GWの道北ふらふら一人旅4 澄海岬から民宿海憧へ戻り久種湖を散策

前回 礼文島岬めぐりコース ゴロタ岬~鉄府での猫祭りを経て澄海岬

DSC00815-2014re.jpg
澄海岬を観賞後は舗装路を歩いて浜中というとこのバス停を目標に進んでいく。

DSC00826-2014re.jpg
ひたすら車道1

DSC00827-2014re.jpg
ひたすら車道2

DSC00828-2014re.jpg
ひたすら車道3 口に虫が入った

DSC00829-2014re.jpg
見るものも何もないので道路に茶を置いて撮影するという謎の精神状態に(危)

DSC00830-2014re.jpg

DSC00831-2014re.jpg
レブンアツモリソウ群生地(゚∀゚)これがかの有名な。

DSC00832-2014re.jpg
あぁ、やはり今は茶色いだけだな(確認)

DSC00833-2014re.jpg
ちょっと建物が見えてきた。

DSC00834-2014re.jpg
西上泊から40分で浜中のバス停に到着(・∀・)

DSC00835-2014re.jpg
宿のある船泊までは2kmか(´・ω・`)微妙な距離感w

DSC00836-2014re.jpg

DSC00840-2014re.jpg
暑い…(´・ω・`)日が照りすぎだぜ夏かよ…

DSC00842-2014re.jpg
自販機が凄く珍しく感じられるのは何故だろう( ゚ω゚ )

とりあえずリアルゴールドを補給して元気を取り戻す。

DSC00844-2014re.jpg
ファミリーマートってこんな外観だったか?(´・ω・`)w

DSC00845-2014re.jpg
礼文島には信号が2個くらいしかないんだっけ( ゚ω゚ )
それも交通整理のためではなくて子供が島から出たときに困らないようにという勉強用らしい。
通りで保育所の前にあるわけだ。

DSC00846-2014re.jpg
そして…

DSC00848-2014re.jpg
ついに民宿海憧に到着(´;ω;`)感動のゴール

DSC00847-2014re.jpg
民宿のすぐ傍にはエラく渋い銭湯と

DSC00850-2014re.jpg
タコに侵略された公園があります( ^ω^ )

DSC00851-2014re.jpg
部屋に戻る前に海を散歩しておこう(゚∀゚)いい色してるぜ

DSC00852-2014re.jpg
浜は貝だらけ( ^ω^ )おもしれー

DSC00855-2014re.jpg
穴の開いた貝殻が大量に落ちています(・∀・)他の貝に食われた跡らしい、食い過ぎだろ。

DSC00856-2014re.jpg
穴が開きかけな貝の中途半端さが気に入った( ^ω^ )お持ち帰りしよう。

DSC00857-2014re.jpg
さすがに疲れたので部屋で少しゴロゴロする( ゚ω゚ )

洗面所で顔を洗うと水が滲みる…
日焼けしたのか?まだ5月にもなってないんだぜ?

と思ったが鏡で顔を見てみると物凄く赤くなってた\(^o^)/
後日、礼文島とかは緯度が高いので紫外線が強いことを知ったw
春先でも日焼け止め必須だな(遅)

DSC00862-2014re.jpg
そういえばまだ昼飯食ってなかったな…と足を引きずりお出かけ。

もう15時になるがまだお店はやってるだろうか。
そして宿の夕食は18時スタートでしかもボリューム満点との評判だが
今から昼飯食べて大丈夫だろうか(´・ω・`)

とかごちゃごちゃ考えつつもラーメンのスープらしき香りに誘われて双葉食堂なるお店に入ってみる。

お客さんらしき先客が一人(・∀・)営業してるようで良かったw

DSC00861-2014re.jpg
チャーシューメンを注文(゚∀゚)やっと飯だwww

( ^ω^ )ズルズル…

( ^ω^ )美味い!たっぷりチャーシューが胃に心地良いw

DSC00863-2014re.jpg
腹を満たした後は近くにあるマリンストアーで水やちょっとしたお土産品を購入した。

こういうところは見るだけでも面白いしお土産とかが安く手に入ったりしてテンション上がる(・∀・)

