今季最後の雪山チャレンジ 高速バスで酔いながら上諏訪に到着

DSC04463-2015.jpg
もう雪山シーズン終っちまうなぁ( ゚ω゚ )
最後にもう一発行っときたいがもう関西近郊じゃ雪ドロドロになってんよ…

おっしゃ(゚∀゚)長野まで行くべ!
目指すは北八ヶ岳の天狗岳登頂。
人気のコースで雪山初心者にうってつけらしい(・∀・)

そんなわけでスタートした今回の山行。
まずは大阪駅から阪急三番街バスターミナルまで向かう。
この時、大阪駅で適当に目についた出口を出たら全然違う方向に出ていて少し迷子になった…
都会は恐ろしいところじゃ…(´・ω・`)←

DSC04465-2015.jpg
なんとかバスターミナルに辿り着きバスに乗る。今回のバスは大阪-茅野線のバスです(・∀・)
前に木曽駒へ行った時は行きも帰りも隣に誰もいなくて快適だったんだが
今回は予約時に通路側が宛てがわれていた時点で嫌な予感( ゚ω゚ )

約6時間のバス乗車なので出来るだけ快適に過ごしたいものだが…

停留所をどんどん進んでいくも俺の隣には誰もこない(・∀・)キャンセルとかしたのかな!(嬉)

と思ったが最後の乗車停留所で待機してた物凄い人数を見て一瞬で諦めた( ゚ω゚ )もちろん隣に人座ったよ!

DSC04466-2015.jpg
バスの出発から2時間ほどで最初の休憩ポイントである多賀パーキングエリアに到着。

DSC04467-2015.jpg
タヌキ( ^ω^ )

DSC04468-2015.jpg
ハムカツタマゴサンドとクリームチーズパンを購入(・∀・)

タマゴサンド食ってコーヒー飲んだらちょっと気持ち悪くなってきた( ゚ω゚ )←弱
なんか暖房が効きすぎてんよ、このバス…

DSC04470-2015.jpg
あー、酔い止めのアネロン飲んどけば良かった(´・ω・`)とか思いながら微妙な酔い加減と戦います。

そして1時間半くらいで第2休憩スポットの恵那峡サービスエリアに到着。
ここは前にも来たことあるな(・∀・)

前回は元気にソフトクリーム食ってたけど今回はひたすら夜風に当たって身体を冷却します( ゚ω゚ )ハァハァ

DSC04471-2015.jpg
乗り物酔いと格闘して6時間少々。
ようやく本日の目的地である上諏訪駅前に到着( ゚ω゚ )いきなりのヘビーな戦いだったぜ…

明日は隣駅の茅野駅から路線バスに乗るんで茅野泊の方がいいんだが
なんかピンと来るホテルがなかったのでこちらにしてみた。

DSC04472-2015.jpg
上諏訪の髪すわ( ^ω^ )謎っすわ

DSC04476-2015.jpg
線路を挟んだ向こう側に本日の宿泊先である上諏訪ステーションホテルの明かりが見えるのだが
これどこから行けばいいんだ( ゚ω゚ )

DSC04473-2015.jpg
なんか上がっていくとこあるから適当に上がってみよう(・∀・)

あ、ここは駐輪場か(・∀・)←あほ

DSC04474-2015.jpg
バス酔いで食えなかったクリームチーズパンを頬張りながら適当に歩きます。

DSC04475-2015.jpg
駅の周りをしばらくフラフラした後、バスから降りたとこのすぐそばに
歩道橋みたいなのがあることに気付きました\(^o^)/山に登る前から遭難寸前だったぜ!

DSC04477-2015.jpg
なんとかホテルにチェックイン

DSC04483-2015.jpg
部屋の設備はごく普通な感じ(・∀・)

DSC04486-2015.jpg
こちらのホテルは温泉大浴場があるので早速入る( ^ω^ )

DSC04487-2015.jpg
誰もいなかったので撮影( ^ω^ )

DSC04488-2015.jpg
暗くて撮れなかったが露天風呂もあって
底は玉砂利?みたいなのが敷いてある深めの浴槽で結構気に入った(・∀・)

DSC04485-2015.jpg
風呂あがり( ゚ω゚ )牛乳の自販機があるとはレベル高いな(謎の基準)

DSC04491-2015.jpg
財布を部屋に置いたままだったので部屋に取りに行って牛乳買ってまた部屋に帰還(本気)

八ヶ岳牛乳( ^ω^ )かぁー!この一杯のために生きてるんだよなぁ!

