福知山線廃線ハイキング2 武田尾温泉を散策してまた生瀬駅へ戻る

前回 福知山線廃線ハイキング 生瀬駅~武田尾の手前

DSC03077-2014nr.jpg
昼食を済ませて再スタート、確かこれが最終トンネルのはずだ。

DSC03078-2014nr.jpg
入り口には「やすを」の文字が( ゚ω゚ )やすをトンネル。

DSC03079-2014nr.jpg
ここも向こうの明かりが見えてるから余裕だな(・∀・)

と油断してたらちょうどトンネルの真ん中辺りで何故かしゃがみこんで写真撮ってるオッサンがいて
それに近付くまで気付かなかったもんだから「うおっ!」って言っちゃった(´;ω;`)w

DSC03080-2014nr.jpg
オッサンにビックリしつつも通過。

DSC03081-2014nr.jpg
トンネル出たところにある石。

2年前は確かここで昼飯食ったんだよな( ^ω^ )どうでも良すぎる情報。

DSC03084-2014nr.jpg
のどかな風景です(・∀・)

DSC03085-2014nr.jpg
ハイキングコースも終わりに差し掛かったところでトイレ登場。
前にはなかったような?何にせよありがてぇ( ^ω^ )ジョロロロロ←

DSC03087-2014nr.jpg
ここらへんから2年前とは風景が変わっている。風景が、というより何か工事してる。

DSC03089-2014nr.jpg

DSC03090-2014nr.jpg
ランチの出来るお店がもう1,2件あったような気がするが工事やってたとこにあったっけ?( ゚ω゚ )記憶が曖昧

DSC03091-2014nr.jpg

DSC03092-2014nr.jpg

DSC03093-2014nr.jpg
橋を渡って武田尾温泉エリアに突入。

DSC03096-2014nr.jpg
←名塩( ゚ω゚ )

DSC03098-2014nr.jpg
名塩・武田尾ハイキング道とある( ゚ω゚ )

DSC03097-2014nr.jpg
これがか…( ゚ω゚ )絶対に行きたくねぇw

DSC03099-2014nr.jpg
みんな武田尾駅に真っ直ぐ向かうか近くの駐車場に車停めてあってそれで帰るからか
武田尾温泉へと続く道には人がいない(゚∀゚)快適w

DSC03103-2014nr.jpg
靴から草が生えてる( ^ω^ )ラピュタっぽいよね(謎)

DSC03104-2014nr.jpg
向こうの山にめり込んでるのがJR武田尾駅。

DSC03108-2014nr.jpg

DSC03111-2014nr.jpg

DSC03112-2014nr.jpg
川沿いを歩いてゆくのがなんとも心地よい(・∀・)日が当たりすぎて暑いけどね。

DSC03113-2014nr.jpg
巌窟温泉と猛々しく書いてある武田尾温泉 マルキ旅館

DSC03114-2014nr.jpg

DSC03115-2014nr.jpg
武田尾温泉 河鹿荘は営業してんのかよく分からない雰囲気\(^o^)/w

調べてみたら現在休業中らしい( ゚ω゚ )なるほど

DSC03116-2014nr.jpg
一番奥まったところにあるのが武田尾温泉 元湯旅館

DSC03117-2014nr.jpg
日帰り入浴できます 1000円

こういうのって行ってみたら「今は食事付きの日帰りしかやってないんですよ」
とかよく言われるんだよな…( ゚ω゚ )
と思って撤退した。これまた後ほど調べてみたらやはり現在は食事付きの日帰りプランしかやってなかったw

1000円でいけるなら入りたかったけどね(´・ω・`)

DSC03118-2014nr.jpg
渋い秘境温泉の風情を堪能し、来た道を引き返す。

DSC03119-2014nr.jpg

DSC03120-2014nr.jpg
橋を渡ると武田尾温泉で1件だけ離れている宿 武田尾温泉 紅葉館 別庭あざれがあります。

こちらは入浴だけの日帰りプランを絶賛開催中のようだがお一人様1800円:(;゙゚'ω゚'):w

DSC03121-2014nr.jpg
近くにある足湯は無料なのでちょっと浸かってみる( ^ω^ )ややヌルいw

DSC03122-2014nr.jpg
武田尾駅に戻りますか(・∀・)

前はここからさらにワイルドな道を経て道場まで行ったんだが
今回はさすがにそんな勇気はないw

DSC03124-2014nr.jpg
ここのトンネルは電気付き( ^ω^ )