DSC00864-2014re.jpg
夕食に備えて腹を減らすためにも近くの久種湖を散歩してみよう( ^ω^ )
まだ花の時期ではない礼文だが久種湖の水芭蕉だけは今が絶好のシーズンらしい。

DSC00866-2014re.jpg
久種湖畔キャンプ場

DSC00867-2014re.jpg
散策コースを進んでいく。

DSC00869-2014re.jpg
以前ブログで「謎の植物( ^ω^ )」って書いたら「ザゼンソウって言うんですよ^^」
と名前を教えてくれた人がいて名前を覚えたザゼンソウ( ^ω^ )w

DSC00871-2014re.jpg
お、水芭蕉も発見( ^ω^ )

DSC00872-2014re.jpg
看板がちょこちょこ立っているが全てブルーシートが被せられていてどこに行けるのか分からん(´・ω・`)w

DSC00873-2014re.jpg
とりあえず前進。

DSC00875-2014re.jpg
岬めぐりコースの疲労が残っているんだから登りは止めとけば良かった(´・ω・`)←あほ

DSC00876-2014re.jpg

DSC00884-2014re.jpg
下って行くと水芭蕉の群生地に出てきた(・∀・)

DSC00885-2014re.jpg

DSC00883-2014re.jpg
でもよく見るとジャンボに育ちすぎてて色も茶色っぽくなってる(´・ω・`)w

DSC00886-2014re.jpg

DSC00887-2014re.jpg
群生地近くにはプリンス君なるポニーが繋がれていると見たことがあるが今日は閉店中(表現がおかしい)
多分この辺りにいるんだろうな(´・ω・`)

DSC00890-2014re.jpg

DSC00891-2014re.jpg
宿に帰還( ^ω^ )しんどいw

DSC00900-2014re.jpg
洗面所で顔を洗うと昼と同じく水が顔に滲みる\(^o^)/どんだけ焼けたんだ…

16時からお風呂に入れるようなのでかなり早めに入浴しておいた。
歩きまわった後の風呂は最高じゃ(゚∀゚)

DSC00899-2014re.jpg
部屋に戻りテレビを見たりしてたが疲労のため意識を失う(危)

起きてみると窓の外には素晴らしい夕日が(゚∀゚)うおおおおおおおお

DSC00902-2014re.jpg
そして夕食タイム( ^ω^ )

刺身に天ぷら、つみれ汁に焼き魚、肉じゃがとウニ!(゚∀゚)種類豊富!

そしてこのウニがまた新鮮な感じが全開でめちゃ美味い( ^ω^ )初めて食べる食感。
さすがはウニの島だぜ!

DSC00903-2014re.jpg
さらにカニまで付いてたりする( ^ω^ )食いきれるか心配になるw

本日の宿のお客さんは俺以外には二人いて
一人は常連さんっぽい人、もう一人は礼文が初めてという人だった。

そして話をしていくと初礼文の人は俺と同じ県に住んでて
さらに本日の岬めぐりコースで唯一遭遇したゴロタ岬で電話してた人だと言うことが判明( ゚ω゚ )
さらにさらに昼過ぎに双葉食堂へ行った時もこの人がいたという( ゚ω゚ )気付かんかったw

やはり同じ宿だと似たようなコースになるんですねーみたいな話をしながらカニを剥いてゆく。

DSC00906-2014re.jpg
夕日がさらに見事な感じになっていたのでカニ剥きをストップして景色を楽しむ(・∀・)

