札幌のホテルまとめ4 札幌グランドホテル、グランドイングランド

201159 931-2014

札幌グランドホテル(・∀・)

札幌駅と大通の間に位置しており何かと便利な立地。
札幌駅からの地下歩行空間にも直結していて雪や雨の日も気にすることなく移動ができる点が素晴らしい。
かなりの老舗ホテルであるがリニューアルとかよくやっててシャレた感がある。

201159 917-2014
この時はコンフォートダブルのお部屋での宿泊であった(・∀・)

201159 923-2014
窓からの眺めはこんな感じ

201159 918-2014
バスルームは洗い場がなくてトイレとセット( ゚ω゚ )

201159 922-2014
黒を基調とした落ち着いた感じのお部屋です(・∀・)

201159 955-2014
朝食は和洋バイキングか和定食から選べて今回は和定食をチョイス。

日本庭園を眺めながらの絶品朝食を堪能できる( ^ω^ )

201159 934-3121
そしてここのホテルの1階にあるケーキ屋さんは
手頃な値段でハイレベルなケーキが食べられると俺に大変評判である( ^ω^ )←
パンも売っててそちらも結構美味しい。

料金は高めな事が多いけどオフシーズンには結構な安値で宿泊できる事もあり
このホテルの朝食と施設を考えるとそういった時に利用できるとかなりのお得感があると思う。



旅行記はこちらから(・∀・)

大湯沼の天然足湯を楽しみ札幌へ移動、ノープラン散策後に札幌グランドホテル宿泊




hc1214 761-122
続いては同じく札幌グランドホテル内にあるグランドイングランド(・∀・)

hc1214 854-122

hc1214 764-122
まずはクラブラウンジでアイスティーをいただきながらの優雅なチェックイン( ^ω^ )

hc1214 785-122
ルームキーで専用フロアの扉をオープン(゚∀゚)かっこええw

hc1214 773-122
今回はジュニアスイートルームでの宿泊です(・∀・)ベッドがモフモフや!

hc1214 767-122

hc1214 771-122
冷蔵庫内のドリンクやドリップマシンは全て無料( ^ω^ )←タダと聞くとテンション上がる奴

hc1214 777-122
バスルームもゆったりしていて浴槽の他にシャワーブースもある(゚∀゚)

hc1214 776-122
シャンプーやボディソープ等のアメニティはポルティコ。

hc1214 828-122

hc1214 819-122
クラブラウンジではお酒やおつまみが無料で楽しめる(゚∀゚)うおおおおお

まぁしかし何だな( ゚ω゚ )

hc1214 836-122
俺みたいな貧しいオッサンが一人で泊まるとこではないよな( ゚ω゚ )←遅

でもいい体験ができました(・∀・)w

hc1214 851-122
グランドイングランド宿泊客はルームサービスでの朝食も可能だそうだが
朝食は1階レストランでのバイキング( ^ω^ )盛り付けキタネー

種類が豊富でしかも他所のバイキングでは見たことのない珍しいメニューが目白押しであった。
道産野菜のしゃぶしゃぶとかトウモロコシのプディングとか(゚∀゚)

種類、質ともにハイレベルで札幌近郊では1,2を争う朝食バイキングであろう。

何をトチ狂ったのか分不相応なグランドイングランドに宿泊したわけだが
人生に一度はこういうひとときがあっても良いのではないだろうか( ゚ω゚ )無理やりまとめたw



旅行記はこちらから(・∀・)

札幌グランドホテルのグランドイングランドでゴージャスに過ごす、そんで風邪ひく


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

小樽周辺のホテルまとめ グランドパーク小樽、小樽ふる川、ノイシュロス小樽

270-2014.jpg

グランドパーク小樽(・∀・)

180-2014.jpg
小樽駅から2駅行った「小樽築港駅」にあるホテル。
最初は小樽駅が最寄りだと思ってた( ゚ω゚ )w

234-2014.jpg
駅直結のウイングベイ小樽という商業施設内を通ってホテルに行くという少し変わった造りになっており
はっきり言うとちょっとめんどい( ^ω^ )w

さらに夜の20時くらいになると施設が閉まるから別の入り口から遠回りして行かなければならない\(^o^)/

167-2014.jpg
部屋は結構広めです(・∀・)デラックスダブルのお部屋

174-2014.jpg
部屋の向きは山側と海側があり今回は山側のお部屋となっていた。
電車が走るの見れて面白い( ^ω^ )

256-2014.jpg
朝食会場はヨットハーバーの眺めが一望できるステキな景色が楽しめる(写真がない…)
バイキングの品揃えはなかなか良かった(・∀・)

266-2014.jpg

268-2014.jpg
ホテルから出るとすぐヨットハーバーがあるので
近くを散歩するとなかなか爽やかな景色が堪能できます(゚∀゚)

小樽へも電車の時間さえ確認しておけば乗車時間自体は5分程度なのでそこそこアクセスが良くて
商業施設直結なので食事や買い物も楽しめる。
小樽での観光だけでなくショッピングモールでの買い物も楽しみたい人には一石二鳥かと。