DSC04493-2015.jpg
機能的に物が配置されたぐちゃぐちゃの部屋で就寝。

DSC04481-2015.jpg DSC04482-2015.jpg
本日の歩数8327歩 距離5.8km 消費カロリー248kcal

まだ全然山とか出てない状態でつづく



スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

今季最後の雪山チャレンジ2 渋の湯から高見石小屋へ向かい揚げパン食う

DSC04494-2015.jpg
起床(・∀・)

DSC04495-2015.jpg
大浴場で入浴後、朝食タイム( ^ω^ )トロロご飯うめぇw

DSC04496-2015.jpg
トロロご飯とナスの浅漬うめぇ( ^ω^ )

朝食をたっぷり食べた後は部屋で1時間くらいゴロゴロ
本日はかなり余裕のあるスケジュールなので楽だ(・∀・)

DSC04499-2015.jpg
9時過ぎにホテルをチェックアウトして上諏訪駅にやってきた。

DSC04500-2015.jpg
近くのコンビニで南アルプスの天然水買います( ^ω^ )ご当地感w

DSC04501-2015.jpg
改札通ってホーム歩いてたら足湯があった(・∀・)靴脱ぐのめんどいから入らなかったけど(定番)

DSC04503-2015.jpg
一駅隣の茅野駅に到着。
「電車の時間が中途半端でバスの時間まで40分くらいあるから俺が一番乗りだろうな」
とか思ってたけどバス乗り場にはすでにデカいザックを転がした野郎どもが集結してた:(;゙゚'ω゚'):多いねw

DSC04505-2015.jpg
茅野駅から登山口となる渋の湯までのバス運賃は片道1150円だが往復だと2000円になるようだ(・∀・)

DSC04506-2015.jpg
バス乗り場のすぐ目の前にお弁当やおにぎりを売っているお店があったので
こちらで昼食を購入しておく( ゚ω゚ )しかしトルコ名物サバサンドってなんだw
寒天の味噌漬けなるものも売ってたし長野恐るべし(謎)

DSC04507-2015.jpg
バスのチケット買ったりお昼ごはん買ったりしてたらバス乗り場の行列はさらに大変なことになっており
本来の乗り場である1番乗り場を貫通して3番乗り場くらいまで渋の湯行きの行列出来てた\(^o^)/

乗車前にアルピコバスのおっちゃんが人数数えてギリギリ座れるくらいの人数でストップさせる。
「もう後ろに増便のバスが来てるからちょっと待ってて」とか言ってた。
増便のバスは渋の湯までノンストップで直行するらしい。

DSC04508-2015.jpg
ザックを抱えて狭い座席で耐えること約1時間で渋の湯に到着。
昨日からバスでの忍耐力ばかり試されているぜ…

DSC04509-2015.jpg
そう言えばバスは結局2便増便の3台運行で
俺は1便目のバスに乗れたんだけど1便目が1番最後に到着した(´・ω・`)w

DSC04511-2015.jpg
バスから登山客がぞろぞろ下りている間、渋御殿湯の玄関先では「北斗の拳」に出てきそうな
鋭い眼光をした女将さんらしき人物が登山客の一挙手一投足を監視していた(ように見えた)

あれがかの有名な女将さんか…( ゚ω゚ )
天狗岳登山をネットで調べるとまずは渋の湯の登山口が出てきて
駐車場や何やで渋御殿湯の女将さんの話がちょいちょい出てくるのだ( ^ω^ )w

バスがここに到着した時も俺の近くに座ってた二人組が
「あー、見てるわ(女将さんが)」
「また何も知らない犠牲者が出るのか…」とか語り合ってた( ゚ω゚ )シリアスw

DSC04510-2015.jpg
まぁそんな話はさておき、結構な数の人がいるので
ゆっくりトイレを済ませてから昼食としてサバサンド食います(結局買った)

うん、サバだな(・∀・)普通に美味しいw

DSC04513-2015.jpg
サバサンド食ったり準備したりしてたらそこそこ人も減ってきたのでぼちぼちスタートします。

しかし凄い人だが山小屋パンパンにならねえだろうな…( ゚ω゚ )二人で布団1枚とか無理だぜ…

DSC04514-2015.jpg
登山届書いときます。みんなほとんどスルーして行ってます。

DSC04515-2015.jpg
登山届を投入してさぁ行くか(・∀・)と思ったら団体さんが来てしばらく待機w

DSC04516-2015.jpg
そして11時55分 ここから本当のスタートとなる。

そんでいきなりの難関である。橋の真ん中だけ雪がこんもりと乗っていてその細いルートを進まなければならない。
ここでバランスを崩すような者は天狗岳登頂を許されないのだ(今作ったルール)

DSC04517-2015.jpg
橋を渡ったらすぐに高見石と黒百合平への分岐。

DSC04519-2015.jpg
俺は高見石方面へ進む。
黒百合平へのルートが圧倒的に人気で高見石はちょっと人が少ないという情報がチョイスの決め手だったが
本当にその通りでほとんどの団体は黒百合平方面へ行ってこちらはあんまり人いない( ^ω^ )いいね!