DSC03128-2014nr.jpg
武田尾駅に到着。

DSC03130-2014nr.jpg
ちょっと休憩して…

DSC03132-2014nr.jpg

DSC03133-2014nr.jpg

DSC03134-2014nr.jpg
JR廃線敷とあります。

さぁ、武田尾廃線ハイキングのスタートだ( ^ω^ )←おじいちゃん、さっき行ったばかりでしょ

DSC03138-2014nr.jpg
さきほど通ったお食事処
阪神勝った翌日は生ビールが300円になるそうです(謎のお得情報)

DSC03136-2014nr.jpg
ビール情報に目を奪われていると上にはツバメ?がいらっしゃいました( ^ω^ )

来た道をちょっと引き返しただけでこんな新たな発見があるなんて素晴らしいじゃないか( ^ω^ )w

DSC03139-2014nr.jpg

DSC03141-2014nr.jpg
やはりハイキングコースに入ると日光が遮られて歩きやすくなる(・∀・)

DSC03142-2014nr.jpg

DSC03143-2014nr.jpg
おっ、トンネルだ!( ^ω^ )オラ、ワクワクすっぞ!←

DSC03144-2014nr.jpg

DSC03145-2014nr.jpg

DSC03147-2014nr.jpg

DSC03148-2014nr.jpg
ブルーライトヨコハマ(謎)

DSC03149-2014nr.jpg
何故かチャリで来ている家族連れがいた( ゚ω゚ )なんでこんなところをわざわざ自転車で…

DSC03151-2014nr.jpg

DSC03152-2014nr.jpg

DSC03156-2014nr.jpg
また自己責任感を胸に秘めつつ進んでいきます。

DSC03159-2014nr.jpg

DSC03160-2014nr.jpg
鉄橋に差し掛かると事件発生( ゚ω゚ )

このほっそい道の先で変なカップルが写真の撮り合いしてて全然どきやがらないのだ( ゚ω゚ )ピキピキ

ちょっと避けてくれれば通れるのにガン無視で3分ほど写真パシパシやって
「あwこんちはwww」とか言ってやがった。石投げたい( ゚ω゚ )←

DSC03167-2014nr.jpg
これだからカップルは嫌なんだよ…とかブツブツ言いながら独り者のオッサンは歩いていきます(悲)

DSC03168-2014nr.jpg
ロングトンネルが登場。

DSC03169-2014nr.jpg
初めて来た時はあれほど怖かったトンネルだが今ではただの涼しい場所になってしまった( ゚ω゚ )w

と、油断してたら何か前方で蠢いてる( ゚ω゚ )!?

また写真撮ってるオッサンか?と思ったが人間のサイズではない???:(;゙゚'ω゚'):でも動いてる

犬でした(´;ω;`)こええよ…
しかもその近くにオッサンがライトも付けず座ってて2度ビックリ:(;゙゚'ω゚'):この野郎wwww

あのオッサンは何してたんだろう(´・ω・`)人を驚かせるために潜んでいたとしか思えんw

DSC03172-2014nr.jpg

DSC03175-2014nr.jpg
枕木&出口(・∀・)

DSC03176-2014nr.jpg

DSC03179-2014nr.jpg
最終トンネル(・∀・)さすがに飽きてきたw

DSC03183-2014nr.jpg

DSC03184-2014nr.jpg
数時間ぶりの岩ゴロゴロポイント。

DSC03186-2014nr.jpg
マニア垂涎、自己責任看板の裏側写真(いらないです)

DSC03190-2014nr.jpg
廃線ハイキングコース終了。

ここからは生瀬駅までの戻り方を紹介するぜ( ^ω^ )せっかく戻ってきたからなw
まず高速道路っぽいやつの高架下を通過。

DSC03192-2014nr.jpg
左側の歩道はすぐになくなるので車が通らなくなったら速攻で右側の歩道に移動するのが良い。
オッサンはなかなか渡れなくてずっと通過する車見ながら汗拭いてた( ^ω^ )←

DSC03194-2014nr.jpg
細い歩道をひたすら直進。

DSC03196-2014nr.jpg
がんこ→右折って書いてあるからここで右折します。

DSC03197-2014nr.jpg
トンネルっぽいのを抜けると

DSC03199-2014nr.jpg
生瀬駅( ^ω^ )さすがに疲れた。

生瀬駅を出発してから戻ってくるまでで所要時間ちょうど4時間でした。

DSC03198-2014nr.jpg
駅の向かいにめっちゃ「文房具とまと」って書いてあったからスルーしてたお店があるんだが
よく見たらパンも売ってた。ここで昼食を調達するのも良さそうだな(遅)