DSC00908-2014re.jpg
夕日が沈むとともに夕食終了。

宿のご主人が各々の明日の予定を聞いて送迎プランを考えて解散。

DSC00909-2014re.jpg
部屋に戻り布団でゴロゴロ。

DSC00913-2014re.jpg
気付けば部屋にストーブが( ゚ω゚ )
タンクを調べてみるとしっかり灯油が入っててすぐに使用できるようだ。さすがだなw

DSC00916-2014re.jpg
宿の本棚にあった解体屋ゲンっていう謎の漫画を読んでから就寝。

DSC00911-2014re.jpg DSC00912-2014re.jpg
本日の歩数40907歩 距離31km 消費カロリー1354kcal

つづく



スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

GWの道北ふらふら一人旅5 礼文岳登山に挑戦してみる

前回 澄海岬から民宿海憧へ戻り久種湖を散策

DSC00922-2014re.jpg
起床(・∀・)今日も天気良さそうだ!

DSC00919-2014re.jpg
朝ごはんをいただく( ^ω^ )鮭に卵に納豆、これぞ日本の朝食。

ご飯を2回おかわりしてごちそうさま( ^ω^ )食った食った。

俺以外のお客さんは香深のフェリーターミナルまで送ってもらうようだ。
俺はその途中の内路というところで降ろしてもらうことに。

そこには礼文岳の登山口があって今日は礼文岳の山頂から利尻富士を眺めようというプランだ( ^ω^ )

しかしそれを聞くと常連さんが
「え…礼文岳登るの?まだ雪が残ってて無理なんじゃ…
昨日、礼文林道に行ったけどあそこでも雪が残ってたから途中で帰ってきたよ俺」
と言っていたんだが
「まぁとりあえず行ってみますよw」みたいな軽い受け答えをしていた( ^ω^ )v

DSC00923-2014re.jpg

DSC00924-2014re.jpg
そんなこんなで内路の登山口まで送っていただいた(・∀・)

登って下りての往復で4時間ほどかかるようだ。
ここにバス停があるんだが3時間で戻ってこないと宿のある船泊方面行きのバスは行ってしまう…( ゚ω゚ )
そうなったら次は逆方面の香深行きのバスが来るからそれに乗っていってフェリーターミナル付近で散策でもしようか。

そうなったらっていうかほぼそうなるだろうな( ゚ω゚ )3時間とか無理だw

DSC00926-2014re.jpg
8時ジャストに礼文岳コースをスタート(・∀・)

DSC00927-2014re.jpg

DSC00931-2014re.jpg
少し登ったところですぐ利尻山が見える(・∀・)だが昨日よりもかなりモヤってるような…

DSC00933-2014re.jpg
昨日の岬めぐりコースみたいに風が強いと困るなと思ったが木が結構生えてるからかあんまり風がなく安心。

DSC00935-2014re.jpg
残雪を発見(・∀・)

まぁこんなもんだろwせいぜい道がぬかるんでるくらいだわwwwと余裕の俺( ^ω^ )

DSC00936-2014re.jpg
風もあんまり強くないし歩きやすいわ( ^ω^ )

DSC00937-2014re.jpg
おっ、ここは結構雪が残ってるな( ゚ω゚ )

DSC00939-2014re.jpg
しかし登山道は雪解け水?が流れててぬかるんでるくらいなので大丈夫(・∀・)余裕っすw

DSC00940-2014re.jpg
よ…(・∀・)よゆう…(道にも雪が)

DSC00944-2014re.jpg
ここら辺から雪の上を歩くとたまに足が沈む( ゚ω゚ )

DSC00946-2014re.jpg

DSC00948-2014re.jpg
木の生えてる周囲は雪が溶けてる( ^ω^ )面白い

DSC00949-2014re.jpg
看板を発見(´・ω・`)まだ1キロしか歩いてないのか(すでに弱ってる)

DSC00953-2014re.jpg

DSC00955-2014re.jpg
細い道にはあまり雪がないけど少し開けたところに出ると雪まみれという感じが続く。

DSC00957-2014re.jpg
足ズボレベル2(´・ω・`)

