箱が赤くてチーズ味のするようなニューバージョン?も

ちょっとだけ投入されてたような気がしたけど

その頃にはかなり酔ってたので明確には覚えていない(あほ)

 

IMG_2322

いつも大賑わいの信濃屋さんブース( ゚ω゚ )むっ!これは!?

 

信濃屋さんオリジナルボトルの新製品がお披露目されてました(゚∀゚)

大阪のイベントではやる気ないと思ってて期待してなかったんだがこれはテンション上がる!

 

アランの1996とさらにもう1本

 

IMG_2323

シングルモルト駒ヶ岳1988 29年 ( ゚ω゚ )税抜き88000円…

 

かなりの激レアボトルだけどさすがに買えねえよ…

 

って思ってたら周りのオッサンらは「これ注文できるんですか?」とか言って

余裕の態度で注文用紙書いてた( ゚ω゚ )大人だなぁw

 

有料試飲もやっててハーフで2000円でした( ^ω^ )飲むか迷ったけど買いたくなったら困るから止めたw

 

IMG_2324

信濃屋さんでは無料試飲をいくつか楽しんで

別のブースでこちらの有料試飲にチャレンジしてみました( ^ω^ )

 

知る人ぞ知る「イチローズモルト ジョーカー」

こちらは10mlくらいで2000円。

 

早速飲んでみます(゚∀゚)うお!うめぇ!

珍しいだけのウイスキーだったらどうしようって思ってたけど

これは間違いなく美味い!( ^ω^ )香りが素晴らしい

 

しかし、どういう風味でどう美味いか説明が出来ない( ^ω^ )←経験不足

でもそうそう飲めるものではないので良い体験が出来ました。

 

IMG_2330

ニッカのカフェモルトも飲んでみよう( ^ω^ )

連続式蒸留器で造られている唯一のモルトウイスキーです。

 

カフェグレーンと飲み比べると違いが良く分かって面白かった(・∀・)

 

IMG_2332

と、ここでウイスキーイベントには付き物のバグパイプ演奏が始まりました(゚∀゚)

 

今までは一人でバグパイプ吹いてるのしか見たことなかったけど

今回は太鼓?&踊り付きのスペシャルバージョンです(・∀・)ゴージャスw

 

IMG_2334

バグパイプ演奏を楽しんだりジンジャーエールの試飲をしたりして

少し酔いを覚ましまして

 

IMG_2336

 

IMG_2337

 

IMG_2339

再びバンバン試飲しますよ(・∀・)まだ酔いが覚めてなかったりして←

 

IMG_2341

バーテンダー技能大会なるものが開催されるとの事で見に行ってみる。

 

IMG_2348

 

IMG_2353

ほほう(・∀・)やはりプロは動作が美しい

 

IMG_2360

 

IMG_2368

ボトルの持ち方が明らかにカッコイイ(・∀・)w

 

IMG_2374

 

IMG_2378

いいっすね~(゚∀゚)

 

周りで見てた人が「こんなにジックリ見られながらやるの緊張するやろうなぁ」

って言ってたけどまさにその通りで俺なら手が震えてグラス倒します\(^o^)/

 

IMG_2388

トイレに行った時に見かけた張り紙( ゚ω゚ )酔っぱらいにそんなこと言われても…

 

IMG_2394

 

IMG_2395

続いてはベテランバーテンダーさんによるカクテル作成&販売。

1杯500円とのことでしたのでいただいてみた( ^ω^ )

 

美味しかったけど何のカクテルだったか忘れた←

この辺から記憶が6割くらいしか残ってない感じになってきます(危)

 

IMG_2404

サントリーのブース(・∀・)相変わらずスコッチばっかで山崎や白州なんて影もないw

 

IMG_2405

が、ひっそりとボウモア25年が無料で試飲できた(゚∀゚)これはかなり嬉しい

 

山崎蒸溜所の有料試飲でも1500円?とかしてたもんなので

もう入場料の元は取れたな!(考えが卑しい)

 

IMG_2413

 

IMG_2411

その後も色々と飲んでいきます( ゚ω゚ )だんだん世界がぐるぐるしてきたよ

 

IMG_2414

静岡蒸溜所のボトルセレクション。

最近出来たばかりの蒸溜所ですが来年から熟成前のニューポットに始まり

熟成途中のまだウイスキーと名乗れないニュースピリッツそして

2021年にはシングルカスクのウイスキーが届くという大変夢のある商品です。

 

IMG_2415

そりゃあ、お値段も多少はね( ^ω^ )w

 

最近新興蒸溜所がどんどん出来てるけど中でも静岡蒸溜所はこういう企画を色々やってて

ウイスキーが出来る前から楽しませてくれてます。

ちょっと前は樽オーナー販売やってたな( ^ω^ )

 

IMG_2417

 

IMG_2416

ジョニ黒のオールドボトル試飲。

現行品とは風味が全く違っていてビックリ(゚∀゚)

 

IMG_2424

それにしても会場が狭い( ^ω^ )w

 

信濃屋さんのとこなんか人が通れなくなってるからな。

 

IMG_2426

後半になると各ブースのスタッフさんとかもフリーダムに色んなとこに行って

飲んだりし始めるのが何か好きだ(謎)

 

IMG_2422

先日お世話になりましたウイスキー検定やってるウイスキー文化研究所ブース( ^ω^ )

 

「ウイスキー検定の上位入賞者には何か記念品あげるべきです!」

って言いそうになったけど既の所で留まった(かしこい)

 

IMG_2431

無料のカクテルあったから飲む( ゚ω゚ )

 

IMG_2433

ポッキーあほほど食う( ゚ω゚ )ポリポリ

 

IMG_2436

まもなく終了になるので酔っぱらい共は何時までに出ていってね!

っていうアナウンスと共にバグパイプ( ゚ω゚ )うへへへ(酔)

 

IMG_2438

もったいねえから最後にもう1杯飲んでおかないとな!