DSC04521-2015.jpg

DSC04522-2015.jpg
トレースをちょっとでも外れたらいきなりズボッと踏み抜くところが多数あります。
多数っていうか基本的に道逸れると踏み抜きます。

向こうから人が来たので少し横に避けて「どうぞー(・∀・)」ってやろうとしたら
「どーズボぐはぁ:(;゙゚'ω゚'):」となり「だ、大丈夫ですか?」って言われることが何度もあった。
こちらが道譲られて譲った人が笑顔でズボったりする場面も多々あった(シュール)

DSC04523-2015.jpg
ちょいちょいズボりながら進みます。

DSC04525-2015.jpg
ちゃんと標識や目印のテープがあり道は分かりやすいです(・∀・)

DSC04526-2015.jpg
いや、分かりやすいと思ってたんだ…(意味深)

DSC04527-2015.jpg
ガンガン進むぜぇ( ^ω^ )

DSC04529-2015.jpg
ここを登るのか!結構雪深いな!( ^ω^ )ガハハ!

DSC04530-2015.jpg
あれ?トレースが…消えた(´・ω・`)←

いくら高見石ルートが人少ないにしてもトレースがなくなるほどではないだろうし
ここ最近は暖かかったから降雪でトレース消えたというわけでもなさそう。

周りを見渡してみると目印のテープが見当たらない…そもそも進めそうなルートもない。
戻るか?でもさっきまでの道で分岐なんかあったっけ?とか思ってたら2組くらいのグループがやってきた。

そして俺と同じルートを通り「トレースないよ?」「ここ違うんじゃない?」とか言い出した。

しばらくして「ここの川渡るんじゃない?向こうにトレースみたいなのあるよ!」と言って引き返していった。
俺も少し遅れてコソコソ後をついていく(姑息)

DSC04533-2015.jpg
ちょっと戻ると普通にトレースがあり川を渡るルートがあった\(^o^)/←あほ

DSC04531-2015.jpg
こっち(・∀・)チガウ

DSC04532-2015.jpg
その左側(・∀・)タダシイ

トレースだけ見て適当に歩いてたら変なところに連れて行かれるから注意しようね( ^ω^ )w

DSC04535-2015.jpg
川を渡ったらすぐにテープを発見して一安心w

DSC04536-2015.jpg
思いっきり道を間違えたことに少しヘコみながら進みます(´・ω・`)w

DSC04537-2015.jpg

DSC04538-2015.jpg
また川を渡ります。

DSC04539-2015.jpg
ワクル→って書いてます(せやな)

DSC04541-2015.jpg
ちょっと木が減ってきたかな(・∀・)天気いいな。

DSC04543-2015.jpg
さらに進むと一気に開けた場所に出ます。ここが賽の河原か。

DSC04544-2015.jpg

DSC04545-2015.jpg
ポールが立ってたり石に目印があるのでそれに沿って進みます。

DSC04548-2015.jpg
さすがに木がないと少し風が強いけどなかなか爽やかだぜ(・∀・)

DSC04550-2015.jpg

DSC04551-2015.jpg
いきなり左方向へ進路を変えます。

DSC04554-2015.jpg
また樹林帯へ突入( ゚ω゚ )開けた景色の方が良かったなぁw

DSC04555-2015.jpg
スタート時と似たような景色の中を歩いてゆく。
道は平坦なので体力的には楽。

DSC04556-2015.jpg

DSC04572-2015.jpg
樹林帯に入ってから15分くらい歩くといきなり建物が見えてきて高見石小屋に到着。

渋の湯登山口スタートから所要時間1時間40分。
迷子にならなかったら1時間半かからないくらいだな(・∀・)w

DSC04560-2015.jpg
現在の気温は5度くらいと高め。

DSC04561-2015.jpg
小屋で宿泊の受付を済ませて2階へあがる(・∀・)おぉ!
ストーブとコタツがあって結構広々としてる。

基本は予約制のようで階段上がってすぐのとこに予約の名前と布団の場所を書いてる紙があった。
予約なしで泊まる人が少なければ結構ゆとりのあるスペースで眠れそうだな( ^ω^ )

DSC04562-2015.jpg
俺の場所は端っこだったので左には人がおらずより快適だ( ^ω^ )分かってるじゃねえかw

DSC04564-2015.jpg
基本は外のトイレを使用するのだが夕食後からは2階のトイレも使用できるとのこと。

DSC04565-2015.jpg
ダメ!!