DSC00958-2014re.jpg

DSC00959-2014re.jpg
足ズボレベル4:(;゙゚'ω゚'):
こういうのが続くとさすがにマズイな…4時間でも帰れるかどうか怪しいぜ。

DSC00961-2014re.jpg

DSC00962-2014re.jpg
看板を発見( ^ω^ )礼文岳あと70分

( ^ω^ )…

( ^ω^ )70分ってことは多分100分以上かかるな←

DSC00967-2014re.jpg
最初は道のぬかるんでるのが嫌だったが
雪が積もってるよりは全然歩き易いや(´・ω・`)って感じになってきた。

DSC00968-2014re.jpg

DSC00969-2014re.jpg
この辺りから雪が積もりすぎてて道が分からんようになってきた:(;゙゚'ω゚'):
踏み跡らしきものもないからわりとパニックになる\(^o^)/おおおおお落ち着け俺←

DSC00971-2014re.jpg

DSC00973-2014re.jpg
ようやく目印っぽいリボンと道っぽいのを発見して安心(´;ω;`)

DSC00975-2014re.jpg
またリボン(´;ω;`)ありがてぇありがてぇ(必死)

DSC00977-2014re.jpg
しかしまぁ、何ですなぁ( ^ω^ )

帰りも迷う可能性がありますなぁ…( ^ω^ )

DSC00979-2014re.jpg
とか思ってたらまた一面雪の世界で道わからん\(^o^)/どんどんハイレベルになってくる。

DSC00980-2014re.jpg
また少し迷ってから道を発見(´;ω;`)足もやたらと沈むしそろそろヤバいかもしれんね。

DSC00981-2014re.jpg
めっちゃ雪溶けてる( ^ω^ )

というかこんなに雪深くなってきてんのか…( ^ω^ )アカンやつや。

DSC00982-2014re.jpg
少し周りの景色が見渡せるようになってきて薄っすらと利尻山が見える(・∀・)

でもここら辺から風が強くなってきた\(^o^)/試される大地www

DSC00984-2014re.jpg
道の彼方を見るとわずかに山頂っぽいのが見える(・∀・)よし頑張ろう!

DSC00986-2014re.jpg

DSC00987-2014re.jpg
雪深さを増してさらに足ズボレベルをあげていく礼文岳さん(´・ω・`)

DSC00989-2014re.jpg
ひーひーふー(´・ω・`)

DSC00990-2014re.jpg
足ズボレベル…もう嫌だ(´;ω;`)膝に達しとるw

DSC00992-2014re.jpg

DSC00994-2014re.jpg
わーい利尻山が見えるぞー(・∀・)

みたいな余裕もなくなってきた…風がヤバい…危険が危ない(謎)

DSC00995-2014re.jpg
へし折れた看板を見てみると礼文岳1kmとか書いてある:(;゙゚'ω゚'):まだそんなにあんのかよ!

DSC00996-2014re.jpg
さらに進んでいくと何か…雪で出来た壁が…(^p^)

DSC01004-2014re.jpg
分かったよ!登ればいいんだろ!(´;ω;`)←ヤケクソ

DSC01001-2014re.jpg

DSC01002-2014re.jpg
遮るものが何もなくて眺めはいい(゚∀゚)

けどもやはりそうなると風が強い…風が語りかけます(゚∀゚)怖い、怖すぎる(謎)

さっきまでは木に掴まったりも出来たがここで転けたら間違いなくそのまま転がる(゚∀゚)そして遭難へ

DSC00999-2014re.jpg
周りを見渡すがまた道がないっぽい(゚∀゚)うひょー(発狂)

ここを登るのか?登っちゃうのかい???本当にやっちゃうのかい???!?