って思ったのは覚えてるんだけど何飲んだかは覚えてない、でもなんか飲んだ(危)

 

14時過ぎくらいに帰るだろうなぁって思ってたのに

結局最初から最後まで滞在してた( ^ω^ )たのしかった!w

 

が、やはり飲みすぎたようで帰宅途中もふらふらするし

帰ってから晩飯食べたらリバースしそうになったりして大変でした:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_2441

入場証を帰りに返却するとくじ引きまでさせてくれるサービスの良さだったんですが

敢え無く末等\(^o^)/ベンロマックの紙コースター1ダース

 

IMG_2440

色々飲んだけど購入したのは1本だけ(・∀・)イチローズモルト ワインウッドリザーブ

 

IMG_2442

気が早いことに来年の割引券もらった( ^ω^ )w

 

他のウイスキーイベントとは少し違ったとこもあって楽しかったので

来年も是非参加したいところだが来年の10月7日って三連休の中日か…

どっか旅行とか行ってる可能性が( ゚ω゚ )むむむ

 

行けたら行くわー(・∀・)(来ないパターンのやつ)

 

酔っぱらいメモ 飲んだもの

 

無料試飲

イチローズモルト IPAカスクフィニッシュ

スコッチユニバース ソーラーフレア

同じく カリスト

信濃屋オリジナル クライゲラヒ1995

同じく ラフロイグ1997

ニッカ カフェモルトとカフェグレーン

駒ヶ岳 信濃蒲公英

ティーリング リバイバル ラムカスク

カバランソリスト ヴィーニョ

ボウモア25年

ミクターズ スモールバッチバーボン

トマーティン18年

ブラックアダー インバーゴードン1984

ジョニーウォーカー黒 オールド&現行

なんかもう1杯飲んだ

 

有料試飲

イチローズモルト ジョーカー 2000円

ゴールデンカスク グレンバーギ1983 200円

なんかのカクテル 500円

 

ストレートで200~300mlくらい飲んでる…

1ヶ月分くらい飲んだな\(^o^)/そりゃあふらふらになるさ

今度ウイスキーイベントに行くときはもっと自制しよう!

 

おわり


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : お出かけ日記
ジャンル : 日記

2泊3日で表銀座縦走 まずは中房温泉から燕山荘へ向かう

IMG_1464

9月の三連休に計画していた北アルプス表銀座縦走プラン。

しかし見事なタイミングで台風が直撃して敢え無くキャンセル\(^o^)/

 

だが、俺は諦めていなかった:(;゙゚'ω゚'):

すかさず翌週の週末に予約を取り直して天気予報を監視する…。

 

今週はなんとかなりそうだ!(・∀・)

ってなわけで早朝から出発。

 

今回挑戦するのは「表銀座縦走」

中房温泉の登山口からスタートして槍ヶ岳まで縦走して

上高地に下るという全長40km近くになるそこそこなロングコースです。

 

IMG_1469

3年ぶりの穂高駅に到着(・∀・)なんか新しい店が増えてる気がする

 

IMG_1471

駅前から出てる中房温泉行きのバスに乗車。運賃は1700円。

 

乗客は俺を含め2名しかいませんでした( ^ω^ )もう昼前だからねw

早朝だと登山客が結構いてタクシーのオッサンが客引きしてたりと大賑わいらしい。

 

IMG_1475

穂高駅から50分で中房温泉に到着( ゚ω゚ )やはりこの辺まで来るとかなり涼しいですね

 

まずは登山届を書いておきます(・∀・)前はこんな小屋あったっけ?

小屋にいるオッチャンが登山届の内容をチェックするスタイルです。

 

すでに現在時刻は12時前。

しかし俺の無謀なプランでは本日の目標は大天井岳直下にある「大天荘」

でもそんな計画を書いたらコースタイム通りだととんでもない事になるので

「あぁ?今から大天荘だと?貴様、山をなめてんのか!」

とか言われそうな気がしたので本日の予定はその途中にある「燕山荘」泊にしておいた( ^ω^ )w

 

実際、天気が悪かったり到着時間が予想より遅くなれば燕山荘で泊まるつもりなんですけどね。

 

IMG_1476

雨は降ってないけどかなりガスってますね( ゚ω゚ )

三日前くらいまではかなりの雨予報だったんでこれでもありがたい!と言うことにしておこう。

 

IMG_1477

まずはエビマヨおにぎりで腹ごしらえ。

 

IMG_1479

登山時の定番かつ必須アイテムであるアミノバイタルプロを補給。

 

IMG_1478

燕岳登山口 すでに標高1462mあります。

 

IMG_1480

さぁ!ここからついに槍ヶ岳へ向かう長い縦走山行がスタートします(`・ω・´)11時55分に出発

 

バスも空いてたし昼前からスタートする山をなめてんのか野郎は俺くらいしかおらんだろうから

のんびり登れそうだな( ^ω^ )って予想してたけど登山口には10人くらい人がいました←

 

IMG_1481

3年前にもここから大天荘まで行ったんですがその時は初の北アルプス遠征でかなりドキドキしており

歩き初めの段階で「ザック重てぇよ…アルプス怖えよ…」って思いながら歩いてたなぁ( ^ω^ )w

 

ここで本日の目標「17時に大天荘に到着する(・∀・)」

本当はどれだけ遅くても山小屋には16時までには着いてないといけない暗黙のルールがあるんだけどね…

今日燕山荘に泊まっちゃうと明日の行程がしんどいことになるので頑張ってみようってなった(あほ)

 

前に登った時は燕山荘まで3時間、燕山荘から大天荘までも3時間だったが

当時は膝に爆弾を抱えておりさらに道中でそれが爆発したのに大天荘まで強行したタイムなので

3年も経ったら多少はパワーアップしてるだろうし膝もなんとかなるだろ!

ってことでそれぞれ30分は短縮できるはずwww

等という単なる予測でしかない堅実なプランです!!!