シングルルームがないので1人利用だとちょっと高いけど2人以上だとまぁまぁな料金だと思うので
どちらかと言うと家族向けのホテルかな(・∀・)



旅行記はこちらから(・∀・)

小樽を散策しグランドパーク小樽に宿泊



201159 043-3121

続いては運河の宿 小樽 ふる川(・∀・)

宿の目の前には小樽運河という最高のロケーション(゚∀゚)
そして飯うまい!温泉も良い!接客も最強レベルとかなり満足度の高い宿だと個人的には思う。

ただ、部屋数が少なめの宿でさらにシングルルームが少ないので
独り者は繁忙期等だとかなり早めに予約を入れておかないと速攻で空きがなくなるので注意が必要だ( ゚ω゚ )

俺はそれで2回ほど予約できなくて札幌に宿泊地を変更したことがある( ゚ω゚ )w

201159 038-3121
そんなわけで部屋はシングルルーム。

手作り感のある小樽案内のマップ等が置いてあって良い感じ(・∀・)

201159 041-3121
部屋は運河側と市街側がありもちろん運河側が人気である。

そして市街側の眺めは…( ゚ω゚ )ワー、キレイw

大浴場は少し小さめだが味があってとても良い感じです。
泉質も良いような気がする。

浴場は2つあって朝と夜とで男女入れ替え制になっているので
どちらも楽しめるようになっている。

201159 065-3121
風呂から上がってご飯タイム( ^ω^ )美味そう

201159 066-3121
ご飯の評判が良くてこちらの宿を選んだのだが噂に違わぬ美味さ(゚∀゚)

そして結構なボリューム感(゚∀゚)圧倒的な満足度

恐らく量に関してはお客さんから意見があったのだろうか
夕食少量プランというものも出来ていた( ^ω^ )w

食後や入浴後にまったりした空気の中、本を読んだりできる御休所もあったりして
宿の中だけでも心地良い時間を過ごすことができる。

201159 072-3121
朝食タイム(・∀・)運河の見える席ゲット

201159 073-3121
朝食も焼きたてのパン等が楽しめてかなり満足( ^ω^ )美味い美味い

すぐ目の前が小樽運河で観光するのに最高な立地のうえに
ご飯が美味しくて温泉もあるというどんな人にもオススメできる最強の宿だと言ってしまおう( ^ω^ )



旅行記はこちらから(・∀・)

恵庭でどさんこ乗馬を楽しみ小樽を散歩、ふる川さんで宿泊





photo01-2014.jpg

ホテルノイシュロス小樽(・∀・)

小樽駅から車で30分弱くらいの祝津というところにあるホテル。
駅からの無料送迎もあるのでアクセスは良い(・∀・)

2011 12 070-3121
部屋はオーシャンフロントツイン

そして全室に設けられているオーシャンビューの露天風呂をチェック( ^ω^ )わくわく

2011 12 111-2014
( ゚ω゚ )露天風呂というか外の景色が見えるお風呂って感じだなw

2011 12 110-3121
しかし景色はなかなかステキです(・∀・)
時期によってはすごく綺麗な夕日を観賞できるらしい。

部屋風呂の他にホテルの地下にも大浴場があります。

2011 12 093-3121
こちらのホテルの夕食は創作フレンチのコース料理

2011 12 097-2014
俺みたいに「ナイフとフォークが上手く使えない(´;ω;`)」
という人のためにちゃんと箸が用意されているので安心w

2011 12 099-3121
食事が終わるとバーに案内されてシャレた雰囲気でのデザートタイムが楽しめる( ^ω^ )

2011 12 120-3121
朝食は和定食か洋定食をチョイスできる。

俺はダシ茶漬けが楽しめるという点に惹かれて和定食にしてみた(・∀・)初めて食ったがうめえな。


小樽駅からは少し距離があるがホテルから歩いて10分くらいのところに小樽水族館があったりするし
丘の上に建ってるから眺めが良い。ホテル周辺を散策するのも楽しいかも( ^ω^ )

小樽駅周辺は何度か観光してるぜ。って人が少し趣向を変えてみるのにうってつけなホテルだと思う。



旅行記はこちらから(・∀・)

なるとで半身揚げを食し小樽観光、ノイシュロス小樽に宿泊



スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

登別温泉の宿まとめ 第一滝本館、滝本イン

201159 881-3121

登別温泉 第一滝本館(・∀・)

予約制のバスが札幌駅から出ており片道500円で登別温泉まで来られる( ^ω^ )所要時間1時間半くらいかな。
新千歳空港からだと予約なしの普通のバスで1300円くらいで所要時間1時間ほど。

201159 794-3121
部屋は「ザ・旅館」といった趣き(・∀・)

201159 796-3121
かなりの大型旅館で館内は広々、というか部屋の位置によっては
大浴場に行くまでに結構歩くとこもあるからちょっと不便な部屋は訳ありプランで安くなってることもある。
歩きまわっても平気だぜ!って人には逆にお得感アリ( ^ω^ )