いや、死ぬわ( ゚ω゚ )←賢い

DSC00998-2014re.jpg
登れても戻る時に転落する率がかなり高そうだし、そもそもそっちで合ってるのか分からん。

登り始めて80分経過…今から戻れば11時過ぎの船泊行きのバスに間に合うであろう…

仕方あるまい(´;ω;`)

DSC01005-2014re.jpg
礼文岳(490m)春期無酸素単独登頂 敗退\(^o^)/←あほ

DSC01007-2014re.jpg
帰りはどっかのアホな人がハマったポイントを避けていけばいいから少しは楽だぜ( ^ω^ )←

DSC01008-2014re.jpg

DSC01009-2014re.jpg

DSC01011-2014re.jpg
こういうところは100%ズボる( ^ω^ )

DSC01012-2014re.jpg
振り返って礼文岳の山頂らしきものを未練がましく見つめる(´・ω・`)

もしかしたらちゃんと道があったかもしれんなぁ…

強風でパニックになってすぐ撤退したからなぁ…

雪のない時期に一度登ってたら道が分かったのかもなぁ…

等とグチグチ考える(´・ω・`)まぁ仕方がない、あそこから先は俺レベルだとわりと死ぬゾーンだからな。

DSC01016-2014re.jpg
登山口にあった自販機で購入しておいたアイスココアを補給しつつちょっと休憩。

DSC01018-2014re.jpg

DSC01020-2014re.jpg

DSC01021-2014re.jpg
懸念していたポイントでやっぱりまた道に迷う( ^ω^ )うへへへへw(笑うしかない)

自分の踏み跡があるはずなのによく分からん\(^o^)/

行きに同じ所で撮った写真を再生してみるがどこも同じような眺めの雪と木だけで結局分からん\(^o^)/w
礼文島だから良かったものの熊が出るような山ならパニック度合いは最高潮に達していたことであろう。

DSC01022-2014re.jpg
10分くらいウロウロしてようやく道を見つける(´;ω;`)怖かったw
うん、この程度のレベルなんだからあそこで戻っておいて良かったんだよ(納得)

DSC01025-2014re.jpg

DSC01026-2014re.jpg
ここらは踏み跡がしっかりと確認できる( ^ω^ )良かった

DSC01027-2014re.jpg

DSC01030-2014re.jpg

DSC01032-2014re.jpg
さっき通った看板ポイントか( ^ω^ )ちゃんと戻れてるなw

DSC01034-2014re.jpg

DSC01036-2014re.jpg
看板ポイントを過ぎた辺りから雪のボリュームが一気に減少して大変歩きやすくなる( ^ω^ )

DSC01037-2014re.jpg

DSC01038-2014re.jpg
内路まであと1km(・∀・)バスの時間には余裕で間に合いそうだ。

DSC01041-2014re.jpg

DSC01044-2014re.jpg

DSC01045-2014re.jpg
船泊方面かな(・∀・)

DSC01046-2014re.jpg
内路の港が見えてきた!(゚∀゚)

DSC01048-2014re.jpg
利尻山も見える(゚∀゚)

DSC01049-2014re.jpg
やはり下りは膝が痛い( ^ω^ )←

DSC01051-2014re.jpg
ついに…登山口まで帰還(´;ω;`)感動したw

登りは1時間20分 下りは1時間20分…( ゚ω゚ )!?
休憩もしたとは言え下り時間かかり過ぎだろ…どんだけ迷子になったんだ(´・ω・`)

そして一度たりとも人には会わなかった(´・ω・`)まだ登る時期じゃねえんだな(遅)

DSC01053-2014re.jpg

DSC01054-2014re.jpg
目の前の内路港でカモメを観察

DSC01057-2014re.jpg
ちょうどいい具合に椅子があるからバスが来るまで待機( ゚ω゚ )ぼーっとする。

といきなり誰か来た( ゚ω゚ )!!!