 

IMG_1482

まずは14時半までに燕山荘に到着することが目標です。

もし15時着とかになったら諦めて燕山荘で泊まろう\(^o^)/

 

IMG_1483

この燕山荘まで続く合戦尾根は「北アルプス3大急登」と呼ばれておりますが

そのわりには大したことないとの評判で以前の俺も「六甲山に毛が生えたくらいかな」

って思ってたような気がする(・∀・)w

 

IMG_1486

「そこまで大したことない登りだったはず」って登り始めましたが

第一ベンチに着いた頃には汗だく&息切れ( ゚ω゚ )←

 

IMG_1488

さらにここから先で人気の山の恐ろしさを知ることになる:(;゙゚'ω゚'):

 

団体さんがゾロゾロと登ってたり下りてきたりしてて軽く渋滞発生\(^o^)/

この時間帯なら下りてくる人も少ないと思ってたのに(予想大外れ)

 

IMG_1492

幻想的な景色( ゚ω゚ )稜線に出ても眺めは期待できそうにない(悲)

 

IMG_1494

そこまでキツイ登りはないけど何か疲れてきたな←

 

IMG_1495

第二ベンチの道標は団体のオッサンがもたれかかってて撮影できず

こちらの第三ベンチ前では団体が座り込んで道を封鎖してました( ^ω^ )これだから団体は嫌いなんだ(キレ気味)

 

IMG_1497

 

IMG_1498

スタートから1時間ちょいで富士見ベンチに到着( ゚ω゚ )なんか寒くなってきましたね…

ここで少し休憩しましたが汗が冷えてきてヤバい。

でも上着出すのめんどいからそのまま再スタート\(^o^)/

 

俺は家を出た時からずっと半袖Tシャツです(南国仕様)

 

IMG_1501

少し進むと道の様子が変わって岩が登場(・∀・)

 

IMG_1502

合戦小屋まで10分の看板(゚∀゚)

 

IMG_1504

2分ほど歩くと「あと5分」の看板(謎)

 

IMG_1505

やや紅葉感のある道を進みまして

 

IMG_1506

スタートから1時間半ほど経過した13時23分に合戦小屋に到着。

 

写真には写っていませんがとんでもない人の数です\(^o^)/ベンチ全部埋まってるw

 

IMG_1508

前に来た時はすでに終了しちゃってた合戦小屋名物のスイカ(・∀・)

 

一切れ800円みたいだし身体冷えてるから食べないですけどね(・∀・)←

 

IMG_1509

ここでもちょっと座っておにぎり食べてたら自分の肉体から白い湯気が出ていることに気付く( ゚ω゚ )

 

なんか恥ずかしいので先を急ぎます( ゚ω゚ )w

 

燕山荘のテント場はいっぱいになりました。ってどんだけ人いるの…:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_1513

まだ2.3kmもあんのか!もうしんどいんですけど!(弱)

 

あ、これは燕岳までの距離か(・∀・)燕山荘はもう少し近いよな

 

IMG_1514

燕山荘までまだ1.3kmもあるのか…(結局弱)

 

IMG_1515

 

IMG_1516

始まりつつある紅葉を楽しみながら歩きます(・∀・)

 

IMG_1517

稜線に近づいており風が強くなってきて明らかに寒いです:(;゙゚'ω゚'):

燕山荘に着いたら上着を着よう(今着ろや)

 

IMG_1526

モリモリ登りますが合戦尾根の前半に比べると大したことないです。

 

IMG_1529

そして…

 

IMG_1530

ついに燕山荘が見えてきた(゚∀゚)

 

IMG_1531

その右手には特徴的で非常に分かりやすい燕岳も( ^ω^ )

 

IMG_1534

ひーひーふー( ゚ω゚ )テント場が見えてきた

 

IMG_1536

そんで14時3分 燕山荘に到着( ^ω^ )念願のゴール←

 

中房温泉からのタイム2時間8分( ^ω^ )とりあえず第一関門はクリア

 

IMG_1537

3年ぶりの石田石男さん(仮名)オッスオッス( ^ω^ )

 

IMG_1538

燕岳方面( ゚ω゚ )それにしてもいきなりとんでもない人の数だな…すげぇ騒がしい

テント場もパンパンだぜ。

 

IMG_1540

待望の上着を装着しまして燕山荘で水を購入してから梅おにぎり食う。

 

IMG_1542

稜線からの景色は絶望的だと思っていましたが

 

IMG_1543

今回の最終目的地である槍ヶ岳兄貴がしっかり見えました(・∀・)遠すぎw

 

順調であれば明日には行ってしまう予定なんだが本当に可能なんだろうか\(^o^)/

 

IMG_1541

なんとか目標である14時半をクリアしたので予定通り大天荘へ向かいます。

 

人まみれの燕山荘泊まりにならなくて本当に良かったです(・∀・)泊まったら発狂してるわw

って思ってたけど大天荘でも…あの、アレだったんですけどね(意味深)

 

この時はそんな事は知らずに元気に縦走路を進む俺であった。

あ、時間ないから燕岳は余裕のスルーです( ^ω^ )

 

つづく


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

2泊3日で表銀座縦走2 燕山荘を出発して夕食に間に合わせるため頑張って大天荘へ向かう

IMG_1544

燕山荘前で軽く休憩しまして本日の目的地である大天荘へ向けて出発します。

 

IMG_1545

燕山荘までは合戦尾根の登りに苦しめられたがここからは平坦なとこも多い

優雅な稜線歩きが楽しめるはずだ( ^ω^ )

 

でも調子こいて18時前着とかになっちゃうと

「てめぇ、こんな時間に到着するとは山をなめてんのか!お前は夕食ナシだ!」

ってなるかもしれないので出来るだけ早めに大天荘に着くようにしたい。

 

IMG_1547

ちょっと雲が多いけど右手に槍ヶ岳を見ながらの山歩きは最高ですなぁ(゚∀゚)

 

