剱岳 別山尾根ルートチャレンジ まずは室堂から剱沢小屋へ向かう

毎年恒例となってきた7月海の日連休での剱岳登山。

 

しかし、いつも天気が微妙( ゚ω゚ )w

 

一昨年は台風が直撃してJRが運休。

昨年は天気悪すぎて連休の翌週に振替。

 

そして今年も明らかに週末の天気が悪い\(^o^)/

こうなったら「彼」にお願いするしかあるまい…

 

IMG_9615

そうです!てるてる坊主の「てるお」兄貴です!(誰も覚えてない)

 

「今週末に山行きますんでどうか宜しくお願い致します:(;゙゚'ω゚'):」

って祈願したら雨風強い予報だったのが翌日には曇り程度に回復した( ゚ω゚ )マジかw

 

IMG_9618

一時期は本当に電車や宿のキャンセルも検討してたほどの予報だったが

てるお兄貴のおかげで無事決行(・∀・)始発のサンダーバードで富山へ向かいます

 

IMG_9620

富山駅前に到着( ^ω^ )久しぶり!

 

IMG_9621

すぐに富山地方鉄道に乗り換えて目指すは立山駅。

 

これまではいつも上市駅からの早月尾根ルートだったんですが

今回は初となる立山からの別山尾根ルートです。

 

当初の予定では早月尾根から登って別山尾根で下山のつもりだったが

宿泊を予定していた早月小屋の営業がこの翌日からで

「テント背負って別山尾根は危険過ぎる…そもそもしんどい(弱)」

ってことで別山尾根往復の登山計画となりました。

 

剱岳の別山尾根ルートは岩と鎖場だらけで恐ろしいし

人気ルートで人も多いから絶対に行くことはねえな。

ってずっと思ってたのにどうしてこうなった…。

 

IMG_9623

そんなことを思いながら電車に揺られつつおにぎり食う。

 

IMG_9625

富山地方鉄道は渋い木造駅舎が多くて車窓からの風景が素敵です(・∀・)

 

IMG_9628

今日はかなり天気が良さそうだな( ^ω^ )問題は明日ですが

 

IMG_9630

一時間ちょいで立山駅に到着。

 

ここ最近、最高気温が35度をオーバーしようかという世の中で

室堂の気温は驚きの15.9度(゚∀゚)極楽じゃ!

 

室堂へ向けてまずはケーブルカーに乗ります。

 

IMG_9631

室堂までは観光客と登山客が入り混じってなかなかの混雑感です。

 

IMG_9633

ケーブルカー乗車(・∀・)繁忙期は1時間待ちとかあるみたいで怯えてたけど今日はすんなり

 

IMG_9634

立山駅から美女平駅に移動。

続いてバスに乗りますがここも結構な列。

 

しかし、バスは増便があるだろうから大丈夫だぜ!

と余裕の態度で近くの売店で水買ったりトイレ行ったりしてた。

 

IMG_9635

予想通り出てた増便のバスに乗りまして室堂到着。

立山駅から室堂の所要時間はスムーズに行けば1時間ちょいってとこですな。

 

IMG_9636

座ってただけなのにすでに標高2450m( ^ω^ )w

 

標高700mくらいから登り始める早月尾根とはエライ違いですな。

 

そんなわけで俺は以前から別山尾根ルートを

「岩場の技術はいるけど体力的には結構楽なコースである」と思っていた。

 

それはとんでもない間違いだったんですけどね←

 

IMG_9637

まずは登山届を書く。

 

書いたら近くにいる係のおっちゃんが内容を確認するという念の入れ方です。

 

「うんうん…別山尾根ルートですね? ん?

明日は11時間くらいかかる行程だけど大丈夫ですか?」

 

俺「はい、大丈夫です!(えっ、そんなにかかるの?)」

 

IMG_9642

一抹の不安を覚えつつも登山届を提出←

 

昼からはずっと曇りなんですね…( ゚ω゚ )

 

IMG_9643

外に出てみる( ゚ω゚ )結構ガスってんね

 

外に出ようとした時、出口がよく分からなくて間違った方向へ

自信満々に歩いていったのは秘密だ(早速の迷子力)

 

IMG_9645

剱岳(上級者)( ^ω^ )ヤバいかもしれん←

 

室堂からは剱岳だけではなく立山三山の縦走なんかも楽しめたりします。

 

