冬の西穂高独標チャレンジ4 独標からの眺めを楽しみ西穂ラーメン食べて帰宅

IMG_8290

昨日とは打って変わってスッキリ爽やかな景色の西穂独標です( ^ω^ )

 

IMG_8277

まだ朝の8時になったばかりで時間が余りまくってるので

ピラミッドピークが「ここまで来いよ」と手招きしています( ゚ω゚ )ゴクリ…

 

IMG_8258

しかし、独標からピラミッドピークへ行くにはまず

この岩混じりの急斜面を下らねばならず明らかに怖い:(;゙゚'ω゚'):

 

風もそこそこ強いからやっぱりやめておこうね(・∀・)w

 

でも独標に登ってきた人のうち半数くらいはそのままピラミッドピーク、そして西穂山頂へ向かってたな…

 

IMG_8262

登ってきた方面もガスが晴れてきた(・∀・)

 

IMG_8286

人が続々登ってきてます。

 

ここの斜面だけで俺的には充分満足なレベルなんで

何度か登り降りの練習でもしてみようと思ったんだが下りるタイミングが難しい( ゚ω゚ )w

 

IMG_8292

一度下ってみた(・∀・)やっぱり下りはなんか難しいしちょっと怖いw

 

IMG_8310

そして再び西穂独標に登頂!(何やってんだこいつ)

 

IMG_8301

ザイルで確保しながら下ってるグループがいました( ゚ω゚ )

 

IMG_8309

もう一回下って登って本日3回目の西穂独標登頂(うるさい)

 

そしてついに本格的下山(謎)に取りかかる。

 

IMG_8324

そんでまた昨日と同じ様なとこで登ってくる団体さんとかち合って強制待機:(;゙゚'ω゚'):寒い←

 

IMG_8327

さらば独標(・∀・)いつかピラミッドピークくらいまでは行きたい

 

結局独標直下を3回下ったけど全然慣れなかったのでもっと経験値が必要だと思った(悲)

 

IMG_8328

ここから先は岩混じりのポイントはないので一安心ですが

雪庇の出ているとこがちょっとあるので気をつけて歩きます。

 

IMG_8332

 

IMG_8334

 

IMG_8335

サクッと丸山まで戻ってきた。

 

IMG_8336

今日は丸山からでも西穂高コースが見渡せます( ^ω^ )

最終日にしてこの天気とは西穂さんもやってくれますなぁ(歓喜)

 

IMG_8347

 

IMG_8350

素晴らしい景色を目に焼き付けながら下ってゆきます( ^ω^ )

 

IMG_8351

何度も何度も振り返ります(゚∀゚)これで見納めか

 

IMG_8355

 

IMG_8356

 

IMG_8357

10時ちょうどに西穂山荘到着。

 

かなりのんびりしたけど往復3時間でした。

 

IMG_8358

そして…( ^ω^ )

 

IMG_8360

念願の西穂ラーメンを食す( ^ω^ )

 

「標高の高いとこでも美味しく食べられるように開発された

特製の麺を使ったこだわりのラーメン」みたいな謳い文句をネットで見かけた。

そして期待していたのだが…

 

この麺ってインスタントじゃね?( ^ω^ )←

 

スープは美味しいし具もしっかりしてるだけに残念な気もしたが

山で食べられるラーメンとしては充分なハイクオリティってことかな(・∀・)w

 

IMG_8363

 

IMG_8364

腹ごしらえ済ませてロープウェイの駅へと向かいます(・∀・)さらばさかいくん!

 

IMG_8367

 

IMG_8369

登ってきた時とは大違いの景色が楽しめます(・∀・)

 

IMG_8370

 

IMG_8374

 

IMG_8377

風がないので暑くなってきた( ゚ω゚ )

 

IMG_8384

 

IMG_8386

西穂山荘から45分ほどでロープウェイ乗り場に到着。

 

IMG_8387

帰りのロープウェイも大行列です\(^o^)/w

 

何故か俺は「早く乗らないと…」って急いでしまい

ロープウェイの展望台をスルーしてしまった( ゚ω゚ )にしほくん見るの忘れた←

 

IMG_8388

 

IMG_8390

ロープウェイ乗り換え軍団(謎)