IMG_1550

そして気付けば燕山荘前にはあれほど人がいたのにこちらへ進むと

ほとんど人がいなくなる( ^ω^ )嬉しい

 

時間が遅かった事もあるだろうけど燕山荘から大天荘間で会った人は

20人もいなかったと思うw

 

IMG_1554

 

IMG_1557

蛙岩と書いて「げえろいわ」を通過(・∀・)読めねえよw

 

IMG_1559

大天井岳まであと5.6km( ゚ω゚ )やや遠い

 

IMG_1560

稜線の左側だけ異常にガスってるのが面白い( ^ω^ )w

 

IMG_1567

おっ(・∀・)出たな!大下りの頭。

 

前に来た時はここからの下りで膝が激痛モードになり

絶望的な気分になりながら大天荘へ向かったのでした(あほ)

 

IMG_1568

早速下ってみます(・∀・)

 

IMG_1570

大したことなかった(・∀・)膝が痛くなったら怖いなって少しドキドキしましたが←

 

そして大下りをこなすとようやく本日の目的地である大天荘が見えてきた。

 

IMG_1571

ズーム

 

IMG_1572

さらにズーム(・∀・)うーん、遠いw

 

IMG_1577

 

IMG_1579

 

IMG_1580

下ったばっかりなのにまたすぐグイグイ登っていく感じです:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_1584

 

IMG_1586

まぁ、ちょっくら登ったらまた癒やしの稜線歩きになるんですけどね( ^ω^ )

 

燕山荘までの道と比べると天国ですわいw

 

IMG_1589

槍ヶ岳もよく見えます(゚∀゚)

 

IMG_1592

少しずつだが小屋に近づいてゆく。

 

あの小屋から斜めに伸びてる線が登山道だったはずだが

あそこがやたらとしんどいんだよな…( ゚ω゚ )

 

IMG_1594

 

IMG_1596

恐怖の登りに備えてトレッキングポールを取り出しておきます( ゚ω゚ )

 

IMG_1598

ちょっとした鎖場とハシゴをこなして

 

IMG_1599

この辺の道(喜作新道)を切り開いた凄いオッサンのレリーフを眺め

 

IMG_1602

 

IMG_1604

ついに最後の登りに取り掛かります。

 

前もそうだったけどこの辺に来るといきなり風が強くなり結構寒いです:(;゙゚'ω゚'):

なのに登り始めから変なグループが狭い登山道でごちゃごちゃやってて

5分以上足止めくらいました:(;゙゚'ω゚'):なにやってんねんこいつら

 

IMG_1607

足止めくらって休憩出来たからか怒りのアフガンでアドレナリン全開になったからか

他の人はちょっと進んでは休憩してましたが思ったよりサクサク歩けました(・∀・)わーい←

 

IMG_1608

100mおきにカウントダウン看板が( ^ω^ )

 

IMG_1613

 

IMG_1614

栄光のゴールまであと100m そして…

 

IMG_1617

16時1分 大天荘に到着( ^ω^ )

予想以上のタイムで辿り着けて大満足 余裕で夕食に間に合いました。

 

中房温泉11:55→13:23合戦小屋13:28→14:03燕山荘14:14→16:01大天荘

中房温泉から大天荘までのタイム4時間6分\(^o^)/

 

IMG_1618

テント場&常念岳方面( ゚ω゚ )意外と人多いですね…

 

IMG_1621

 

IMG_1623

3年ぶりの大天荘にチェックイン。

 

前は上下2段に分かれた部屋だったんですが今回はなんか違う大部屋になった。

俺にあてがわれた場所にはまだ人が来ていないようなので「人来るな:(;゙゚'ω゚'):」

って念じてましたけど結局後で全部埋まった(悲)

 

IMG_1622

夕食時間は18時15分とやや遅め

朝食時間は4時45分と5時40分の2回で早い者勝ちだそうです。

 

夕食で肉か魚をチョイスできるのは相変わらずで

メニューも肉はハンバーグ、魚はサバの味噌煮で3年前と同じだったw

 

IMG_1624

外の気温は9.5度 風があるのでもっと寒い感じがする。

 

IMG_1627

まだ明るいうちに大天荘のそばにある大天井岳の山頂を踏んでおこう。

 

10分もあれば登れるらしいのですが

前は本当に膝がヤバすぎて諦めたんだよなぁ(もやしっ子)

 

IMG_1630

うん、10分で登れた(・∀・)

 

3年越しの大天井岳(標高2922m)登頂\(^o^)/

 

IMG_1631

大天井岳までの道はわりと岩がゴロゴロしてるのでちょっと歩きにくい。

3年前の俺の判断は大正解であったと思う( ^ω^ )w

 

IMG_1632

歩いてきた稜線。相変わらず片側だけ盛大にガスってる。

 

IMG_1638

一旦部屋に戻りゴロゴロしてから密かに心待ちにしていた夕日タイム(゚∀゚)

 

3年前にここで見た夕焼けが最高に素晴らしくて未だに山で見た最高の景色1位なのです。

今回もまた見られるか( ^ω^ )と思いながら外に出ると

 

IMG_1639

:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_1641

こ、心待ちにしていた夕食タイムです:(;゙゚'ω゚'):←

 

ハンバーグはもちろん美味しかったんだがそれ以上に

大天荘の密かな名物である芋煮が最高の美味さでした(゚∀゚)

 

IMG_1649

夕食後は「星は何とか見えないか:(;゙゚'ω゚'):」と思い再び外へ

 

IMG_1653

おぉ!(゚∀゚)これはなかなかの星空!