IMG_9646

立山玉殿の湧水( ゚ω゚ )こんなのあるんだ

 

IMG_9647

めちゃくちゃ冷たくてうめぇ!売店で水買わなくて良かったじゃねえか!!!(涙目)

 

IMG_0256

しかも買った水ってモロにここの水じゃねえか!!!(´;ω;`)160円かえして(あほ)

 

IMG_9651

ガスガスで景色も楽しめず、ちょっと泣きそうになりながらスタートします。

 

IMG_9652

みくりが池(・∀・)

 

IMG_9659

バスから降りたら結構寒かったんで上着を装着したんですが

歩き始めたらすぐ暑くなってきたので下界と変わらない半袖スタイルに戻す。

 

まずは雷鳥沢ってとこに向かえばいいみたいだが道合ってるかな←

 

IMG_9661

石畳が歩きにくい(いきなり愚痴る奴)

 

IMG_9662

 

IMG_9664

有毒ガス:(;゙゚'ω゚'):

 

さっきから温泉的な香りが強くなってきてるが

どれくらいでヤバくなるのかが分からない…

 

この辺から観光客らしき人の姿は見なくなった。

 

IMG_9668

モリモリ進みます。

 

IMG_9669

何気にしんどいですね…(まだ観光エリアです)

 

IMG_9671

 

IMG_9673

テントが見える(・∀・)あそこが雷鳥沢のキャンプ場かな

 

IMG_9676

一旦下ります。

 

IMG_9677

げっ( ゚ω゚ )雪が…

 

バランスが悪いのか何なのか俺はこういう所で無駄にスリップするので

雪渓とかが大嫌いです( ^ω^ )早月尾根でもコケちゃいました

 

今年は雪解けがかなり遅くて先週くらいまでは

「剱岳はまだピッケルと12本爪のアイゼンが必要な上級者向けのコースになっています」

って山小屋のブログとかで書いてたくらいなのでここから先も苦戦しそうです。

 

IMG_9678

これより予想される厳しい闘いに備えてアミノバイタルプロを補給しておきますが

手が震えてたのか写真ブレてる(怯)

 

IMG_9682

ぐぬぬ…

 

「別山尾根は岩場ルートだからストックなんか持ってきたら邪魔になるだけだぜ!」

って思って何も持ってこなかったが失敗でした\(^o^)/完全な準備不足

食べ物の心配しかしてなかった(あほ)

 

IMG_9685

靴に雪が入ったりしつつ何とかキャンプ場まで下ってきました( ゚ω゚ )もうしんどい←

 

IMG_9686

そういえば下ってきたのはいいけど、ここからどっちに進むんだろう(・∀・)

 

眼前には雄大な山々が連なるばかり…

 

IMG_9687

えっ、これ登るの( ゚ω゚ )

 

IMG_9689

半分以上雪に覆われてるんですけど登れるんですかね…

等と思いながらちょっと怖い橋を渡る。

 

IMG_9693

やっぱりこういうとこを登るんですね…\(^o^)/確実に滑るw

 

キックステップを駆使して着実に進みます。

 

IMG_9694

景色が広大過ぎてあんまり進んだ感じがしない( ゚ω゚ )ひーひーふー

 

IMG_9695

ひたすら黙々と雪を蹴る。

 

ストック持って来ればよかった(うるさい)

 

IMG_9696

おっ(゚∀゚)雪渓終わりかな!

 

IMG_9698

おっしゃー!( ^ω^ )ここからペースアップですな!

 

IMG_9699

また長々と伸びる雪渓が( ゚ω゚ )←

 

IMG_9700

ヘコみながらヘコんだとろろ昆布おにぎり食ってエネルギー補給。

 

IMG_9701

 

IMG_9703

夏道?と雪渓を交互に進む感じになってきた。

 

IMG_9709

かなりガスが濃くなってきたな。

 

IMG_9714

 

IMG_9715

傾斜がキツくなってきてジグザグに歩くようになる。

 

IMG_9718

 

IMG_9719

雪渓が減ってきて岩岩しさが増してきた。

 

そして風が強くなり寒い:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_9721

 

IMG_9723

果てしないなぁ:(;゙゚'ω゚'):

 

おぉ!(゚∀゚)建物が見えてきた!!!