DSC03200-2014nr.jpg
宝塚で阪急線に乗り換える前におばちゃんだらけの宝塚大劇場を記念撮影して帰宅。

DSC03207-2014nr.jpg DSC03208-2014nr.jpg
本日の歩数32460歩 距離24.6km 消費カロリー1098kcal

おわり




スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

風邪の引き始めをユンケルスターで制してみた

先日ちょっくら山歩きに行ったところ雨降りだったのもあり結構身体が冷えてしまい
帰る頃には頭痛がしてきて、帰宅後に葛根湯を飲んだりして対処したつもりではあったが
翌日になっても何やら喉の調子がよろしくなくてもうひと息で風邪確定みたいな体調になってた(弱)

このまま葛根湯飲むだけでも何とかなりそうな気もするがまもなく盆休みに突入する。
そんな時に風邪引いてたらシャレにならん。
確実に風邪の不安を除去する必要があると言えよう( ゚ω゚ )負けられない闘いがここにある。

P1040751-2014o.jpg
そこでこいつの登場である( ^ω^ )ユンケルスター師匠。

前に風邪引いてこいつを投入した時は風邪が悪化しすぎてて
効果があったのかなかったのかよく分からんかったんだよな\(^o^)/w
しかし、今回は「風邪の引き始め」なわけでてきめんな効果が期待できるだろう( ^ω^ )うへへ

そういえば前回ユンケルスターを飲んだ時も山歩きから帰ってきて風邪引いてたんだな…
学習しないというかどんだけ身体弱いんだよ(´;ω;`)

P1040752-2014o.jpg
飲むタイミングとしては栄養が吸収されやすい食後が良いらしいのだが
何となく寝る前に飲む事に決定、おやつ食べた後に飲んだら食後だからいけるだろ( ^ω^ )w

箱を開封(・∀・)頼もしいフォルム

P1040754-2014o.jpg
キャップオープン!

P1040753-2014o.jpg
昔は栄養ドリンクの必須アイテムとして付属していた細いストローが最近はなくなって寂しい限りだったので
ヤクルト買った時についてたストローを挿入( ^ω^ )それらしくなったな(満足)

飲む( ^ω^ )チューーーー

:(;゙゚'ω゚'):ゲホムフォ

( ^ω^ )ドリンクが喉に当たると結構むせるなw

むせてる間にストローが瓶の中に消えていった( ^ω^ )サヨウナラ

( ^ω^ )ヤクルトのストローは少し短かったか。

翌日…

(・∀・)寝ようとしたら身体が少し熱くなってきて眠れなくなるかと思ったが
意外とスッキリ眠れたな。ノンカフェインなのが良かった。

おっ、喉の違和感なくなってるじゃねえか(゚∀゚)

もちろんチンチンも元気になっていました(何がもちろんなんだ)

後はその日に限っては仕事中も比較的身体が軽かったというくらいであろうか。
今回は多少なりとも効能の体感があったな( ^ω^ )多分w

ユンケルスターを投入するのは風邪が悪化してからじゃなくて
風邪の引き始めを確実に対処したい時が有効なようだ。
でも1本2000円以上するから余程の時以外は葛根湯とか飲むよね(・∀・)w

チンチン元気日記 おわり


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 健康管理
ジャンル : ヘルス・ダイエット

京都大原を散策 宝泉院の額縁庭園を満喫する

DSC02084-2014o.jpg
京都の大原ってちょくちょく名前は聞くけど、どんなとこかいまいち分からんな( ゚ω゚ )
というかどこにあるのかすら分からんな( ゚ω゚ )京都ー大原三千院♪の歌しか知らねえw

ってなわけで行ってみることに。

阪急の烏丸駅から地下鉄に乗り換えて国際会館駅で下車。
大原行きのバスに乗ります。

DSC02087-2014o.jpg
国際会館駅から25分ほどで大原に到着(・∀・)ちょっと山の方なんだな。

DSC02088-2014o.jpg

DSC02089-2014o.jpg
大原のバスターミナル周辺にはあちこちに「こっちが三千院の参道だぜ!」って看板があり分かりやすい。

←こっちだぜ!って書いてある方に歩いてゆく。

DSC02091-2014o.jpg

DSC02090-2014o.jpg
いきなり左手に一面紫色の畑が( ゚ω゚ )!?