 

IMG_1647

いい景色だったんですがかなりの寒さだったので早めに撤収。

 

IMG_1663

消灯時間の20時前になり準備を整える(謎)

 

隣に来たオッサンの顔から「嫌な予感」を感じ取っていたのです。

そしてそれはバッチリと当たったんですけどね…

 

ここから3年前の再現と言わんばかりの長い夜が始まるのであった:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_1644

 

IMG_1645

本日の歩数26433歩 距離18.5km 消費カロリー658kcal

 

つづく


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

2泊3日で表銀座縦走3 ヒュッテ西岳でトマト食べてから東鎌尾根に挑む

IMG_1664

4時30分頃に大天荘の電気が点灯。

 

昨夜20時に消灯してからほとんど寝たっぽい記憶がありません( ゚ω゚ )

記憶がありませんっていうかずっと記憶があった!(謎)

 

その原因はもちろんイビキ\(^o^)/

隣のおっさんがかなりの実力者で「ガガガガッガ!!!」ってイビキと共に

5分間隔くらいで「ゲホゲホゲッフォー!!!」って咳き込むのです:(;゙゚'ω゚'):うるせえ

 

前に大天荘に泊まった時のおっさんのイビキもかなり凄かったが

今回の奴も相当なもんで山小屋で眠れなかったランキング1位っぽい感じがありました。

なんで毎回のように俺の隣に実力者が配置されるのか…。

 

0時くらいに「まだ4時間くらいあるのか…」と絶望して

2時くらいに「しんどいのに何で意識がなくならないんだ…」と悲しくなり

3時くらいに周りでガサガサ準備する人が出てきて「朝が近づいてる!」と嬉しくなり

4時には「結局眠れなかったがようやく終わるのですね…ありがたや」と悟りを開く

 

電気点いてしばらくしたら隣のおっさんも起きてきて

ニヤニヤしながらボソボソと何か言ってきたんですけど

「あぁ?:(;゙゚'ω゚'):」ってキレ気味に返答しちゃいました(大人げない)

 

このおっさん、今日は燕山荘で泊まるとか言ってたけど

あんな混雑してるとこであのイビキやったら袋叩きにあうんじゃないだろうか。

是非そうなって欲しいですけど( ゚ω゚ )←

 

IMG_1665

楽しいイビキレポートはこのくらいにしておいて朝ごはんいただきます!

 

今日歩くコースは時間がどれくらいかかるか分からんので

早めに出発したほうがいいだろうって事で4時45分の朝食にしました。

 

IMG_1666

外の気温は4.4度:(;゙゚'ω゚'):かなり寒いですね…

 

IMG_1668

外に出てみるとやはり結構な寒さ\(^o^)/

 

IMG_1669

準備運動しながらアミノバイタルプロを補給。

 

IMG_1672

おっ!昨日はガスってた槍ヶ岳方面も見えてる(゚∀゚)

 

IMG_1673

今日は順調に歩けて体力も残っていればあの先っちょに登っちゃう予定なんだが

さすがに遠すぎて現実味がない( ゚ω゚ )

 

IMG_1676

とりあえず行けるとこまで行ってみよう。

 

5時34分に大天荘前から出発。

 

IMG_1681

昨日登ってきたルートを少し戻ります。

 

後から知ったけど戻らなくても槍方面へ行く道があるみたいだね(・∀・)早速の時間ロスw

 

IMG_1684

雲が多くて朝陽は微妙\(^o^)/

 

IMG_1686

大天荘直下の斜面を下りまして槍への分岐。

 

ここから先は未体験ゾーンになります( ゚ω゚ )ドキドキ

まずは大天井ヒュッテを目指して進みます。

 

IMG_1687

早速登るっぽい感じです:(;゙゚'ω゚'):朝からしんどいやろ!

 

IMG_1689

 

IMG_1694

これまでの道と打って変わって岩岩な感じで鎖も出てきます。

 

IMG_1692

しかし、常に槍が見える素晴らしいルートです( ^ω^ )同じような写真を大量に撮影してたw

 

IMG_1697

大天井ヒュッテ あと30分

 

IMG_1698

 

IMG_1699

なんかいきなり険しくなってない?(弱)

 

IMG_1702

滑落注意

 

IMG_1703

朝っぱらから怖いやろ!と文句を言いながら進みます(あほ)

 

IMG_1704

 

IMG_1705

 

IMG_1710

ちょっとスリリングなコースをクリアすると眼下に山小屋が(・∀・)大天井ヒュッテかな

 

IMG_1711

一旦小屋までぐっと下るみたいだけどその先にある山を登り返すのか?:(;゙゚'ω゚'):やめてくれや

 

IMG_1712

槍ヶ岳まで7.5km(・∀・)結構近くね?

 

IMG_1713

6時28分 大天荘から1時間ほどで大天井ヒュッテに到着。

 

前述の別ルートだとコースタイム通りでも35分で着くそうです( ゚ω゚ )w

 

IMG_1714

先程恐れていた大天井ヒュッテそばにある山は牛首展望台と言って

縦走路には含まれていないようでした\(^o^)/良かった

 

IMG_1715

お気をつけて ヤリ

 

IMG_1716

ヤリへの道はこっちのようです( ^ω^ )やった!下りだ!

 

IMG_1719

ここからしばらくはアップダウンの少ない道になります( ^ω^ )

 

IMG_1723

 

IMG_1724

大天井ヒュッテから30分ほどでビックリ平( ゚ω゚ )謎のネーミング

 

IMG_1725

 

IMG_1726

いきなり広大な景色になってビックリするからビックリ平なんだろうか( ゚ω゚ )

 

っていうか、これがかの有名な北鎌尾根だっけ( ゚ω゚ )これは登れないでしょ…(バリエーションルートだからね)

 

IMG_1727

稜線歩きモードに突入(・∀・)

 

IMG_1728

しかし槍遠すぎない?( ゚ω゚ )7kmとか嘘だろ…

 

IMG_1732

文句を言ってても進まないので目の前のピークをひとつずつ越えてゆきますよ。

 

IMG_1736

この山越えるのか…

 

IMG_1739

ちょっと疲れてきましたね…(まだ歩きはじめて2時間経ってません)

 

IMG_1740

休憩がてら歩いてきた稜線を振り返る(・∀・)美しい

 

IMG_1743

槍を眺めながらふらふら歩きます。

ここからどう歩いて槍まで辿り着けるのか…不思議です( ゚ω゚ )w

 