 

IMG_9724

室堂を出発して1時間半で剱御前小舎に到着。

 

IMG_9726

 

IMG_9727

ここから剱沢の方へ下ります( ゚ω゚ )せっかく登ったのに←

 

IMG_9728

本日の宿泊先である剱沢小屋。

明日、明後日は満員で宿泊できないようだ(゚∀゚)早めの日程で良かった!

 

IMG_9731

一面ガスってて景色も楽しめないしやたらと寒いのでさっさと剱沢へ向かう。

 

IMG_9732

また雪の上を歩くんですね( ^ω^ )もういやだ

 

IMG_9738

ストック持(以下略)

 

IMG_9743

雨降ってきやがった\(^o^)/

 

今日はもうすぐ小屋に着くだろうからいいけど

あんまり降ると明日は濡れた岩場でつるりんちょになるじゃねえか(謎)

 

IMG_9744

 

IMG_9747

剱沢キャンプ場を通過。

 

IMG_9751

 

IMG_9755

あの建物かな(・∀・)

 

IMG_9756

 

IMG_9757

室堂から2時間10分で剱沢小屋に到着(・∀・)雪渓で苦しんだわりには予想より早かった

 

IMG_9760

お部屋にイン 上下に分かれてるタイプで下のエリアを指定されたが

布団の場所は自由に選べた。

 

IMG_9761

チェックインの際に小屋番さんがめっちゃ詳しくコースの状況を教えてくれた(・∀・)

 

登山道に雪が多かったけどこの三連休に向けて整備してくれたので

ほぼ夏山ルートになってるそうだが要注意ポイントはいくつかあるので気をつけてねってことだった。

 

IMG_9763

明日は早朝出発になる予定なのでコースを確認しておく。

 

IMG_9764

まずは小屋の裏を回って雪渓歩いて剣山荘に行くらしいが…( ゚ω゚ )

 

IMG_9765

道っぽいのがあるけどあんなとこ歩くのか( ゚ω゚ )朝っぱらからアレは嫌だな(弱)

 

ビビっただけでコースチェック終了←

 

IMG_9762

夕食まで時間があるので館内散策(・∀・)トイレはまさかの水洗

 

IMG_9767

 

IMG_9768

談話室にはテレビもあり(゚∀゚)

 

IMG_9769

なんとシャワー室もあります( ゚ω゚ )すげぇ!

 

IMG_9770

汗を流す程度ですがこんな山奥でホットなシャワーが使えるなんて

どんな謎のテクノロジーなんだよ!(歓喜)

 

IMG_9772

ねずみホイホイ( ゚ω゚ )出るの?

怖いから中身は見ませんでしたけど。

 

IMG_9774

再び外に出てみたらガスが晴れてた(゚∀゚)うほー

 

IMG_9775

素晴らしい( ^ω^ )

 

IMG_9779

17時過ぎに夕食タイム(・∀・)富山ポークうめぇ!

 

IMG_9780

明日の天気をチェック( ^ω^ )登ってる頃はちょうど晴れ予報!

 

まぁ立山町の天気なんで山の方はどうなるか分かりませんけどね。

 

IMG_9787

夕食時間を過ぎても下段フロアには俺を含め2人しかいなくて

お互いに「もう人来ないですよね!やったー!」って言ってた(・∀・)w

 

上段には3名ほどいるようだが昼寝しててもイビキが聞こえなかったし

今回は今まで一番静かな相部屋になるかもしれんな( ^ω^ )

 

一応耳栓を用意しつつ21時の消灯時間まで本とか読んだ後、就寝。

 

IMG_9785

 

IMG_9786

本日の歩数16418歩 距離11.4km 消費カロリー415kcal

 

つづく


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

剱岳 別山尾根ルートチャレンジ2 いきなり遭難しそうになりつつカニのたてばいに挑戦

IMG_9788

オッス!オラ、マネケンワッフル!(謎)

 

3時45分起床。

同じ部屋だった人はみんな朝食を食べてから出発するようなので

俺だけコソコソと廊下でワッフル食べながら準備する。

 

IMG_9790

ヘルメットにヘッドライトを装着。

 

今までヘッドライトって山小屋で夜中にトイレ行く時にしか使った事なかったので

数年の時を経て初使用です(感動)

 

IMG_9793

外に出てみるとすでにそこそこ明るい。

 

そして何より天気が良さそう!(゚∀゚)てるお兄貴ありがとうw

 

IMG_9792

剣山荘方面を見てみるとヘッドライトの明かりがチラホラ。

 

別山尾根ルートは人が多くて鎖場ですぐに渋滞が発生すると散々見聞きしていたので

早めに出発しておきたかったのだがみんな考えることは同じだな(・∀・)

 

IMG_9796

軽く準備運動して4時5分に剱沢小屋前からスタート!