すぐ近くにある郵便局の人だった( ゚ω゚ )

「もう礼文岳登れるんですか?」

( ゚ω゚ )「あ、いや。雪が凄くて途中で帰ってきましたw」

「やっぱりそうですかぁ、あ、そこに郵便局あるんで良かったら見ていってください」
と言って去っていった。

( ゚ω゚ )やはり地元の人の認識ではまだ礼文岳は時期が早いんだな…(再確認)

郵便局見に来てね!って言われたけど
見に行ったらどうせ俺のことだから「記念に( ^ω^ )」とか言って使いもしない切手シートとか
買ってしまうだろうからこのまま待機しておこう、せっかく来てくれたのにスマン郵便局員さん( ゚ω゚ )←ケチ

DSC01059-2014re.jpg
ちょいと待ってバスが到着。

このまま宿に戻るのも何だからプランBといこうか(謎)

つづく


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

GWの道北ふらふら一人旅6 礼文空港、金田ノ岬を散策後に喫茶店でトークを楽しむ

前回 礼文岳登山に挑戦してみる

DSC01060-2014re.jpg
内路からバスに乗り20分弱、空港下のバス停で下車。

礼文のバスってバス停じゃなくても手をあげたら止まってくれるし
降りたいところを言ったらそこで降ろしてくれるのな( ゚ω゚ )お婆ちゃんが巧みに利用してたw

DSC01061-2014re.jpg
礼文空港を見物に行くつもりだったんだがちょっと道が分からんので
携帯で地図でも見ようとしたら「圏外」( ゚ω゚ )!?

マジかよ、この辺そこそこ家あるけどみんなどうしてんだよ…
礼文岳登ってる時でも余裕で繋がってたのに何故ここが圏外(^p^)

地図は見れなかったがそれっぽい道があったので進んでいく。

DSC01062-2014re.jpg

DSC01063-2014re.jpg
やはり高いとこに上がっていくとぶっ飛ぶような風が襲ってくるな\(^o^)/

DSC01065-2014re.jpg
滑走路みたいなのが見えてきた(・∀・)道合ってたw

DSC01066-2014re.jpg

DSC01067-2014re.jpg
礼文空港(・∀・)小さいw

DSC01068-2014re.jpg
10年以上定期便は飛んでなくて現在も休止中らしい。中はスカスカ。

というかこんな海沿いで風も強いとこから飛行機飛んだらめちゃくちゃ揺れるような気がする(´・ω・`)w

DSC01072-2014re.jpg
俺が乗ったら確実に酔うであろう礼文定期便に思いを馳せつつ空港を後にする。

DSC01074-2014re.jpg

DSC01079-2014re.jpg
この辺りが周辺では一番高いところかな(・∀・)風ヤバイw

DSC01078-2014re.jpg
礼文岳らしきものが見える(・∀・)

昨日まで何ともなかったのに今は礼文岳を見ると複雑な気持ちになる(´・ω・`)←

DSC01080-2014re.jpg
風に抗いながら進む( ゚ω゚ )寒くなってきたw

DSC01084-2014re.jpg
下っていく(・∀・)向こうに船泊の町が見える。

DSC01088-2014re.jpg
ツクシ( ^ω^ )

DSC01089-2014re.jpg
ここから金田ノ岬へ向かう( ゚ω゚ )ちょっと距離あるなw

DSC01090-2014re.jpg
「民宿 星観荘」 確かスコトン岬にある宿だよな(・∀・)前はここにあったのか、看板が渋過ぎw

DSC01091-2014re.jpg
ここらで12時になり放送でエーデルワイスが奏でられる。

DSC01092-2014re.jpg
ゴミの収集ステーションにこんな看板が( ゚ω゚ )猫やるじゃんw

DSC01093-2014re.jpg
( ゚ω゚ )!?