 

IMG_8393

ロープウェイ終了(・∀・)

 

この後の俺の予定。

とりあえず臭いので近くの日帰り温泉に行く。

そしてバスで高山まで移動し時間があれば軽く観光する。

 

IMG_8394

日帰り入浴の出来るとこを探そうとしたら「大阪・京都行き」って書いてるバスが停まってた( ゚ω゚ )

 

よく見たら新穂高ロープウェイから大阪・京都への直行バスでした( ゚ω゚ )こんなのあったんだ…

 

すかさず運転手さんが「もうすぐ出るけど乗るかい?」って聞いてきた。

 

IMG_8395

乗ります( ^ω^ )←

 

運賃見てみたら妙に安いです。

行きに乗ってきたのと比べると高山→新穂高間のバス代がタダになってる感じ( ^ω^ )得したぜ!

 

IMG_8398

あ…ゲイター着けたまんまだった( ゚ω゚ )上着もハードシェルだし…

温泉入ってから着替える予定だったんだよね。

 

やべぇ…臭いままじゃねえか(危)

 

そこまで人が乗ってなかったうえに一人がけ座席だったので良かったが

4列シートだったら大変なことになってたな( ^ω^ )俺も隣の奴も←

 

IMG_8405

高山駅近くで20分少々の休憩タイムがあったので慌てて臭いシャツを解除しました(かしこい)

 

おかげで物産館とか面白そうなもんがあったのに見物できませんでした(半ギレ)

 

IMG_8406

12時過ぎに出発して大阪到着が20時前という超ロングバス旅です( ゚ω゚ )飽きてきたw

 

IMG_8409

突如雪がなくなる。

 

IMG_8410

久々の休憩タイムだ!(゚∀゚)牧場ソフトクリームって書いてる!あれ食べよう!!!

 

って思ったのに「停めるとこないからスルーします」って言われる(涙目)

 

IMG_8412

30分後に別のサービスエリアでお茶ソフトクリーム食べました( ^ω^ )w

 

IMG_8413

ヒマじゃのう…ってスマホ見てたら

「西穂高岳」って書いてあったので見てみたら滑落事故:(;゙゚'ω゚'):

 

しかも俺と同じ日に小屋泊まってた人だ…多分今朝すれ違ってる:(;゙゚'ω゚'):

10時って言ったらラーメン食ってた頃だな…。

 

IMG_8416

恐ろしいこっちゃ…と思いつつバスの旅を終えて

梅田のプラザモータープールってとこに到着。

 

IMG_8418

ここって駅から結構遠いんだよな…って文句言いながら帰途についた。

 

P1050831

家にストックしてある草原物語飲んで一息つきました(・∀・)w

 

それにしてもやはり西穂高は要注意な山であった。

ピラミッドピークの方まで行かなくて正解だったぜ…

 

雪山は

ヘタレくらいで

ちょうどいい 「友蔵心の俳句」

 

おわり





スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

阪神競馬場でお馬さん見物 メインレース:仁川ステークス

IMG_8427

なんかいつも春辺りになると馬が見たくなって阪神競馬場に行きます。

そんなわけで今年も来ました←

 

IMG_8428

からあげクン食って腹ごしらえ(・∀・)

 

今日は天気も良いし結構暖かいだろ!って薄着で来たらエラく寒いです(あほ)

 

IMG_8431

パドックにお馬さん登場。

 

IMG_8442

ここはこいつで間違いないだろうなぁ(・∀・)スイーズドリームス

 

スイープトウショウの息子さんです( ^ω^ )懐かしい

 

IMG_8445

お母ちゃんと同じく気難しい面があるようで

「蹴ります注意」の赤いポンポンついてます。

 

IMG_8437

単勝1.5倍の圧倒的一番人気です\(^o^)/安すぎ

 

IMG_8446

ロクバンですがアザブジュウバン(謎)

 

IMG_8462

レーススタート。スイーズドリームスは3番手のいい位置につけました(・∀・)勝ったな

 

IMG_8465

 

IMG_8469

スイーズドリームスしっかりと勝利(・∀・)

 

まぁ馬券買ってないんですけどね(・∀・)走ってるお馬さんはいいものだ

 

IMG_8475

さて次のレースからはいつも通り「馬体チェックだけで買う馬決める」方式で買っていきますよ。

 

IMG_8481

ほうほう(・∀・)1番の馬とか良さそうじゃないですか!