 

IMG_9799

今日は気合を入れてアミノバイタル ゴールドを補給しておきます( ^ω^ )w

 

IMG_9800

気合を入れたはずでしたが雪渓が一部凍結してて恐ろしい:(;゙゚'ω゚'):←

 

IMG_9801

へっぴり腰で「早く雪渓終われ雪渓オワレ…」って唱えながら歩いてると

剣山荘が見えてきた。

 

IMG_9804

25分くらいで剣山荘前( ゚ω゚ )結構距離ありますね(雪渓でビビってただけ)

 

IMG_9806

剣山荘の裏手からついに登山が始まります。

 

まず目指すは一服剱!

 

IMG_9808

しかし、また雪です\(^o^)/

 

IMG_9809

遠目から見た時に「アレは怖すぎるだろ…」って思ってたんですが

階段がしっかりと刻まれておりそこそこ歩きやすい( ゚ω゚ )でも怖い(弱)

 

IMG_9810

そして剱岳名物の鎖が登場(・∀・)おぉ~

 

IMG_9811

少し進むと2番目鎖場。まだこの辺は鎖に頼るようなとこではない。

 

IMG_9812

 

IMG_9815

雪渓がなくなりほっとしながら岩場を登っていきますと

 

IMG_9816

ちょっとしたピークに到達(・∀・)ここが一服剱かな、みんな一服してるしw

そんなわけで一服剱(標高2618m)に到着。

 

そして向こうに見えるのが前剱ってヤツだろうか…( ゚ω゚ )ゴクリ

 

別山尾根と言えば「カニのたてばい」「カニのよこばい」が有名ですが

事故が起こるのはこの一服剱から前剱の間がダントツらしいです。

 

そして俺もこの直後…( ゚ω゚ )←

 

IMG_9819

一旦ずるっと下ります。

 

IMG_9820

そしてすぐに登ります:(;゙゚'ω゚'):下らせんなや!(定番の愚痴)

 

IMG_9822

ひーひーふー(´・ω・`)

 

IMG_9823

危険ポイントに突入です。

 

先に行ってた人を一服剱で抜いたんで落石を食らう心配は少ないが

俺が石を落としてしまう可能性があるのでそれはそれで緊張する( ゚ω゚ )

 

IMG_9824

こんな感じで浮石だらけですからね…

 

しかし、後続の人々が結構早くてジリジリ距離が詰まってきてる気がする:(;゙゚'ω゚'):来んな←

これで焦ったのかただ単にアホだったのか俺は重大な間違いを犯す(多分後者)

 

IMG_9827

うおー!かなり険しくなってきたな(・∀・)この辺こそ鎖いるだろ!

 

って思ってたら何か違和感…( ゚ω゚ )

 

こっちで合ってるんだろうか( ゚ω゚ )←

 

IMG_9828

あれ?さっきまで後ろにいた人が変なとこ登ってる( ゚ω゚ )

 

( ゚ω゚ )…

 

 

 

変なとこ登ってるの俺?:(;゙゚'ω゚'):

 

道を間違えた時はすぐに元きた道へ戻るのが登山の鉄則!

と言っても無理やりグイグイ登ったので下ろうとすると逆に危なそう:(;゙゚'ω゚'):ひぎぃ

 

上を見上げると凄まじくガレガレで急傾斜ですが登るほうが技術はいらないはず!

正規の登山道を歩いてる人の姿は見えてるんだからこのまま登るぞ!!!!!:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_9832

まさしく必死かつ慎重に登っていき○印の付いた正規ルートに復帰(´;ω;`)助かった…

気付けば必死過ぎて指から出血してた\(^o^)/

 

一服剱で抜いた人は「あのオッサンどこ行ってんねん、終わったなw」って思っただろうな。

 

こんなもんガスってたり、ましてや雨なんか降ってる時に突撃したら本当に天に召されてたな:(;゙゚'ω゚'):

ヤバそうなルートでも「さすがは剱岳さんやな!」って思考停止してしまうから恐ろしい(あほ)

良い子のみんなはちゃんと印を確認して登ろうね!