紫蘇畑か、そういえばしば漬けが有名だとどっかで見たことがあるような。

DSC02092-2014o.jpg
ふと前方に目をやるとデカい一眼レフのカメラを首からかけたオヤジがかなり急ぎ足で歩いてる。

もしや…奴もアレを狙っているのか…( ゚ω゚ )

大原に来るにあたってひとつの目標を立ててきたのだ。
そしてそれはあまり人のいない時でないと達成は難しい(多分)
そんなわけで今日は結構早めに家を出たのだがあの男に先を越されると厳しい展開になるな。

DSC02093-2014o.jpg
まだ9時前なので参道のお店はほぼ閉まってる。
これなら寄り道することなく「例の場所」まで一気に行けるか( ゚ω゚ )
気になるものがあっても後で見ればいいさ。

DSC02101-2014o.jpg
あ、でもアイスきゅうりは撮影しておこう( ^ω^ )←

DSC02103-2014o.jpg

DSC02105-2014o.jpg
三千院門跡 先程のカメラの男はこちらに入っていった( ^ω^ )助かったぜ。

三千院も後で見に行けばいいんだ( ^ω^ )目的はただひとつ。

DSC02106-2014o.jpg
実光院もスルー( ^ω^ )

DSC02107-2014o.jpg
勝林院スルー( ^ω^ )

DSC02108-2014o.jpg
勝林院のところで行き止まりと見せかけて左にひっそりと「宝泉院」の看板( ^ω^ )こちらが目的地です。

DSC02109-2014o.jpg
現在9時2分…宝泉院の拝観時間が9時からと少し遅れをとってしまった( ゚ω゚ )大丈夫かな…

DSC02112-2014o.jpg
お抹茶券付きの拝観料800円を払って、いざ拝観( ゚ω゚ )

DSC02111-2014o.jpg
早速素敵な佇まいだぜ(・∀・)

係りの人が現れて「すぐにお茶をお持ちしますのであちらでお待ちください」と言われる。

DSC02113-2014o.jpg
(・∀・)おぉ!

DSC02114-2014o.jpg
うおおおおお!(゚∀゚)

これや!ワイが見たかったんはこれなんや!(゚∀゚)

DSC02115-2014o.jpg
柱と柱の間を額縁に見立てて庭を鑑賞する額縁庭園というやつである( ^ω^ )素晴らしい!

DSC02116-2014o.jpg
人が来たらどうしてもど真ん中に座るだろうから何が何でも人のいない内に来ておきたかったのだ(・∀・)

と、思ってたらすぐに他の人もやってきた\(^o^)/危ないところだったぜw

DSC02117-2014o.jpg
しかし俺は自分が見たからと言っていきなり額縁のど真ん中に座るような野暮なマネはしねえぜ( ^ω^ )

後から来た人もちゃんと額縁庭園が鑑賞&撮影できるように
隅の方に移動して他のものを撮影してみたりする。

DSC02121-2014o.jpg
室内も素敵です(・∀・)

DSC02125-2014o.jpg
宝泉院もう一つの名物?である血天井。
伏見城の床板を天井に配して供養としたもののようで
京都ではあと何箇所かの寺院で同じ伏見城の血天井があるらしい( ゚ω゚ )

DSC02124-2014o.jpg
ここのシミがこういう感じになってますみたいな図があったけどよく分からんかった( ゚ω゚ )w

DSC02127-2014o.jpg

DSC02130-2014o.jpg

DSC02133-2014o.jpg
額縁的な角度以外からも撮ってみる(・∀・)

DSC02136-2014o.jpg
そしてここで抹茶とお菓子が登場(゚∀゚)

毛氈があってさらに抹茶なんて出されたらみんな何も言われずとも正座になる( ^ω^ )w

DSC02138-2014o.jpg
お菓子は宝泉院オリジナルのものでここでしか食べられないらしい。
若狭屋さんという和菓子屋さん手作りのニッキの味がするお餅です。

DSC02137-2014o.jpg
その後も人がじゃんじゃん増えてきて9時15分頃には
もはや人が入り込まない額縁庭園を撮影するのが不可能に\(^o^)/早く来といてマジ良かった。

「9時に宝泉院に着くようにするには…平日より早く起きないといけねえじゃねえか!
電車1本遅らせようかな( ゚ω゚ )」とか思ってたけどちょい頑張った甲斐があったぜw

DSC02155-2014o.jpg

DSC02156-2014o.jpg

DSC02157-2014o.jpg
人が多くなったので額縁庭園以外にも目を向けてみる( ^ω^ )

水琴窟もあったのでその音を聴いたりしているといきなり人が減ってきた( ゚ω゚ )
大体みんな他にも見るとこあるからってお茶飲んで10分もしたら出て行くのな。

これはまたじっくり鑑賞できるチャンスが来るのか!

