今年も冬の赤岳チャレンジ 昨年と同じく上諏訪で前泊して美濃戸口から赤岳鉱泉へ向かう

IMG_7350

昨年登った八ヶ岳の主峰「赤岳」

雪山レベルが低いのに登りにいったもんだから

かなりおっかない思いをしたのだが景色は素晴らしく

恐ろしさもありながら充実した山行だったので今年も行ってみようかな(・∀・)

って思いまして大阪発茅野行きの高速バスで山旅スタートしました。

 

IMG_7352

2時間ほどで定番の多賀サービスエリア。

 

IMG_7353

このサービスエリアでポン太くんを見ると

「あぁ、ついに山旅が始まるのだな」と身が引き締まります←

 

あれ?そういえばもう一体小さいのがいたはず…(´・ω・`)

 

IMG_7354

別の入り口にいました( ^ω^ )←わざわざ探したオヤジ

 

安心感と共にきなこソフトクリーム食う。

 

IMG_7355

サービスエリアの名物であるコーヒールンバが流れてドリップ中の画面が出るやつ。

ミル挽きコーヒー自販機(・∀・)

 

それの缶コーヒー版が売ってたが400円…:(;゙゚'ω゚'):隣にいる150円のUCCよりも

少なくとも2倍は美味くないといけないわけだが果たしてどうなのか。

 

まぁ普通に高いから買いませんでしたけど←

 

IMG_7356

そっから1時間半後の恵那峡サービスエリアでの休憩を経て

 

IMG_7357

大阪から6時間少々で久しぶりの上諏訪駅前に到着(・∀・)

 

今回は渋滞に巻き込まれたりせず

バス内も隣に人がいたりすることなく比較的快適に来れました。

 

IMG_7359

宿泊ホテルの近くにある「セブンイレブンこっち」の看板

 

IMG_7360

歩いていくとファミマしかないんだよなぁ(困惑)

 

去年も同じネタやりました(・∀・)w

 

IMG_7361

そしていつもの上諏訪ステーションホテルに宿泊。

 

本当は茅野駅周辺のホテルの方が明日の行動時に便利なんだが

どうしてもここと同等なコスパを誇るホテルがないんだよなぁ( ゚ω゚ )

 

IMG_7366

温泉大浴場があるのがいいよね( ^ω^ )露天風呂もあります

 

IMG_7367

ちゃんとビン牛乳の自販機が設置されてるのもポイント高いです( ^ω^ )w

 

IMG_7368

満面の笑みでフルーツ牛乳飲んでたらテレビが物陰からチラ見してた(謎)

 

IMG_7369

明日の準備をして就寝(・∀・)おやすみ

 

IMG_7370

そして6時前に起床(・∀・)おはよう

 

IMG_7371

6時半から朝食タイム( ^ω^ )

 

結構手の込んだメニューで満足感のあるバイキングです。

 

IMG_7374

上諏訪駅の一駅隣にある茅野駅へ向かいます。

 

電車の本数がやたらと少なくて9時半のバスに乗るために上諏訪で

8時過ぎの電車に乗らなくてはいけないのが上諏訪泊の唯一のネックだ\(^o^)/

 

IMG_7375

諏訪周辺の気温マイナス4度:(;゙゚'ω゚'):

 

しかし本日の天気は良さそうだ(・∀・)

明日が山登りの本番なんだが明日は天気微妙だったりするんだよなぁ…。

 

IMG_7376

茅野駅に到着。

 

バスが来るまで1時間くらいあるのでここで登山届も書いておく。

 

IMG_7378

美濃戸口までの往復乗車券を購入しバスの待合スペースで待機。

 

ずっと外で待ってる人もいたけど凄いね(弱)

 

IMG_7380

去年は一台のバスに全力で詰め込まれてひどい事になってたけど

今年はちゃんと人数を数えて増便のバスも使用してた(・∀・)w

 

10時過ぎに八ヶ岳山荘に到着。

 

IMG_7381

ゲイターとチェーンアイゼンを装着して出発します。

 

すでに12本爪のアイゼン付けて歩いてるタフな人もいてビックリしました( ゚ω゚ )w

 

IMG_7383

10時23分スタート(・∀・)今日は行者小屋まで行くだけのお気楽スノートレッキングです(多分)

 

予定では赤岳行く前に近場の雪山に行って装備の確認や

雪上での歩き方を思い出すつもりだったんですが

山に雪がほとんど積もってなかったり風邪ひいたりで行けなかったので

今日中に雪山勘を取り戻していくプランです(一夜漬け)

 

IMG_7385

歩き始めて10分もすると暑くなってきました( ゚ω゚ )ハァハァ←

 

IMG_7386

20%引きのパンを頬張りながら歩きます。息が詰まります。

 

IMG_7388

ひたすら林道歩きです。

時々通る車を羨望の眼差しで見送ります(謎)

 

IMG_7389

やまのこ村通過。

 

IMG_7390

ちょいと進むと赤岳山荘が登場。

 

IMG_7391

駐車場はチェーンを巻いたイカツイ四駆で満車になってました。

 

ちょっと山も見えてきたな(゚∀゚)

 

IMG_7392

この先に看板が出ていて

「今週末はアイスキャンディフェスティバルが開催されるので

赤岳鉱泉はすでに満室になっています。予約のない人は行者小屋に行ってね!」

って書いてありました( ゚ω゚ )

 

去年もアイスキャンディフェスティバルの日に来たんだがこんなお知らせはなかったはず…

行者小屋は人が少なめで良かったんだが今年は厳しそうだな(´・ω・`)w

 

IMG_7393

 

IMG_7394

美濃戸口から40分ちょいで美濃戸山荘に到着。

 

ここから道が分かれており北沢に行くと赤岳鉱泉、南沢だと行者小屋へ行けます。

今日は時間がたっぷりあるのでダラダラと赤岳鉱泉経由で行者小屋へ向かいます。

 

IMG_7396

常におやつ食べながら歩きます( ^ω^ )モグモグ←

 

IMG_7397

ひたすら林道はまだまだ続きます( ゚ω゚ )飽きてきた

 

IMG_7399

 

IMG_7400

「こんなに長かったっけ?もうしんどいんだけど?」

ってなった頃に堰堤広場が登場。

 

IMG_7402

ここから先は道の感じが変わるので多少気分的に楽になります( ^ω^ )

 

IMG_7406

 

IMG_7411

天気が良くて爽快な気分で歩けます(・∀・)すでにバテてますけどね(うるさい)

 

IMG_7415

すずきに励まされつつ歩きます(謎)

 

IMG_7416

所々で山の見えるポイントがあります(゚∀゚)うほー!

 

IMG_7417

また木に覆われた道に入ると赤岳鉱泉は近いはず(・∀・)

 

IMG_7418

おっ(・∀・)

 

IMG_7419

赤岳鉱泉名物のアイスクライミングスポットであるアイスキャンディが登場。

 

そんなわけで赤岳鉱泉に到着。

美濃戸口からのコースタイムは2時間。

 

ちょっくら休憩して行者小屋に向かいます(・∀・)おしっこ漏れそう(危)

 

つづく


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

しゃけ

Author:しゃけ
散歩好きが高じて旅行や山登りに行くようになったオッサン

旅行ブログって書いてるけど近所プラプラしてるだけであんま旅行してない

ツイッター @syaketr

楽天さん
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
オッサンのぼやき
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
宿らん
札幌エクセルホテル東急
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村