IMG_1746

ヒュッテ西岳まであと1.3km(・∀・)

 

あと50mで赤岩岳山頂って書いてあるんだけど

どこだか分からないまま通過\(^o^)/

 

IMG_1749

ん?(・∀・)

 

IMG_1750

前にいた人たちがえらい急傾斜のとこを登り始めた:(;゙゚'ω゚'):

 

まさかあそこ登るんか?ってチビりそうになったが

 

IMG_1752

よくみると真っ直ぐ進む道もあったのでもちろんそちらをチョイス。

 

IMG_1754

 

IMG_1756

こっちの道も少し怖いですね( ゚ω゚ )w

 

IMG_1760

ヒュッテ西岳まだかよ…ちょっとオシッコ漏れそうになってきた←

 

IMG_1763

 

IMG_1764

ようやくそれらしい建物が見えてきた(゚∀゚)

 

IMG_1765

と、ここで西岳山頂への分岐が。

 

IMG_1768

ほんの10分くらいで登れるはず(・∀・)

ってことでザックをデポして登り始めましたがなかなかの急登(弱)

 

IMG_1769

分岐から10分足らずで登れました( ^ω^ )西岳山頂(標高2758m)

 

IMG_1770

槍がバッチリ見えます( ^ω^ )でもまだ遠い←

 

IMG_1775

サクッと下って8時26分にヒュッテ西岳に到着。大天荘から3時間ほど。

 

IMG_1776

牛乳にトマトまで売ってるのか(・∀・)素敵w

 

IMG_1778

チップトイレ使わせてもらいます( ゚ω゚ )何気に結構漏れそうだったんですよね

 

IMG_1779

外には石鹸水付きの水道が(・∀・)すげぇ!

 

IMG_1781

売店でトマト(300円)購入( ^ω^ )こんな山奥でトマトが食べられるとは!

 

普段は大きいトマトが1個だそうです。

 

IMG_1782

槍ヶ岳→こっち

 

IMG_1783

トマト休憩を終えましてついに次なる目的地は槍ヶ岳!!!

 

のちょっと手前にあるヒュッテ大槍(・∀・)w

 

IMG_1786

さぁ、行くぜ!って気合入れたんですがいきなりめちゃくちゃ下ります( ゚ω゚ )!?

 

槍ってかなり高いんだからこれからドンドン登っていくと思ったのにどういうこったよ!

 

IMG_1787

そんな声は聞き入れられずロングなハシゴも駆使してガンガン下ります。

 

IMG_1794

しばらく下った後、今度は登ります:(;゙゚'ω゚'):やっぱり登るんじゃねえか(文句ばっかり)

 

IMG_1798

と、見せかけてまた下る(´;ω;`)お願いですから登りだけにしてください←

 

西岳から先のルートは東鎌尾根と言って恐ろしげな名前をしておるのですが

その名の通りアップダウン&ちょっと危険箇所もあり

すでに疲労していた肉体にはかなり辛いものがありました。

 

IMG_1802

このハシゴを後ろ向きに下ったのですが一番下がスカスカなので

足がどこにも着かなくて一瞬焦った(あほ)

 

IMG_1803

水俣乗越分岐 槍ヶ岳まで4.5km( ゚ω゚ )!?

 

結構歩いたはずなのにまだ4.5kmもあんのか(絶望)

 

IMG_1804

ヘコんだところへ追い討ちをかけるようにここからグイグイ登りが始まります。

 

IMG_1806

 

IMG_1807

あんなとこ歩くのか( ゚ω゚ )危ないじゃないか(弱)

 

IMG_1808

連続ハシゴもあるんですね(白目)

 

IMG_1809

このまま進み続けると疲労で危険が危ない予感がする…

1本満足バーを食べて休憩しよう。

 

IMG_1810

小休止を挟んで再スタート。ファイト一発!(謎)

 

IMG_1811

 

IMG_1813

先程遠くから眺めた時に怖そうだと思ったルートは

近付いてみるとそうでもなかった(・∀・)

 

IMG_1814

でも、ずっと登ってるからしんどい( ゚ω゚ )w

 

天気良すぎてかなり暑いこともありバテてきた(危)

さらに水が底をつきかけてる…。

 

もう槍もだいぶ近付いてきたんだしそろそろヒュッテ大槍出てこいよ。

 

IMG_1818

まだまだ登る( ゚ω゚ )ひーひーふー

 

IMG_1820

登り切ったら今度は東鎌尾根名物のスーパーロングハシゴ下りです。

 

IMG_1821

しっかりしたハシゴなんだから高さはあってもそこまで怖くないだろ!

って思ってたけど実際下ってみると緊張感があって手が汗ばむ( ゚ω゚ )←

 

IMG_1822

下りてからハシゴを撮影した図。

 

IMG_1832

まだまだ登るっぽい感じですね…。

 

IMG_1836

 

IMG_1838

休憩したいけど水がなくなったのでヒュッテ大槍まで本気出す( ゚ω゚ )のどかわいた

 

しかし、もうちょっと行ったら槍ヶ岳山荘まで着いちゃいそうじゃね?

ヒュッテ大槍どこだよ…。

 

IMG_1839

暑い…

 

IMG_1842

↑ヤリ

 

IMG_1843

半泣きになりながら歩いてたら突然建物が現れた(゚∀゚)おぉ!