と、ここで強敵現る:(;゙゚'ω゚'):

一人で来てるおばちゃん。
庭が一番よく見えるど真ん中に猛々しく鎮座なさっている。
ちゃんと庭を眺めてるならいいんだけど何かずっと大原周辺のパンフレットみたいなの見てる\(^o^)/

気付けばそのおばちゃん以外はみんな仰々しい一眼レフを装備した野郎どもで
景色に映り込まないポジションで待機しているw

恐らくあの時、俺を含めた一眼野郎どもみんなの心が一つになっていただろう。

「オバハン…パンフレットは他所で見ろ」

そんな皆の願いも虚しくおばちゃんはパンフレットを見続ける。
それから10分ほど経った頃、ついにおばちゃん去る(・∀・)ヤッター!←
てか、おばちゃん座りに来ただけかよ!全然庭とか見てねえじゃん\(^o^)/

DSC02143-2014o.jpg
そこからの一眼軍団の動きは目を見張るものがあった。

それぞれ知らない者同士なのにまさしく阿吽の呼吸といった見事な体捌きで
お互いに映り込まないポジションを確保しつつ「かしょんかしょん」って音出しながら写真撮ってる。

DSC02144-2014o.jpg
俺も撮る( ゚ω゚ )俺だけコンデジで少し疎外感w

DSC02166-2014o.jpg
人がいなさそうに見えますがこのカメラの視界の外には7人ほどカメラを構えた奴らがいます。

この部屋全体の様子をビデオカメラ等で撮影すると凄く気持ち悪いことになっていると思います\(^o^)/w

DSC02170-2014o.jpg
そんでまた10分もしたら人でいっぱいになるんだけどね( ^ω^ )w

なんだかんだで1時間ほど滞在してじっくりと庭園を鑑賞でき満足(・∀・)本日のメインイベント終了。

宝楽園なる庭も見られるようなので行ってみよう。

DSC02178-2014o.jpg
( ゚ω゚ )ほうほう

DSC02179-2014o.jpg
( ゚ω゚ )なるほど

DSC02180-2014o.jpg
( ゚ω゚ )なんかよく分からんかった(あほ)

DSC02184-2014o.jpg
おっしゃ、続いては大原のボス的存在の三千院に行くぜ。

つづく


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

京都大原を散策2 三千院を拝観した後オサレなカフェで野菜カレー食って帰る

DSC02185-2014o.jpg
三千院門跡

DSC02193-2014o.jpg
撮影禁止のお寺さんの中を通って行って往生極楽院という建物のあるポイントに出てくる。
そこでは坊さんが大変軽妙なトークを繰り広げておりなかなか面白かった。

DSC02194-2014o.jpg
そしてその近くには「わらべ地蔵」

DSC02195-2014o.jpg
よく見てみると:(;゙゚'ω゚'):なんかいるw

DSC02198-2014o.jpg
「可愛らしい」と思うか「夜に見たら怖そう」と思うかは人それぞれです( ^ω^ )w

ここもまた宝泉院の額縁庭園と同じく一眼レフ野郎どもの腕試しスポットとなっているのか
デカいカメラ持って物凄い体勢で撮影してる奴らを散見します( ^ω^ )本気出し過ぎ

DSC02204-2014o.jpg

DSC02203-2014o.jpg
あじさい園を進んでいくと

DSC02205-2014o.jpg
金色不動堂があり

DSC02207-2014o.jpg
その横の休憩所で金色不動茶とか言う金粉入りの紫蘇茶をいただけます。

ちなみにこの休憩所を出るときは「金色不動茶」の販売エリアを通ることになり
このセールストラップにお婆ちゃんとかがよくやられてました( ^ω^ )w

DSC02215-2014o.jpg
後は「円融蔵」って展示室を軽く覗いて三千院を後にする。

さて、次はどこに行こうか。

DSC02217-2014o.jpg

DSC02218-2014o.jpg

DSC02219-2014o.jpg
来迎院方面へ進むと一気に人気がなくなる。

DSC02220-2014o.jpg

DSC02222-2014o.jpg





DSC02223-2014o.jpg
矢印を無視してさらに直進します( ^ω^ )w

DSC02224-2014o.jpg
音無の滝へ向かいます(・∀・)