普通はあんなとこで道間違えないだろうけどね←

 

IMG_9833

素敵な景色を眺めて心を鎮める( ゚ω゚ )

 

IMG_9834

再スタート。

 

IMG_9835

大岩の横を鎖使って通過します。

 

IMG_9837

この辺からかなり岩登り感が出てきました\(^o^)/ファイト一発感とも言う

 

IMG_9839

4番目鎖場。

 

IMG_9840

おぉ…

 

IMG_9843

浮石に注意しつつ登って

 

IMG_9844

前剱頂上(標高2813m)に到着。

剱沢小屋からの所要時間は1時間半弱(・∀・)

 

IMG_9845

ついに剱岳さんの姿が見えてきましたよ(゚∀゚)

 

IMG_9846

神々しいチョコレートYOKAN食う。

 

IMG_9847

 

IMG_9848

すでに結構な標高なので素敵な眺めが楽しめます( ^ω^ )

 

IMG_9849

ちょっと休憩して再スタート。

 

IMG_9851

前剱から先は登り専用ルートと下り専用ルートに分かれてるポイントがいくつかあります。

 

IMG_9852

矢印に従って進むが鎖がないところのトラバースは結構怖い…。

 

IMG_9853

浮石注意。この下に下山路があるので石を落とさないように注意してください。って書いてる:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_9854

慎重に通過していくとその先には…

 

IMG_9855

ん?( ゚ω゚ )

 

IMG_9856

何この橋:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_9857

そしてこの断崖絶壁は…\(^o^)/終わった

 

IMG_9858

めちゃくちゃビビりながら橋を渡り5番目の鎖場:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_9859

遠目で見るよりはちゃんと足場もあるので怖くないけど怖いです(パニック)

 

IMG_9861

 

IMG_9862

また一気に下ります。

 

わりとアップダウン激しいですね…。

 

IMG_9863

6番目鎖場。

 

IMG_9864

下りの鎖場は少しテクがいりますね( ゚ω゚ )

 

IMG_9865

そんで下りきったらまたすぐに見上げるような角度の登りです:(;゙゚'ω゚'):←

 

IMG_9866

ひーひーふー:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_9868

 

IMG_9870

左側に進む(・∀・)

 

IMG_9871

結構テクニカルな感じですね…。

 

この辺で俺の心は少し折れそうになっていた(弱)

 

IMG_9872

登れなさそうな岩肌に鎖がグネグネと伝っています( ゚ω゚ )

 

IMG_9873

7番目鎖場 「平蔵の頭」ってポイントらしい。

 

IMG_9874

垂直登りになりボルトをステップにしていくようになってきた\(^o^)/ワイルドアスレチックwww

 

IMG_9875

天を仰ぎつつ攀じ登ります:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_9876

登りきった瞬間に急角度の下りが始まります\(^o^)/うひひひひh(壊)

 

IMG_9877

 

IMG_9878

8番目鎖場。

 

IMG_9880

ん?向こうの岩でなんか動いてる( ゚ω゚ )

 

IMG_9881

あれが超有名なカニのたてばいっすかね…( ゚ω゚ )壁ですやん

 

IMG_9884

ビッグ雪渓。

 

IMG_9885

岩に「←頂上」って書いてるけどこれ以上進めねえぞ:(;゙゚'ω゚'):なんじゃこりゃ~挟まった

 

まさか…忍びの者みたいに壁と雪渓を手足で突っ張って登るんか!

テクニカル過ぎるやろ!!!

 

IMG_9886

あ、雪渓の上歩いて行くんですね←

 

でも崩壊しそうでちょっと怖いじゃねえか。

 

IMG_9888

そして…

 

IMG_9889

ついに来ました\(^o^)/9番目鎖場 「カニのたてばい」

 

IMG_9893

人が多い時は前の人が登るまで待ってないといけないが

本日は前後に人がいないという最高の状態でしたので早速登る。

 

ここもステップ用に鉄の棒が出てますのでそれを足掛かりにします。

 

IMG_9895

人がいないので少し登ったとこで下を撮影したりと自由です(・∀・)←

 

IMG_9896

 

IMG_9899

かなりの急角度なんでしんどい:(;゙゚'ω゚'):そしてやはり緊張感があります

 

さすがに迫力満点の登りでしたが怖いのでさっさと登ったから

よく分かる写真がありません( ^ω^ )w

 

IMG_9900

鎖場が終わってもガレガレの急登が続くのでしんどい(ここまでに何度しんどいと言っただろうか)