 

IMG_8479

ビックリシタナモー( ゚ω゚ )定番の小田切さんw

 

IMG_8484

当てたい焼き( ゚ω゚ )なんぞこれ…1個300円はたけえよ

 

IMG_8485

いつも何らかのイベントをやってる感がある阪神競馬場ですが

今回は珍しくガラガラ( ゚ω゚ )

 

お馬さんの展示すらやってなくて涙目(´;ω;`)じっくり馬を見たかった…

 

IMG_8487

競馬場の吉野家は大盛りしか売ってないんだぜ!(・∀・)豆知識な(突然)

 

IMG_8489

前まで無地だった無料お茶の紙コップにターフィーくんとメスのターフィーくん(謎)が描かれてた。

 

女性や家族受けを狙ったのだろうが基本はオッサンばかりなので

オッサンどもが可愛らしい紙コップを持ってフラフラしてるのを見るとやや不気味である。

 

IMG_8491

そんなわけで6レース発走です。

 

IMG_8494

アーッ!!!:(;゙゚'ω゚'):

 

IMG_8495

ワイが買ったお馬さん 2着4着9着\(^o^)/

 

IMG_8496

ぐぬぬ…さっきのはちょっと遠くから見てたからダメだったんだ!

今度はもっと近くで見るぜ!(そういう問題なんだろうか)

 

IMG_8497

ダイフク( ^ω^ )美味そう←

 

IMG_8499

なるほどな!( ^ω^ )見えた!

 

IMG_8501

自信に満ち溢れた7レース発走( ^ω^ )

 

IMG_8504

あれれー?おかしいぞー?( ゚ω゚ )←

 

IMG_8507

なんでこんなに人気してんのか分かりまへんわwww

って思ってた鞍上デムーロの馬があっさりと勝ちました( ゚ω゚ )

 

IMG_8569

ワイの買ったお馬さん 3着7着8着9着(´;ω;`)当てにいったのにw

 

IMG_8510

気を取り直して次のレース(・∀・)阪神スプリングジャンプ 障害の重賞レースです。

 

ハードル界のナンバー1,2が揃って出てきたのでちょっと楽しみにしていたのだ( ^ω^ )

まずはアップトゥデイト(・∀・)白い

 

IMG_8512

そして現在障害G1を2勝している現役最強馬

 

その名は「オジュウチョウサン」(・∀・)w

初めて見た時に変な名前の馬だなぁ…って思ったけど

まさかこんなに出世するとは。

 

どれくらい強いかと言うとグーグル先生で検索したら

「オジュウチョウサン 強すぎ」って出てくるほどです( ゚ω゚ )つよいw

 

IMG_8523

 

IMG_8537

普通にいけばこの2頭で決まりでしょうなぁ(・∀・)

 

IMG_8526

オジュウチョウサンに至っては1.3倍という圧倒的な人気ですからね。

 

IMG_8535

って思ってたらさらに買いが入ったようで1.1倍に…:(;゙゚'ω゚'):

 

落馬の可能性もそこそこある障害レースでこんなに突っ込まなくても…

 

IMG_8555

申し訳ないがあまり強そうに見えないんだよね( ゚ω゚ )w

 

IMG_8566

馬券的にはアップトゥデイトの方からいきたいね(・∀・)理由:白いから

 

IMG_8574

さてレーススタートです(・∀・)障害レース見るの久しぶりだな

 

IMG_8597

最後の直線ではやはりオジュウチョウサンと白いのがマッチレースに(・∀・)

 

IMG_8603

途中でゴチャついたのにしっかり差し切ったオジュウチョウサン強かった( ^ω^ )いいレースだった

 

なお、ワイの馬券は(以下略)

 

IMG_8605

アカン…このままだと全敗じゃねえか:(;゙゚'ω゚'):

 

しかし次のレースはこれまた単勝1.3倍とかになってる

ムーヴザワールドで堅いだろうからこのレースはスルーしておこう。

 