お土産物屋さんも品揃え豊富で見てるだけでも楽しめる。

201159 816-3121
夜になるとよさこいとか太鼓のイベントがあったりする事もあり何か得した感じ。


そして何より最大の売りはめちゃくちゃ広い大浴場(゚∀゚)マジ広すぎw

1500坪のスペースに7つの泉質のお風呂があり様々な温泉が堪能できる。
もちろんこの広さは登別温泉でも最大で大きな窓からは登別の風景も楽しめる(・∀・)

大浴場に備えられている「蝦夷ウコギ茶」が妙に美味しくてクセになるのもポイントが高いw

日帰り入浴もやっているのだが2000円とか結構なお値段するので何度も入浴が楽しめる宿泊がよろしいかと。

201159 806-3121
夕食はバイキング形式や会席プランもあるのだがこの時は夕食無しプランにして近くの居酒屋さん?での食事とした。
ラーメンと鮭いくら丼のセットが1300円で大満足(・∀・)

この当時(2011年)口コミを見ても第一滝本館の食事に関しては素晴らしい!といった意見は少なくて
まぁ普通とかそんな感想が多かった。

201159 823-3121
朝食は宿でのバイキング。

デカイ旅館の朝食バイキングにしては品揃えが寂しいような…
とりあえず食してみると( ゚ω゚ )もぐもぐ

( ゚ω゚ )おぉ、何か普通w

旅先での食事だからもう少し味もしくは品揃えに感動が欲しいと言うのが正直なところであったが
あれから数年経っているので改善されている…のかな?
(と思って調べてみたらバイキングに関してはあんまり変わってなさそうw)
会席料理はそこそこ良いようだが。

料金的にはまぁ普通に旅館に泊まったなぁくらいの感じで可もなく不可もなく。
家族連れで利用する人に適した宿だと思います(・∀・)大浴場は一度は経験する価値あり。

一人旅で「温泉を楽しみたい!部屋の設備は最低限でいいや」ってな人は
お向かいの滝本インの方がオススメかもしれない。



旅行記はこちらから(・∀・)

ちょいと北海道一人旅 台風と共に北上、登別でクマ牧場を堪能し第一滝本館に宿泊




hc1214 073-122
続いては第一滝本館の姉妹館でお向かいにある滝本イン(・∀・)

hc1214 074-122
全室洋室でビジネスホテルのような感じだ。

ベッドはやけにスプリング感の味わえる昔懐かしい感触で
事前に調べていた口コミでは「壁紙が剥がれていました!」とか書かれていたのだが
俺が泊まった部屋も壁紙が少し…( ^ω^ )まぁ構わんよw

こういうところに侘び寂び?を感じ逆に楽しめる人には最高ですが
「ベッドの下にホコリがありました!!!!」とか細かいとこまで見てしまう人にはオススメできないw

hc1214 076-122
部屋の随所にレトロ感を味わうことができる( ^ω^ )w

hc1214 129-122
そしてここからが滝本インの本領発揮である。

なんと、お向かいの第一滝本館の大浴場が利用し放題(・∀・)
お土産物屋さんの買い物も滝本インのルームキーがあれば部屋付にできたりして結構便利。

まぁ、冬場だと近所でも外に出るのがかなり億劫なんだけどね(´・ω・`)w

hc1214 156-122
滝本インの方にも温泉はあって第一滝本と比べるとかなり小さいんだが
情報によると温泉の泉質はこちらの方がかなり良いとのこと。通好みの大浴場である。

hc1214 721-122
今回は夕食付きのプランにしてみた( ^ω^ )

バイキングなんだが何故か最初にお刺身だけは提供されるという不思議感w

hc1214 723-122
あんまり期待していなかったのが功を奏した?のか
思いの外種類が豊富で味もそこそこな夕食であった。

ステーキ、エビチリ、唐揚げ、ラーメンと北海道ならでは感はほぼないが
料金からすると充分満足(・∀・)

hc1214 737-122
朝食バイキングもまぁ普通な感じ。

野菜ジュースが市販のペットボトルのまま「ドン」と置いてあるのを見て目新しさを感じた(謎)


第一滝本館と滝本インを比較するともちろんだが滝本インの方が圧倒的に安い。
しかも食事の差はあんまり感じないし双方の大浴場も利用できる。

家族で行ったりサービスや快適性を重視するなら第一滝本館だが
設備の古さが気にならなくてちょっと不便なのも問題ないぜ!って人には
ある意味、第一滝本館のいいとこ取りができて料金も安い滝本インに軍配が上がると俺は思った( ^ω^ )

そもそも登別の温泉街でこれだけ安い宿泊施設ってほとんどないからな( ゚ω゚ )多分
安く温泉を楽しみたい人にオススメっす。



旅行記はこちらから(・∀・)

登別温泉滝本インに宿泊、第一滝本館の大浴場を満喫する


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

プロフィール

しゃけ

Author:しゃけ
散歩好きが高じて旅行や山登りに行くようになったオッサン

旅行ブログって書いてるけど近所プラプラしてるだけであんま旅行してない

ツイッター @syaketr

 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
オッサンのぼやき
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキング
メールフォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
宿らん
札幌エクセルホテル東急
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村