DSC01094-2014re.jpg
あいつか( ゚ω゚ )w

DSC01096-2014re.jpg
風が強いから鯉のぼりも力強い( ^ω^ )ちょっと千切れそうだけどw

DSC01097-2014re.jpg
魚干してる( ^ω^ )

DSC01098-2014re.jpg

DSC01099-2014re.jpg
昆布も干してる( ^ω^ )

DSC01100-2014re.jpg

DSC01102-2014re.jpg
あとい食堂に到着(・∀・)

本当はここで昼食にウニ丼を食べようと思っていたのだが
バスツアーの団体が入っててやる気なくした\(^o^)/

DSC01103-2014re.jpg
すぐ横が金田ノ岬( ゚ω゚ )食事を終えたっぽいツアーの人々が群がっている…もしや

DSC01105-2014re.jpg
この中に動物の群れがいます( ^ω^ )どこでしょう。

DSC01106-2014re.jpg
答え:一番奥の岩っぽいやつ

DSC01116-2014re.jpg
アザラシ祭り( ^ω^ )

DSC01117-2014re.jpg
結構遠くにいるのでデジカメのズームを限界にしてなおかつ撮影したものを
拡大しないとアザラシっぽさが分かりにくい\(^o^)/岩と同じに見えるw

そして多分こいつらは全部アザラシだと思うんだが
食堂から出てきたオバチャンは何故かみんな揃って「トドがいる!!!」と興奮している。

それに乗じてオッサンが「あれがアザラシがその隣がトドなんだよ」と得意気に語っていたが
違うような気がする( ゚ω゚ )本当にトドが混じってたらスマンw

DSC01122-2014re.jpg
こちらが眺めているように向こうのアザラシも
「あれがオバチャンで隣で説明してるのがオッサンやで」とか言ってるんだろうか。
等と思いつつ船泊方面へと戻っていく。

DSC01125-2014re.jpg
路傍のウニ( ゚ω゚ )

DSC01127-2014re.jpg
金田ノ岬から30分ほどで船泊まで戻ってきた。
またマリンストアーで買い物(・∀・)

さて、あとい食堂での昼飯を食べ損ねたわけだが何食べよう…

DSC01128-2014re.jpg
民宿海憧のすぐそばにある喫茶店「お休み処 談」

カレーあります。って張り紙があったので昼食をここに決めた(・∀・)食後にコーヒー飲むのも良さそうだしな。

DSC01131-2014re.jpg
店内に入ると「カレー、ハッシュドビーフ これらは業務用レトルトを使用しています」との張り紙\(^o^)/

しかし他の喫茶店なんかは「店主こだわりの…」みたいな事を書きつつレトルト使ってたりするのも多いだろうし
正直さは評価できる( ゚ω゚ )値段も高くないしなw

DSC01133-2014re.jpg
わりと最近出来たのであろうか店内は新しい感じがする。

お客さんはおらず店主らしきおっちゃんが自宅スペースであろう場所から登場してきた。
とりあえずビーフカレーを注文。

DSC01130-2014re.jpg
カレー登場( ^ω^ )

一緒についてるスープがなかなか良くて中に入ってる海苔がいい味出してた。
こういうのが付いてるならレトルトでも全然いいじゃん( ^ω^ )そもそもカレーもレトルトって言われなきゃ気付いてないw

DSC01134-2014re.jpg
今後のプランも考えつつカレーを掬っていたが何も思いつかないので
「コーヒー飲んでゆっくりしよう(・∀・)」とコーヒー&日替わりデザートを注文。

すると「日替わりは色々種類があるんで実物見てもらった方がいいね」と
わざわざ全種類持ってきてくれた( ゚ω゚ )日替わりとか関係ない気がw

そんなわけで

DSC01136-2014re.jpg
シュークリームと

DSC01137-2014re.jpg
シフォンケーキをチョイス( ^ω^ )写真の撮り方が適当w

DSC01138-2014re.jpg
コーヒーも美味い( ^ω^ )木の入れ物がシャレてんね。

ここまで新聞を読んでるだけで凄く静かだったマスターだが
一度しゃべり始めると止まらなくなった\(^o^)/w

礼文で生まれ一時期小樽にも行ってたようだがすぐ礼文に戻ってきて
ちょっと前までここで床屋さんをやっていたそうな。

DSC01139-2014re.jpg
店内にあるデカイ鏡は床屋さん時代のものをそのまま再利用したという(・∀・)