ちなみにこのお馬さんは新馬戦の時も見に来ていて

「こいつ人気してるけどなんか暴れてるからいらねえわ( ^ω^ )」

って思ってたら1着になってちょっと悲しくなった思い出があります(あほ)

 

今回はどっしり歩いてるし面子に恵まれすぎてるから余裕の勝利でしょうなぁ。

 

IMG_8616

そんでレーススタート。

 

IMG_8620

ムーヴザワールドえらい後ろから行きましたね( ゚ω゚ )大丈夫かよ

 

IMG_8627

そして直線(・∀・)ムーヴザワールド届かねええええええ(一番右のヤツ)

 

IMG_8631

8頭立てのレースなのに凄い配当になりました\(^o^)/買わなくて良かったw

 

ムーヴザワールドの複勝なんか元返し1.0倍だったから配当がめちゃくちゃになってるな…

単勝810円の馬の複勝が680円とかどこの地方競馬だよ。

 

それにしても当たっても賭けた金額分しか返ってこない複勝に大金突っ込んだ挙句

お金が一銭も返ってこなかった人が多数いるのかと思うと心がウキウキしてきますね!(クズ)

 

IMG_8632

勝負レースである第10レースのパドックです(・∀・)強制的に勝負レースになりました←

 

IMG_8633

もうね一目でビシッと決まりましたよ(・∀・)ウインクルサルーテ!

 

IMG_8664

複勝一点勝負でごわす( ^ω^ )負ける気がしない

 

IMG_8643

頼みましたよ小牧さん!( ^ω^ )

 

IMG_8645

運命のレーススタート:(;゙゚'ω゚'):っていきなり出遅れて最後方じゃねえか小牧この野郎!←

 

IMG_8647

アー( ゚ω゚ )(蚊の鳴くような声)

 

IMG_8652

おぼつかない足取りでふらふらとメインレースのパドックに向かっていると

「最終レースまでやってたら金あらへんようになるさかい

明日の前売り買って帰るわw」とか言ってる賢者がいたので

俺もそれに倣って明日のフィリーズレビューの馬券買って帰ることにした( ゚ω゚ )←

 

IMG_8653

本日の敗因は…

 

IMG_8654

当てたい焼きを食べなかったから(確信)

 

IMG_8665

家に帰って翌日の馬券を確認してみたら馬連と三連複で同じ買い目を購入したはずが

意識が飛びかけていたのか三連複と三連複を買うというチャレンジャー馬券になってた…

 

こういうのって3着が抜けて「馬連なら当たってたのに(憤怒)」ってなるパターンだよなぁ( ゚ω゚ )

 

と思っていましたが普通に1着馬を買っていなくてハズレでした(・∀・)良かった!←

馬との無言の語らいはプライスレスやで!(財布の中身がレスになっただけ)

 

結局全敗になった日記(´;ω;`)おわり


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

今季ラストの冬山登山 素敵な山小屋「夏沢鉱泉」から硫黄岳へ向かう

IMG_0023

もう3月も終わりじゃねえか( ゚ω゚ )雪のあるうちに山登っとかないと(使命感)

 

ってなったのでいいとこないかな?って捜索した結果

夏沢鉱泉っていう山小屋が面白そうだったので

そこをベースにして今季ラストの冬山を楽しむことに決定しました。

 

そんなわけで3時半に起床して始発の電車に乗り

新大阪から新幹線で名古屋に向かいます( ゚ω゚ )まだ6時前でごわす…

 

IMG_0024

 

IMG_0025

名古屋で特急しなのに乗り換えたら2時間ほどの乗車時間があるので

タマゴサンド食ったりしながらのんびり過ごします。

 

IMG_0026

そして「次は塩尻、塩尻です」とのアナウンスが( ゚ω゚ )来たか…

 

本日の核心部と言っても良い

乗り換え時間3分の「塩尻ダッシュ」です(謎)

 

夏沢鉱泉では宿泊者限定で茅野駅からの無料送迎を行っているのだが

朝一の送迎に間に合わすには茅野駅9時21分着のあずさ8号に乗車するしかなく

塩尻でのダッシュを余儀なくされるのだ!