 

IMG_9901

ハァハァ…( ゚ω゚ )見覚えのある風景が…

 

IMG_9903

6時37分 剱岳山頂(2999m)に到着\(^o^)/落ちずに辿り着いたw

 

剱沢小屋からのタイム2時間半ちょっと。

早月小屋から山頂までのタイムと変わらんが緊張感はこちらの方が圧倒的に上でした…。

 

IMG_9905

 

IMG_9907

1年ぶりの景色を楽しもうかと思ったがグッドタイミングでガスってますね…・

風が結構強いからしばらくしたらクリアになるかな。

 

とりあえずおやつタイムにしよう(・∀・)ガサガサ

 

IMG_9908

!?

 

IMG_9909

ねるねるねるねはヘッヘッヘ( ^ω^ )

 

IMG_9910

練れば練るほど色が変わって…

 

手に汗握るシーンで次回へ続く!


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

剱岳 別山尾根ルートチャレンジ3 カニのよこばいをクリアした後、ひーひー言いながら室堂へ戻る

IMG_9911

美味い!(゚∀゚)テーレッテレー! ネッテオイシイネルネルネールネ!

「剱岳 別山尾根ルート 無酸素単独ねるねるねるね登山」に成功した瞬間であった(きがくるっとる)

 

前回の続きから見た人じゃないと何のことか全然分からないよね!(見てても分からん)

 

IMG_9912

ねるねるねるねやってたらガスが晴れてきた(゚∀゚)w

 

さらに気付けば山頂には俺しかいない!( ゚ω゚ )こ、これは…

 

やってしまうか?「アレ」を…

登ってきてる人がいないことを確認して…( ゚ω゚ )ゴソゴソ

 

IMG_9916

パシャ(あほ)

 

ねるねるねるねに続いて山頂マスクまでやってしまったぜ(確かな満足)

 

IMG_9923

 

IMG_9925

しばし景色を楽しみまして

 

IMG_9929

結構風が強くて寒いのでそろそろ下山を開始します。

 

IMG_9920

出来ればこちらの早月尾根ルートから下山したい気分ですけどね(弱)

岩がほとんどなく緑に覆われてて平和そう( ゚ω゚ )実際そうなんですけど

 

IMG_9935

こっちの別山尾根ルートはギッザギザの岩と雪で明らかに危なそうですからね( ゚ω゚ )実際そうな(以下略)

 

愚痴りつつも7時6分下山開始。

 

IMG_9937

ちょっと進むとすぐにメインディッシュの登場です V(^o^)V))))))カニのよこばい

 

ここは本当に恐ろしい話を聞くところでして

鎖場に差し掛かると足の置き場所が見えないポイントが登場して

崖っぷちに足を投げ出すような形にしないと足がおけないので怖い。

そんなわけで最初の一歩をなかなか動けない人が続出し、大渋滞することが多い。

 

らしいです( ゚ω゚ )

 

IMG_9938

ここを下った先のトラバースの入り口が件のポイントのようですが:(;゙゚'ω゚'):ゴクリ

 

IMG_9940

これっぽい?( ゚ω゚ )足場見えてるがな

 

鎖を持って足を置いてみる( ゚ω゚ )普通に乗れた←

 

ちゃんとマーキングしてくれてるから簡単なのかな?よく分からん。

短足な俺でも簡単に足置けたどね。

他に足場が見えないとこもなかったような…

 

IMG_9941

俺的には最初の足置きよりもそこから先のトラバースが怖かったです:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_9943

足1足分の幅しかない足場を鎖にしがみついて

まさしくカニのよこばい風にちょこちょこ進みます:(;゙゚'ω゚'):下見たらヤバイ

 

IMG_9945

トラバースが終わったら今度はロングはしごを下ります。

 

ハシゴを覗き込んでたら下から「下りてきていいっすよ」と声がかかる( ゚ω゚ )?