DSC02225-2014o.jpg
ちょっとした山道感があっていい感じだ( ^ω^ )木の香りがして落ち着くぜ。

DSC02226-2014o.jpg
大尾山を経て比叡山( ゚ω゚ )そんなとこまで行けるのか。

DSC02228-2014o.jpg
来迎院をスルーして5分ちょいで音無の滝に到着(゚∀゚)涼しい。

DSC02229-2014o.jpg
さて戻ろう。そろそろランチタイムだがどこで食べようか…

DSC02232-2014o.jpg

DSC02235-2014o.jpg

DSC02236-2014o.jpg
参道沿いを戻っていくと色々お店があるんだがいまいちピンと来ない( ゚ω゚ )

DSC02237-2014o.jpg
もう最終手段としてアイスきゅうりを昼飯にしようか( ゚ω゚ )w

DSC02238-2014o.jpg

DSC02240-2014o.jpg
大原のバスターミナルまで戻って来ちゃった。
この付近にもお昼を食べられるお店があるが「これぞ観光地のうどん屋!」みたいな佇まいに
俺の危機センサーが反応しているw

とりあえず寂光院ってとこまで歩いてみるか…

DSC02241-2014o.jpg
畑沿いののどかなコースになりました(・∀・)

DSC02242-2014o.jpg
道の途中に何か発見( ゚ω゚ )

DSC02243-2014o.jpg
なんかシャレた感のあるカフェ?

大原の野菜を使ったカレーやランチプレートがあるそうだ…
そんなに混んでる感じでもないし行ってみっか(・∀・)

DSC02244-2014o.jpg
大原リバーサイドカフェ来隣 (キリン)に入店。

リバーサイド感はないです(・∀・)w

おばんざい付きのランチプレートや日替わりパスタにカレー等
結構色んなチョイスが楽しめるランチメニューです。
俺はカレーを注文( ^ω^ )

DSC02246-2014o.jpg
まずはサラダが登場:(;゙゚'ω゚'):すげぇ!

何か見たこと無い野菜に「この花は食べられますので」とか言われて食用のお花も載ってる。

早速食う(・∀・)美味い、ドレッシングもいい味してやがるぜ。

DSC02247-2014o.jpg
食べごたえのあるサラダをほぼ完食した頃にカレー登場( ^ω^ )これも良さ気だな。

これまた謎の野菜がふんだんに使用されている。もちろん味もよろしい。
観光地でこれだけ凝ったカレーとサラダで1000円なら充分に満足の内容である。

DSC02248-2014o.jpg
さらに食後のデザートも頼んでしまった( ^ω^ )キャラメルバナナタルトうめぇw

DSC02249-2014o.jpg
変わった容器に入ったコーヒーがやたらと美味かった(゚∀゚)

コーヒーがなくなり吸っているストローがズズズズッと音を立てたので店を後にする(謎)

何となくで入ったお店だったが大原の野菜が堪能できて大変良かった(・∀・)

DSC02255-2014o.jpg
引き続き寂光院方面へと進んでゆく。

三千院方面と違って畑とかが多くて落ち着く雰囲気だ(・∀・)紫蘇畑も多い。

DSC02254-2014o.jpg
たぬき( ^ω^ )

DSC02256-2014o.jpg
おっ!わっぱ堂ってここにあるのか( ゚ω゚ )
わっぱ堂もまた大原の野菜を使った料理が売りのお店でしかも事前予約制なのだ。

実は「昼食はわっぱ堂がいいな(゚∀゚)」と思って3日ほど前に電話してみたら
速攻で「もう予約でいっぱいなんです、すいません…」と言われてしまっていた経緯が\(^o^)/
まぁ、よく考えたらオッサン一人で行く感じでもないし良かったかもしれん( ゚ω゚ )でもいつか行ってみたいw

DSC02259-2014o.jpg
そんなわっぱ堂さんに思いを馳せつつ更に進む。
結構こっちも色んなお店あるんだな(・∀・)