 

乗り換え列車が降りたホームの向かいに来てくれればいいのに

階段を登って下りて別のホームに行かなければならないようでさらにドキドキです( ゚ω゚ )

 

そして塩尻駅に到着:(;゙゚'ω゚'):ぬうううううううおおおおおおおおおお

 

IMG_0028

かなり慌てて行ったんですが乗り換え列車を1分くらい待つ余裕すらありました(・∀・)w

 

IMG_0029

そんで2ヶ月ぶりの茅野駅に到着(・∀・)

 

東口に降りて夏沢鉱泉の送迎車に乗っけてもらいます。

 

IMG_0030

結構揺れるとは聞いていたが山道に入ると凄まじいアトラクションっぷりで

ガッタンゴットン揺れました\(^o^)/酔い止め飲んどいて良かったw

 

茅野駅から1時間ほどで桜平ってとこに到着。

 

IMG_0031

雪の多い時はここから雪上車に乗り換えて進んでゆきます(゚∀゚)キャタピラ!!!

 

これまた揺れるらしいが雪上車なんか乗る機会がないからワクワクだぜ!

 

IMG_0032

って楽しみにしてたんですが雪が少なめなので

ここからは歩いて鉱泉まで行ってくださいね!ってことになった(悲)

 

荷物だけは運んでくれるそうだ(・∀・)

 

IMG_0033

「慣れてる人はアイゼンいらないですよ。」

との事でしたので「慣れてる人」ぶりたい俺はアイゼンなしで歩き始めましたが

最近雪が降ってなかったのかツルツルになってる箇所が結構あって怖かったです(あほ)

 

IMG_0035

 

IMG_0036

20分ほどで夏沢鉱泉に到着しましたが天気が良いこともあり

汗が噴き出しています( ゚ω゚ )←

 

まずはチェックイン、1泊2食付きで12000円と山小屋の中ではそこそこ高額。

しかしそれを補って余りあるほどの利点があるのです(・∀・)さっきの無料送迎もそうですが

 

そんでモンベルカード持ってたら500円引きになるので抜かりなく使用します!

 

IMG_0037

部屋は「阿弥陀岳」ルーム(・∀・)布団が1セットしかない…ということは!

 

まさかの個室利用でした( ^ω^ )ありがてぇ!

 

IMG_0038

そして何と夏沢鉱泉ではフェイスタオルと歯ブラシがついてきます( ゚ω゚ )旅館やんw

 

IMG_0039

部屋にはコンセントがあり充電し放題。

 

IMG_0041

廊下に出れば洗面所もあり冬期でありながら水も利用可能。

っていうか凍るから出しっぱなしにしておいてくださいというゴージャス仕様(゚∀゚)w

 

IMG_0046

他にも色々マル得ポイントがあるんですが

今日中に1回登っておきたいのでちょっくら準備します。

 

前から気になってた防寒テムレスって手袋を試してみようと思い持ってきました(・∀・)

本来は冷凍庫内での作業とかに使うような手袋らしく全く登山用ではないw

しかしながら雪山登る時に結構使えるし安いってことで密かに人気?らしい。

 

確かに価格は安かった(1000円ちょい)

雪山用の登山グローブが安いのでも1万円前後することを考えると破格すぎるw

 

ぱっと見ただのゴム手袋じゃね?って思ったが中はちゃんと裏起毛になっており

それなりの保温性もありそうだ(・∀・)果たして本当に雪山での使用に耐えうるものなんだろうか!

 

IMG_0048

まぁ今のところは気温もそれほど低くなさそうなので

普通にモンベルのインナーグローブだけで行きますけどね←

 

外でおにぎり食ってエネルギー補給。

 

IMG_0047

登山届もしっかり書いて(・∀・)

 

IMG_0049

11時16分硫黄岳に向けてスタート。

 

夏沢鉱泉は八ヶ岳の真ん中辺りに位置しているので

北八ヶ岳エリアの天狗岳と南八ヶ岳エリアの硫黄岳がどちらも近くにあります。

 

今日は昼前からのスタートなのでよりコースタイムの短そうな硫黄岳をチョイスしました。

 

IMG_0050

まずは俺の苦手な樹林帯ゾーンを黙々と歩きます( ゚ω゚ )

 