 

10時25分 ヒュッテ大槍に到着。大天荘からの所要時間4時間51分。

 

IMG_1844

早速コーラ飲む( ^ω^ )グビグビグビ げふぅ←

 

ランチ営業と宿泊の受付は11時からということで

俺の前後に到着した人たちは大体「今のうちに槍の穂先まで行っちゃおう!」

って元気に出発していった。

 

俺はもうしんどいし早く飯も食べたいから11時まで小屋で待機することにした(弱)

 

つづく


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

2泊3日で表銀座縦走4 ヒュッテ大槍でつけ麺食べた後、ついに槍の穂先へ向かう

IMG_1848

ヒュッテ大槍にて休憩中。

 

もう槍ヶ岳は目前ですが昼食&宿泊の受付待ちです(・∀・)疲れた←

 

IMG_1846

売店には見覚えのあるウイスキーが(゚∀゚)ラフロイグが置いてあるとはやるなw

何気に全部サントリー系列ですね。

 

IMG_1850

さて、11時になりまして宿泊の受付開始。

すぐにチェックイン手続きを済ませてお部屋へ向かう(・∀・)俺は「東鎌」ルーム

 

IMG_1851

上下二段式で俺は上のスペースでした( ゚ω゚ )下の方が楽で良かったのに(悲)

 

さらにハシゴが真ん中あたりで固定されているので

部屋の真ん中で寝る人以外は夜トイレに行ったりする時に

結構苦労する感じになってます( ゚ω゚ )w

 

IMG_1852

なんと携帯充電用のコンセントが各部屋に備え付けられています:(;゙゚'ω゚'):すげぇ

 

IMG_1855

驚愕のリセッシュまで置いてあります:(;゙゚'ω゚'):ドーミーインかな?w

 

IMG_1854

これから穂先へ向かう人のためにレンタルヘルメットも用意されてます。

結構借りてる人がいました(・∀・)商売繁盛w

 

俺は借りませんでしたけど( ^ω^ )←

 

IMG_1859

食堂へ移動。

 

IMG_1866

ヒュッテ大槍のランチメニュー

醤油ラーメン とんこつラーメン つけ麺 カレーライス ミニチャーシュー丼

 

IMG_1861

ヒュッテ大槍名物らしい「つけ麺」をいただきます( ^ω^ )うほー!

 

IMG_1862

下界で食べるのと遜色ない激ウマつけ麺です:(;゙゚'ω゚'):最高やんけ!

むしろ山でこれ食べて1000円は安すぎやろ!

 

IMG_1863

食堂の窓からの景色もいいしかなり気持ちが緩んできました( ^ω^ )もう穂先は明日でもいいかな←

 

IMG_1868

まぁ、せっかく早く着いたんだし明日の朝登って穂先が渋滞してたら嫌なんで

気合入れてなんとか外に出ましたよ( ^ω^ )w

 

ご覧の通りヒュッテ大槍からの槍ヶ岳の眺めは素晴らしいものがあります(゚∀゚)

槍の一番近くにある槍ヶ岳山荘だと近すぎて眺めとしてはイマイチらしいです。

 

IMG_1869

アタックザック持ってきてないのでポケットにペットボトル1本だけ入れて

ヘルメットも被らずに出発(あほ)

 

IMG_1870

 

IMG_1871

 

IMG_1872

もう槍ヶ岳は目と鼻の先だし楽勝っすな( ^ω^ )

って思ってたんですが結構な岩場でやや緊張感があります。

 

実際、この辺で滑落事故もあったりするようです:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_1873

空の青さが素晴らしい( ^ω^ )

 

そしてこんなに尖ってる山見るの初めてだ(・∀・)ザ・やま(謎)

 

IMG_1874

岩場の下の方には殺生ヒュッテって山小屋もあります。

 

ヒュッテ大槍はテント場がないけど殺生ヒュッテと槍ヶ岳山荘はテント場ありだそうで

こちらの方が空いてるらしいです。

 

IMG_1875

今朝見た時はあれほど果てしなかった槍ヶ岳が確実に近付いてきます( ^ω^ )

 

IMG_1876

あと500mのカウントダウン表示。

 

IMG_1878

 

IMG_1880

 

IMG_1882

岩場をガンガン登りますがさっきまでと違い空身だし

つけ麺休憩したのでスイスイ進める( ^ω^ )

 

IMG_1883

あとはガレ場を歩いて

 

IMG_1887

槍ヶ岳山荘前に到着\(^o^)/人多すぎwww

 

IMG_1886

テント凄いとこに張ってますね( ゚ω゚ )

 

IMG_1888

さぁ、ついに槍の穂先が眼前に…。

 

なんかイメージとして槍の穂先っていつも混雑して行列みたいなのが

出来てるのかと思ってたけど今はそんなに人いない(・∀・)

 

ちょっと心の準備をしてから登ろうと思っていたが

今がチャンス!(`・ω・´)速攻でいくぜ

 

IMG_1889

槍ヶ岳頂上 0.2km( ^ω^ )近いw

 

IMG_1891

早速取り付きますが、なにこれ岩の壁じゃねえか:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_1892

ちょっと前に登りました劔岳の別山尾根を思い出しつつ登ります。

 

ネットを見てるとよく「劔岳と槍ヶ岳だとどっちが難易度高いですか?」ってのがあるんですが

劔の方がコース長いからその分だけ劔岳っていう程度でどっちも怖いです!(役に立たない情報)

 

IMG_1892

こういう所を登る時はいつも今登っている恐怖感と共に

「下る時も怖いだろこれ…」っていう恐怖感もセットになりながら登ってます(謎)

 

IMG_1895

前の単独兄ちゃん?が俺以上に岩場慣れしてない感じだったので

焦らせないように距離を開けつつ進みます( ^ω^ )着実に登り給え(ジェントルメン)

 

って思ってたら後ろのオッサンがガンガン距離を詰めてきた:(;゙゚'ω゚'):

別にいいけどハシゴを同時に登るのはやめろや。

 

IMG_1898

登りと下りのルートが分かれてるんですが

一部共用のポイントがあったりなんかして譲り合いの精神。

 

IMG_1899

メインディッシュの山頂直下のハシゴです:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_1900

ラストの垂直ハシゴ ここを登りきると

 

IMG_1904

槍ヶ岳山頂(標高3180m)に到着(・∀・)何気に初の3000m峰かな

ずっと2999mの劔岳で絶妙に寸止めしてたw

 