DSC04567-2015.jpg
荷物を置いたら下に降りてみる。天井に飾られたランプが素敵だぜ(・∀・)

DSC04566-2015.jpg
夕食は17時30分からで朝食は6時30分から

DSC04570-2015.jpg
高見石小屋の名物である揚げパンを注文した( ^ω^ )これを食ってみたかったんだ!

DSC04571-2015.jpg
早速食う( ^ω^ )何か分からんが妙にうめぇwww
これは是非食べてみることをオススメする!

DSC04573-2015.jpg
大満足の揚げパンタイムを終えてまだ時間は14時過ぎ。

近くの白駒池まで行ってみることに。

DSC04575-2015.jpg
ひたすら下っていく。荷物も背負っていないので大変楽だ(・∀・)でも戻る時はずっと登りだから嫌だな(弱)

DSC04576-2015.jpg
建物が見えてきた。

DSC04577-2015.jpg
そのすぐ横に白駒池(゚∀゚)高見石小屋から20分で到着。

DSC04579-2015.jpg
スノーシューで歩けるらしいが見るからに氷が割れそう( ゚ω゚ )最近暖かくなってるからねw

スノーシューを履いてきている人もいたが「真ん中までは怖くて行けない」とか言ってたw

DSC04580-2015.jpg

DSC04583-2015.jpg
白駒池の眺めを堪能したら戻ります。

DSC04585-2015.jpg

DSC04586-2015.jpg
コケ丸兄貴オッスオッス( ^ω^ )小屋でコケ丸グッズ売ってたなw

DSC04588-2015.jpg
小屋に戻ってきた。

DSC04589-2015.jpg
小屋のすぐ横にある高見石に登ってみる。

DSC04591-2015.jpg
おぉ(゚∀゚)眺めよろしいな!

DSC04590-2015.jpg
さっき見に行った白駒池も見える( ^ω^ )

DSC04596-2015.jpg
景色を楽しんだ後は小屋に入って天井眺めながらぼーっとする( ゚ω゚ )ちょっと時間に余裕ありすぎたかなw

DSC04598-2015.jpg
眠気と戦いながら過ごして時は17時30分(`・ω・´)メシだ!

ランプの明かりの下でご飯をいただきます。

DSC04597-2015.jpg
甘辛く炒めた的なお肉料理と湯豆腐でした(・∀・)ご飯はお代わり可。

DSC04599-2015.jpg
デザートはコーヒー寒天( ^ω^ )

DSC04611-2015.jpg
また部屋でゴロゴロしてたら小屋のスタッフさんが
「今から天体望遠鏡で星を見ますので興味のある方は外にどうぞー」って言っててみんなゾロゾロと外へ

外に出るとコンデジでも撮影できちゃうくらいの満天の星空(゚∀゚)うおおおおおおおおお!

DSC04612-2015.jpg
テントの明かりもなんかいいね( ^ω^ )

DSC04614-2015.jpg
望遠鏡は順番待ち状態になってたので星空を肉眼でたっぷり楽しんで少し早めに小屋内へ( ゚ω゚ )結構冷えたw

DSC04616-2015.jpg
寝る場所はストーブがしっかり効いててフリース着てると暑いくらいだったので
アンダーウェアだけになり水も購入して就寝体制を整える。

そして20時30分に消灯。
まぁ、ここから山小屋名物の「アレ」に悩まされるんですけどね!\(^o^)/

DSC04620-2015.jpg DSC04619-2015.jpg
本日の歩数15477歩 距離10.8km 消費カロリー371kcal

つづく

スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

しゃけ

Author:しゃけ
散歩好きが高じて旅行や山登りに行くようになったオッサン

旅行ブログって書いてるけど近所プラプラしてるだけであんま旅行してない

ツイッター @syaketr
登山専用ブログはじめました
ふらふら登山ブログ

 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
オッサンのぼやき
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキング
メールフォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
宿らん
札幌エクセルホテル東急
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村