稜線上付近になるまでアイゼンはいらないような気もしたのですが

前回西穂に行った時、思いのほか樹林帯歩きがしんどかったのを思い出して

最初からアイゼン装着しました。

 

しかし結果として今回は装着しなくても良かったです(裏目に出る男)

 

IMG_0055

重たい足を懸命に動かしながら30分ほど進んでいくと

平べったい山が登場(・∀・)あの山容は硫黄岳だな!ガスってなさそうで良かった。

 

IMG_0056

硫黄岳が見えるとすぐにオーレン小屋が現れる。

 

IMG_0058

小屋は営業してませんが冬期小屋が使用できるようです。

 

IMG_0059

夏沢峠へ向かいます。

 

IMG_0208

赤岩の頭を経て硫黄岳へ登るルートもあるようですが

「積雪のためルート不明瞭、雪崩注意」とか物騒な看板がありましたのでスルーします(・∀・)w

 

IMG_0061

 

IMG_0063

オーレン小屋からまた樹林帯歩きを少々しますとこれまた小屋が登場。

 

IMG_0064

夏沢鉱泉から50分ほどで夏沢峠に到着。

 

IMG_0066

 

IMG_0067

ヤマネとモモンガ見たい( ゚ω゚ )ここも冬期休業中ですがw

 

IMG_0072

さて、ここから道の傾斜が一気にキツくなります。

 

つまりこの手前の夏沢峠でアイゼン装着するのがベストなんですね←

 

IMG_0074

 

IMG_0076

いいねぇ!この登りごたえある感じ(・∀・)

 

IMG_0081

 

IMG_0084

硫黄岳は風の通り道と言われてるだけあって強風の影響で

雪が吹っ飛んで岩が見えてる部分が多々あります。

 

しかし今日はそんなに風強くないです(・∀・)

暴風で敗退したっていうブログ記事も見たりして覚悟してたんだが

ちょっと拍子抜けです\(^o^)/w

 

IMG_0088

 

IMG_0089

ケルンが登場する頃からやや風が強まってきたが

雪山にしてはまだ弱いくらいです。

 

IMG_0091

もう山頂かな?って思ったけどなかなか距離ありますね( ゚ω゚ )ハァハァ←

 

IMG_0092

登ってきた方面。

 

IMG_0093

ズーム(・∀・)白い山が天狗岳です。

左のピークが西天狗岳で右が東天狗岳。

 

こちらも強風、暴風で有名な山だが今日は登りやすいだろうなぁ。

明日はどうなることやら…(フラグ)

 

IMG_0095

硫黄岳名物の爆裂火口。

あまり近寄ると雪庇を踏み抜きそうなので遠目から撮影( ゚ω゚ )

 

IMG_0098

ケルンまだあるのかよ…(弱)

 

IMG_0099

 

IMG_0100

12時55分 夏沢鉱泉から1時間40分ほどで硫黄岳(2760m)に到着(・∀・)山頂も大して風がない

 

IMG_0103

山頂からは横岳、赤岳、阿弥陀岳の素晴らしい眺めが楽しめます(゚∀゚)

 

IMG_0106

1月に登った赤岳さん(・∀・)結構な角度ですな、よく登ったもんだ

 

IMG_0107

赤岳さんの左にあるギザギザなのが横岳さん(・∀・)明らかにややこしそう(謎)

 

IMG_0111

 

IMG_0113

こっちに行くと横岳か…

 

IMG_0118

いつかは赤岳から横岳、硫黄岳の縦走をやってみたいと思っているので

その中で最も危険とされている横岳がどういうもんなのか気になっていた俺は

とりあえず引き返すタイムリミットを設定してふらふらと横岳へ向かうのであった(あほ)

 

つづく


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

しゃけ

Author:しゃけ
散歩好きが高じて旅行や山登りに行くようになったオッサン

旅行ブログって書いてるけど近所プラプラしてるだけであんま旅行してない

ツイッター @syaketr
登山専用ブログはじめました
ふらふら登山ブログ

旅行ブログも新設しちゃいました
続・ふらふら旅行ブログ

 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
オッサンのぼやき
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキング
メールフォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
宿らん
札幌エクセルホテル東急
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村