IMG_1902

登った瞬間、狭い山頂に人だらけで「うわぁ…」って思いました←

 

しかも写真撮影のやり合い?でひとつのグループが「このカメラで撮ってもらっていいスか?www」

「あw今度はこのスマホでwww」「あ、じゃあ今度は私のカメラでwwww」

とかやっててヒドイことになってた\(^o^)/

 

IMG_1901

 

IMG_1903

気を取り直して山頂からの景色を楽しもう(・∀・)あれが槍ヶ岳山荘

 

IMG_1906

なんかの山(・∀・)←

 

IMG_1910

山頂は人でごちゃごちゃしてるし後続の人が次々と登ってきてるので

景色もそこそこにして下山することにしました。

 

IMG_1911

のんびりしてるとハシゴを下る勇気がなくなりそうだったのもある( ゚ω゚ )←

 

IMG_1913

しかし怖かったのは下り始めのハシゴだけで後はルートが見えてるから

登りの時よりも怖さはなかった(・∀・)下りあるある

 

さらに前を行っていたおっさんトリオが凄まじくゆっくりかつ危なっかしい感じだったので

めっちゃじっくり下ることができた( ゚ω゚ )道譲ってよ←

 

IMG_1917

後ろからガンガン迫ってくる人がいたので譲ったけど

おっさんらは頑として譲らず渋滞発生の図( ^ω^ )w

 

まぁ安全に下りてくれたら良いんだけど

先を行っていた若者に

「あんたらが道譲ってばかりだから渋滞出来てんだぞ~w」

とか言い出す始末( ゚ω゚ )なんて素敵な奴らなんだ…

 

IMG_1924

槍ヶ岳山荘前に帰還。山荘から行って帰ってで50分ほどでした。

 

IMG_1925

 

IMG_1926

 

IMG_1928

人が増えてきたっぽいですね…(・∀・)すぐ登っておいて良かったw

 

IMG_1936

山荘前は記念撮影スポットと化しているようで至るとこで「あ、写真撮ってもらっていいですか?」

ってな声が聞こえてきて俺もビール持ったオッサンに

「撮ってもらっていい?ビールと槍!www

あ、バッテリーないけど1枚くらいなら撮れるからwwwビール!」

とか意味の分からん事言われながら撮影させられたので

恐ろしくなってすぐにヒュッテ大槍に逃げ帰ることにしました←

 

IMG_1937

さらば槍(・∀・)

 

IMG_1944

 

IMG_1945

言われていた通り槍は近くで見るよりちょっと離れて見るほうが槍っぽいな(・∀・)

 

IMG_1962

ヒュッテ大槍が見えてきた。

 

下りだから楽々だぜ!ってホイホイ歩いてたら浮石踏んで結構危ない瞬間があった(油断禁物)

 

IMG_1964

ヒュッテ大槍に帰還\(^o^)/本日の行動終了!

 

大天荘5:34→6:28大天井ヒュッテ6:29→6:57ビックリ平6:59→8:26ヒュッテ西岳8:40→

10:25ヒュッテ大槍11:51→12:21槍ヶ岳山荘12:24→12:39槍ヶ岳山頂12:50→

13:13槍ヶ岳山荘13:20→13:57ヒュッテ大槍

 

IMG_1969

謎のとり( ^ω^ )スズメ…じゃないよねw

 

IMG_1973

部屋で少し休憩してからまた外に出てベンチに座ってぼーっと槍を眺める(・∀・)

 

15時を過ぎると上高地の方から続々と人がやってきた( ゚ω゚ )

上高地から登ってくる槍沢コースってのが一番人気のようだが

結構なロングコースなのでこれくらいの時間になるらしい。

 

IMG_1983

17時になりまして夕食タイムです。

 

IMG_1984

通常の食事プラス大皿にペペロンチーノが(・∀・)

 

IMG_1985

白ワインも付いててオサレな夕食です( ^ω^ )チーズとクラッカーもあったよ

このヒュッテ大槍も昨日の大天荘と同じく燕山荘グループなので

食事は間違いないと思っていたが予想以上のオサレ感w

 

食後は素敵な夕日を期待しよう!って思ってたら外が白くなってきた( ゚ω゚ )!?

 

IMG_1986

食事を終えて外に出てみると( ゚ω゚ )槍が全く見えない(涙目)

 

だが、いきなりガスったようにしばらく待ってると

突然ガスが消えたりするもんだ( ゚ω゚ )

と粘ってみる…

 

IMG_1996

そしたら10分ほどで本当にガス消えた(゚∀゚)おっしゃーw

 

IMG_2002

けど雲は多めで結局夕焼けを見ることは出来なかった(´;ω;`)昨日と一緒じゃねえか

 

IMG_2004

寝床に戻りますと布団1枚につき1人のスペースは確保できたようだ。

他の部屋ももれなく埋まっていたが大混雑というほどではなさそう。

 

隣になった兄さんは珍しく関西人(・∀・)奈良の人でした

そして「この人はイビキ大丈夫な気がする」と思った(イビキ診断士)

 

IMG_2005

しばらく兄さんと山トークした後、星を見に外に出てみる(゚∀゚)おぉ!

 

IMG_2010

これは素晴らしい( ^ω^ )昨日よりもキレイだ

 

IMG_2013

 

IMG_2022

寒かったけど30分近く星空を堪能した(・∀・)

 

IMG_2027

部屋に戻って何となくスマホのヘルスケアデータを見てみたら

「お前なまけてんな?もっと運動しろや!」って言われました( ^ω^ )殺す気か

 

IMG_2025

 

IMG_2026

本日の歩数28325歩 距離19.8km 消費カロリー598kcal

 

つづく


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

しゃけ

Author:しゃけ
散歩好きが高じて旅行や山登りに行くようになったオッサン

旅行ブログって書いてるけど近所プラプラしてるだけであんま旅行してない

ツイッター @syaketr

 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
オッサンのぼやき
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキング
メールフォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
宿らん
札幌エクセルホテル東急
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村