 

IMG_9946

とりあえず下りてみる。

 

IMG_9947

 

IMG_9948

携帯トイレ用の小屋まで下りてみると4人グループがいました。

 

そしてカニのよこばいを登り始めた:(;゙゚'ω゚'):なにしとんねんこいつら

 

下山用ルートなのを知らずにやってるんだろうか。

知っててやってたらタチ悪いなぁ…。

 

IMG_9950

ちょっとモヤモヤしつつ岩場を進む。

 

IMG_9951

11番鎖場通過。

 

IMG_9952

そして12番目鎖場。

 

下りルートなのに力強く描かれている「↑」

 

IMG_9953

めっちゃ登るやん:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_9954

ひーひーふー:(;゙゚'ω゚'):

 

別山尾根ルートの恐ろしいところ「アップダウンが多い」

 

早月尾根みたいに行きはひたすら登るコースだと帰りはひたすら下りで

足の負担はともかく体力的には多少楽になる。

 

しかし別山尾根は行きに「登って下って登る」ので帰りも

「下って登って下る」ような感じになり体力がガンガン削がれる\(^o^)/

 

IMG_9955

そんで下る\(^o^)/

 

IMG_9958

癒やしの稜線(謎)

 

行きにこなしてきたアップダウンを思い返してみて

「あれ?ここから先もめちゃくちゃしんどいんじゃね?」って思うようになる( ゚ω゚ )

 

IMG_9963

またすぐに猛々しい岩場が登場。

 

IMG_9964

下山↑

下山できそうに見えませんが( ゚ω゚ )w

 

IMG_9965

13番目鎖場 前剱の門

 

IMG_9966

岩を攀じ登りながら「本当に俺は下山しているのだろうか」

と思うようになってくる。

 

IMG_9968

 

IMG_9972

おっ(・∀・)行きに見かけた「下に道があるから石を落とさないで下さい」ポイントだな

 

めっちゃ石落ちてる:(;゙゚'ω゚'):早く進もう

 

IMG_9980

多少は戻ってきたかな(・∀・)室堂は向こうのガスを越えた先ですけどw

 

IMG_9983

前剱の大岩を通過。

 

IMG_9984

ガレガレなんで歩きにくくてしんどい( ゚ω゚ )

 

そしてこの辺から登ってくる人とすれ違うことが多くなる。

 

そこであることに気付いた( ゚ω゚ )!!!

 

みんな大きい荷物はデポしてアタックザックで登ってるな…

通常ザックで登ってるのは2割いるかな?ってくらい( ゚ω゚ )俺も含め←

 

剱沢小屋でもチェックインの際に「デポする荷物はここの棚に置いてください」

とデポが当然のような説明だったが俺はあんまりそういう事したことがなかったので

そのまま全部背負ってきてしまった…:(;゙゚'ω゚'):

 

早月尾根へ抜けるわけじゃないんだから俺も荷物置いてくれば…

いや、アタックザック持ってきてないからどっちみち無理か(あほ)

 

IMG_9987

ストックだったりアタックザックだったり「持ってくれば良かった」的なものが多いですなぁ。

あ、雪渓歩く時に軽く目が焼けたからサングラスも欲しかった←

 

等と反省しながら歩いてますと( ゚ω゚ )ここは…

 

恐怖の道迷いポイント:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_9989

こっちに直進したんだよなぁ…

 

IMG_9991

普通に←って矢印書いてあるんだよなぁ…なんで右行った(恐るべきあほ)

 

IMG_9992

今度来る時は間違えないZO!と思いながら下山するしゃけ太郎であった←

 

IMG_9993

あのピークは一服剱だな( ゚ω゚ )って、また登り返すのかよ(弱)

 

思えばかなり天気がいいんですけどそのせいで暑すぎて結構バテてた。

 

IMG_9995

ぬおおおおおおお:(;゙゚'ω゚'):喉乾いた

 

IMG_9997

一服剱に到着:(;゙゚'ω゚'):一服どころか二服剱ですね…(謎)

 

へたり込んで水をがぶ飲み。

 

IMG_9998

ようやく眼下に剣山荘が見えてきた。

 

IMG_0012

 

IMG_0014

サクっと下って剣山荘前に到着(・∀・)危険ゾーンはほぼ終了

 

IMG_0017

そういえばここから先は雪渓まみれでしたね…

 

微妙に重たい思いして持ってきたんだから使おうじゃないか!

ということでモンベルのスノースパイク 10を使用する。

 

IMG_0018

フハハハハ( ^ω^ )快適じゃー!!!