礼文の春夏秋冬の話だったり
礼文にやってきた変な観光客の話だったり
奥さんがエビを採ってるとこでバイトしてるから
時期になるとコーヒー飲んでるお客さんに突然新鮮なエビを提供する話だったり
話が尽きなくてめちゃくちゃ面白いw

人が来ない時はとことん来ないからデザートはともかく
カレーなんかは自分で仕込みしたら大損になるからレトルトにしてるんですよ。
というお話も聞けてめちゃ納得( ^ω^ )w

「礼文岳で遭難した奴もいたなぁ…下りられるだろw」
みたいな話もあったけど相槌だけ打っておいた( ^ω^ )うんうん←

DSC01140-2014re.jpg
気付けば入店から2時間も経っててコーラ奢ってもらったり( ^ω^ )すいませんw

DSC01141-2014re.jpg
3時間弱が経過したところでそろそろ失礼致します(・∀・)何故か名刺もろたw

DSC01142-2014re.jpg
予想外の展開だったがとてもいい時間が過ごせた(・∀・)また来たいな、エビが出る季節にw

DSC01143-2014re.jpg
今日も海憧さんで泊まるので荷物を一旦置いて宿の前にある海を散歩。

DSC01144-2014re.jpg
いい色だなぁ( ^ω^ )

DSC01148-2014re.jpg

DSC01154-2014re.jpg
貝殻まみれの中に変な物体を発見( ゚ω゚ )
確かこれは何とかカシパンとかいう変な名前の生物の殻?だったような。

DSC01157-2014re.jpg

DSC01158-2014re.jpg
海をぼーっと眺めながらよつ葉牛乳を飲む(・∀・)なんという贅沢

DSC01159-2014re.jpg

DSC01170-2014re.jpg

DSC01171-2014re.jpg

DSC01172-2014re.jpg

DSC01178-2014re.jpg
宿に戻って今日も早めの入浴タイム

DSC01180-2014re.jpg
風呂桶がケロリンというのは素晴らしいね( ^ω^ )w

DSC01182-2014re.jpg
いい風呂だぜ(・∀・)b (誰か入ってきたら通報されます)

DSC01189-2014re.jpg
風呂あがり( ^ω^ )今日も素敵な夕日が楽しめそうだぜ!

DSC01190-2014re.jpg
そして夕食タイム( ^ω^ )今日もカニ付きでボリューム満点。

DSC01191-2014re.jpg
やはりウニ美味い( ^ω^ )夏になると食べられるエゾバフンウニはさらに美味いそうだが想像もつかねえw

DSC01192-2014re.jpg
外を見ると凄く曇ってきてて夕日が沈むのは拝めなかった(´;ω;`)

さらに明日は天気も微妙になってきてずっと曇りで下手したら雨も降るようだ(´・ω・`)そいつは困る。

DSC01197-2014re.jpg
食後は部屋でゴロゴロしながらミルクコーヒー。

DSC01199-2014re.jpg
曇ってるからだろうか星もほとんど見えんな(´・ω・`)

DSC01202-2014re.jpg
23時前に寝ようとしたがミルクコーヒーを飲んだためか寝付けなくなり
午前1時過ぎくらいまでドラえもんとか読んでから就寝した(´・ω・`)←

DSC01195-2014re.jpg DSC01196-2014re.jpg
本日の歩数30275歩 距離23km 消費カロリー918kcal

つづく



スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

プロフィール

しゃけ

Author:しゃけ
散歩好きが高じて旅行や山登りに行くようになったオッサン

旅行ブログって書いてるけど近所プラプラしてるだけであんま旅行してない

ツイッター @syaketr
登山専用ブログはじめました
ふらふら登山ブログ

 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
オッサンのぼやき
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキング
メールフォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
宿らん
札幌エクセルホテル東急
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村