DSC02260-2014o.jpg
寂光院前をスルーしたらまた山道っぽいのが登場(゚∀゚)わーいw

DSC02261-2014o.jpg
でも、どれくらい続いてるかよく分からんから引き返そう( ゚ω゚ )w

DSC02265-2014o.jpg

DSC02266-2014o.jpg
なんか落ち着く道ですわい( ^ω^ )

バスターミナルまで戻ってバスの時間を確認すると30分後に次の便が来るらしい。

DSC02269-2014o.jpg
ちょっと時間があったから三千院方面の参道に再度行きまして
アイスきゅうりで有名な志ば久さんにてお漬物3点セットを土産に購入。

千枚漬けがめちゃくちゃ美味しかったのだが、よく考えたら大原名物であるしば漬けを買ってなかった(あほ)

DSC02270-2014o.jpg
アイスなすび またの名を「ボーナス」

リアル「棒ナス」とか初めてみたわ( ゚ω゚ )バカボンでしか見たこと無いw

DSC02272-2014o.jpg
そんな素敵な思い出を胸に帰宅したのじゃった(なんだこの終わり方)

DSC02299-2014o.jpg DSC02300-2014o.jpg
本日の歩数23547歩 距離17.8km 消費カロリー751kcal

おわり





スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

久しぶりの愛宕山登山 軽く嵐山を観光後、息を切らしながら表参道コースを進む

DSC03210-2014o.jpg
久々に嵐山にやってきた(・∀・)
目的は愛宕山登山、まだ8月になったばかりだからスズメバチさんも少しは大人しいだろう。

家を出るときに結構雨が降ってて「ちきしょー、雨でも登ってやるぜ!」と傘をさして出発。
電車に乗ってたら京都市内に入った頃から「あれ?曇ってるくらいで雨降ってねえな( ^ω^ )」

で、嵐山駅に降り立つと小雨(´;ω;`)なめとんかw

DSC03211-2014o.jpg
阪急の駅からすぐのところに「風風の湯」という温泉?が出来てた( ゚ω゚ )いつの間に…

調べてみたら2013年の9月にオープンと書いてあった。
去年の9月って桂川が氾濫して渡月橋冠水してなかったっけ( ゚ω゚ )波乱の幕開けってやつか。

DSC03213-2014o.jpg
うーん、キレイな鉛色の空(゚∀゚)登山日和w

DSC03214-2014o.jpg
渡月橋を渡ります。

DSC03216-2014o.jpg
渡ってすぐのところにある新八茶屋に突入。
まずは腹ごしらえにアイス食うぜ( ^ω^ )

DSC03217-2014o.jpg
抹茶味ときなこ味のジェラートを購入。
店から出てすぐの川べりで食べようとしたら速攻で溶けてきた( ゚ω゚ )

DSC03218-2014o.jpg
桂川を眺めながらどんどん溶けていくジェラートと格闘します。
きなこ味の方が美味しいな( ^ω^ )パクパク

DSC03220-2014o.jpg
土産物屋が立ち並ぶ通りを歩いてゆく。

DSC03221-2014o.jpg
おっ、以前食べたやけに安いソフトクリーム屋(゚∀゚)
よく見たら「嵐山で一番安いソフトクリーム屋」って書いてるw

でも前に食べた時は180円だったような( ゚ω゚ )増税の影響かね?

しかし3%の増税に対して180円のソフトクリームが200円だと…( ゚ω゚ )なんてこった(謎)

DSC03225-2014o.jpg
竹林の小径

DSC03226-2014o.jpg
野々宮神社

DSC03228-2014o.jpg
色んな観光地で人力車を見るが
嵐山だけ人力車の稼働率がやたらと高いような気がする( ゚ω゚ )

DSC03230-2014o.jpg
レンタサイクル 1日100円( ゚ω゚ )めちゃ安w

DSC03236-2014o.jpg
絶賛工事中の二尊院

DSC03238-2014o.jpg
この辺りに来るといつも人気がなくなってくる。
というか、毎回嵐山に来た時のコースが同じ過ぎるので少しは何とかしたい(´・ω・`)w

DSC03239-2014o.jpg
いつも見る「イヌバウアー」の看板。
もはや元ネタが何なのか分からん人もいることだろうw

DSC03240-2014o.jpg

DSC03241-2014o.jpg

DSC03242-2014o.jpg
明らかに高そうな鮎料理屋さんを通過。

DSC03243-2014o.jpg
ちょっと雨が強くなってきたな(´・ω・`)