 

って思ったけど日が昇ってきて雪が腐ってきてるので

あんまりアイゼンの刃がきいてる気がしない( ゚ω゚ )気休め的な?←

 

IMG_0025

そんな事もありながらようやく剱沢小屋まで戻ってきましたよ。

現在時刻は9時24分 小屋から出発して戻ってくるまでのタイム5時間20分ほど。

 

出発前は鎖場とかでの渋滞が心配だったけど予想以上に人がいなくて

かなりスムーズに行けましたな(・∀・)

 

IMG_0026

剱沢小屋からの景色を楽しんで

 

IMG_0027

別山乗越へ向けてのロング雪渓登りを開始する( ゚ω゚ )果てしない…

 

IMG_0032

少し登った所で振り返ってみる(・∀・)いい眺めだ!と言いつつ休憩w

 

IMG_0034

ちょいちょい休憩を挟みながら黙々と雪渓登る。

 

IMG_0037

なんとか剱御前小舎に到着( ゚ω゚ )ハァハァ

 

IMG_0040

なっちゃんと麦茶買う。2本で1000円(・∀・)w

 

IMG_0045

しばらく休憩してムロドウへ向かいます。

 

IMG_0047

おぉ!室堂側もいい眺めだなぁ(・∀・)昨日はガスってて何も見えんかったからね

 

IMG_0050

今日が三連休初日ということもあり登ってくる人がドンドン増えてきます。

 

明日の剱岳は確実に渋滞するだろうなぁ(・∀・)良かった!←

 

IMG_0054

ちょっと多すぎですね…( ゚ω゚ )なかなか下れない

 

IMG_0056

雪渓下りゾーンに突入。

 

IMG_0059

 

IMG_0060

○×どっちやねん( ^ω^ )w

 

IMG_0063

雪渓の下りは楽でいいなぁ( ^ω^ )

 

IMG_0072

 

IMG_0073

雷鳥沢キャンプ場に到着。ここも昨日と比べるとかなり人が多いです。

 

IMG_0074

先程下ってきた方面(・∀・)昨日は「これ登るの?」って絶望したなw

 

IMG_0075

そして今からこっち登ります(絶望)

 

IMG_0078

ここまでですでに弱っている俺としてはかなり辛いものがあります:(;゙゚'ω゚'):ひーひーふー

 

IMG_0083

まだ登るんかい(半ギレ)

 

IMG_0085

登りきって雷鳥荘前まで戻ってきました( ゚ω゚ )もう厳しい登りはないだろう…

 

IMG_0089

ベンチがありましたので荷物下ろして雷鳥沢方面の眺めを堪能。

 

IMG_0084

別山乗越へ向かって雷鳥坂を登ってる人々( ^ω^ )遠くから見ると凄いとこ登ってる感があるねw

 

IMG_0091

室堂へ向けて再スタート。ここから先は整備された道になります。

 

IMG_0090

地獄谷付近なので温泉っぽい香りが濃厚になります。

雪渓も何か黄ばんでる?ような…(・∀・)俺の枕カバーもあんな色です(言うな)

 

IMG_0097

観光客の姿が激増しました。

 

IMG_0099

みくりが池温泉。

 

日帰り入浴やってるので帰りに時間があればここに行く予定だったんですが

人がうじゃうじゃいたので嫌になって回避(・∀・)w

 

IMG_0102

ちょいちょい登りがあるのでしんどいですね…(弱すぎ)

 

観光客のオッサンと熾烈なデッドヒートを繰り広げてゆきます←

 

IMG_0105

そして…

 

IMG_0106

12時1分 室堂に到着\(^o^)/滑落遭難せずに戻ってこれた!(危なかったけどね)

 

剱沢小屋(4:06)→(6:37)剱岳(7:06)→(9:24)剱沢小屋(9:25)→(12:01)室堂

 

剱岳山頂からの下山コースタイム5時間。

剱沢小屋から剱岳登って室堂までが8時間ってとこですな(・∀・)

 

鎖場などの危険箇所では人がほとんどいなくて渋滞が一切なかったのが良かったな。

天気も良かったしね( ^ω^ )暑かったけどw

 

IMG_0108

思ったより早く着いたのはいいんだけど帰りはケーブルカーとかじゃなく

富山駅まで直通のバスを予約しており時間が15時発なので

それまで何しようか考えながらつづく


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

しゃけ

Author:しゃけ
散歩好きが高じて旅行や山登りに行くようになったオッサン

旅行ブログって書いてるけど近所プラプラしてるだけであんま旅行してない

ツイッター @syaketr
登山専用ブログはじめました
ふらふら登山ブログ

 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
オッサンのぼやき
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキング
メールフォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
宿らん
札幌エクセルホテル東急
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村