DSC03244-2014o.jpg
清滝トンネルにやってきた(゚∀゚)久しぶり。

DSC03245-2014o.jpg
2年前も武田尾の廃線ルートでトンネル体験してすぐに清滝トンネルに来てるんだよな(´・ω・`)
トンネルが呼んでるのか…

DSC03249-2014o.jpg
清滝川 バーベキュー的な事してる家族連れとかが大量にいた。

DSC03248-2014o.jpg

DSC03250-2014o.jpg
11時55分 愛宕山登山開始( ^ω^ )

DSC03251-2014o.jpg

DSC03252-2014o.jpg
にほんごでたのむ( ^ω^ )←

DSC03254-2014o.jpg
100m間隔で1個ずつ看板があるわけか(・∀・)いい目安だ。

DSC03255-2014o.jpg

DSC03256-2014o.jpg
あれ?( ゚ω゚ )もうしんどい(弱)

DSC03257-2014o.jpg

DSC03259-2014o.jpg
ぐぬぬ…( ゚ω゚ )何度か登ってるから「看板Noが20になるまではずっとしんどい」という予備知識があるにも関わらず
それを加味したうえでのこの疲労感…加齢による体力の低下が著しくなってきたのか。

DSC03260-2014o.jpg
看板カウントが10になる頃にはもう「帰りたい(´;ω;`)」と涙目状態になり
雨が降っているのも無視して傘を杖代わりに使用するというご老体モード。

さらにこの疲労感に加えて謎の「プーン」って羽音を立てる小さな虫がずっと目と耳の周りを飛んでいる…
時々目の中に飛び込んでしまいそのままお亡くなりになる奴もいる始末で
「誰が得してんだよ」状態(´;ω;`)メンタルが鍛えられるなw

DSC03261-2014o.jpg
もう少ししたら小屋があるからそこに行ったら休憩だ( ゚ω゚ )キュウケイ…kyukei

DSC03262-2014o.jpg
おぉ…小屋キター(´;ω;`)

あ、オッサンが休憩しとるー(´;ω;`)www

DSC03265-2014o.jpg
ああいう小屋で知らん人と一緒に座ってるのって嫌なんだよね(´;ω;`)道端で休憩だ…w

DSC03266-2014o.jpg
小屋第2弾

(´;ω;`)今度はおばちゃんが…

DSC03267-2014o.jpg
ハァハァ…( ゚ω゚ )あれは

DSC03268-2014o.jpg
大杉社に到着(´;ω;`)汗でシャツはびちゃびゃ、すでに体力の限界は近い←
スタート地点からここまで所要時間40分。

DSC03269-2014o.jpg
ちょっとした展望が楽しめます( ^ω^ )見ながら茶を飲む。

DSC03270-2014o.jpg
ここからは平坦な道もあったりするから頑張ろう。

DSC03271-2014o.jpg

DSC03272-2014o.jpg
平坦な道ありがてぇありがてぇ(´;ω;`)

DSC03273-2014o.jpg
ま、すぐに登りも出てくるんですけどね( ゚ω゚ )w

DSC03275-2014o.jpg
興奮した( ^ω^ )←

DSC03277-2014o.jpg
アカン…やっぱりしんどいぞ(´・ω・`)体力落ちすぎ

DSC03280-2014o.jpg
ようやく4分の3まできたか。

DSC03282-2014o.jpg

DSC03281-2014o.jpg
水尾別れ いつか水尾方面も行ってみたいな(・∀・)

DSC03285-2014o.jpg
ひーひーふー(´・ω・`)もう少ししたら「もう終盤ですよ」的な目印の
道にかかるジャンボな木があるはずだ…

DSC03286-2014o.jpg

DSC03287-2014o.jpg
おぉ!来た(゚∀゚)

てか、ちょうどこの木を境に何やらモヤモヤしてるような( ゚ω゚ )

DSC03289-2014o.jpg
何この幻想的な世界( ゚ω゚ )w

つづく


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

プロフィール

しゃけ

Author:しゃけ
散歩好きが高じて旅行や山登りに行くようになったオッサン

旅行ブログって書いてるけど近所プラプラしてるだけであんま旅行してない

ツイッター @syaketr

 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
オッサンのぼやき
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキング
メールフォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
宿らん
札幌エクセルホテル東急
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村