82日目の無職 amazonとTMG

昨日の事、amazonで頼んだ商品の不在伝票が入っていた
再配達受付センターに電話をして当日の18~20時の指定にした
が…21時になっても来ない(´・ω・`)

配送業者はTMG(´・ω・`)何なの?タマゴなの?

一体どういうこったよ…と思いTMGとかいう謎の業者をググってみたら
笑えるくらい評判が悪い(´;ω;`)なんじゃこりゃ…
中には10日以上商品が届かなかった人とかがいて恐ろしい

そういえばいつもamazonで注文するとここの人が持ってきてたような気がする
毎回TMGさんは玄関の呼び鈴を連射して「アマゾンーっす!」と叫びドアをガンガンノックするのだ

今まではそんな事があっても商品をちゃんと受け取れていたので問題なかったが
今回は指定したのに放置ってどうよ('A`)無料で時間指定できんamazonもどうかと思うが

そして本日の19時過ぎにTMGさんがやってきたわけだが「おっ、すんませんなwww」とか言うかと思ったが
無言でハンコの欄を指差し、ハンコを押すと無言で去っていった( ゚ω゚ )なんぞこれ…

きっとamazonからかなり無茶な物量の配送を受けてて
現場で物を運んでるおっちゃんたちが大変な事になり忙しさにやられて
ああいう感じになるんだろうが(´・ω・`)でもなぁ…もう少しなんとかならんかね

佐川さんやクロネコさんの素晴らしさを再確認した1日であった


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : どうでもいいこと。
ジャンル : 日記

元町で肉食って布引の滝~市ヶ原~大龍寺まで散歩

そうだ、焼肉丼食おう

突然思いついた無職はチャリを走らせた
1時間ほどで三宮に来た
思いつくのが遅かったのでちょうど世間は昼食時…
道には人が溢れていたのでそれをかわしながら進むと

南京町

南京町2
何故か元町にある南京町に突入(´・ω・`)しもた
平日だが結構な人で俺のチャリが邪魔

1120nu 010-nu
気を取り直して西元町方面へ向かいメルカロード宇治川へやってきた
以前昼飯を食べにきた「洋食の朝日」のすぐ近くである

西元町 えびすや
今日は「えびすや」さんで昼食とする(・∀・)
以前はこの近くの元町高架下でお店やっててその頃に何度か行ったが移転後は初となる

空き店舗になった喫茶店をそのまま再利用したような何ともいえない感じが素敵である

1120nu 004-nu
自宅からここまで17.09km

1120nu 007-nu
店内はすでにお客さんでほぼ満席状態(´・ω・`)遅かったか…
一人用の席はあったのでなんとか座れた

こちらのお店 国産牛のハラミ丼が450円 国産和牛のカルビ丼が350円と謎な安さ
他の品も安くてアサヒのスーパードライが250円とか:(;゙゚'ω゚'):すげえよ
そして俺は和牛焼肉丼の並(500円)を食おうと思いやってきたわけだが…

1120nu 006-nu
「本日肩ロース定食がオススメです!」と店員さんに言われる
牛も何か言ってる

( ゚ω゚ )…

( ゚ω゚ )じゃあそれで←

俺には悪いクセがあり「せっかくだから」という習性がある
今日は「せっかく来たから」「せっかく今日安いんだから」「せっかく牛が自らおすすめと言ってるんだから」
うん、アホです

1120nu 008-nu
待つこと5分ほど さて来ましたよ(゚∀゚)うへへへ

( ゚ω゚ )もぐもぐ

Σ( ゚ω゚ )!!!

( ゚ω゚ )わりと普通w

普通に美味しいがこの価格帯だとお得感はなく
洋食の朝日で食った方がいいな等と思ってしまう…

やはり看板メニュー?である低価格の丼を食すべきであった
実際、聞こえてくる注文はカルビ丼、ハラミ丼がほとんどだった
今度行くときはおすすめメニューに惑わされないぜ(´・ω・`)

新神戸駅
昼食後、このまま帰るのも何なので布引の滝の辺りを軽くハイキングしてみようと思い新神戸駅へ
駅前にある大量の自転車は違法駐輪なんだろうなと思っていたが
「無料駐輪場」と書いてある看板があるのを今回初めて知った(゚∀゚)そして遠慮なく止めた

1120nu 015-nu
歩き始めてすぐの異人館方面へ向かう道が閉鎖されてた
森のリフレッシュ計画がなんとかかんとかって書いてた

いつもは滝を見た後、戻ってきてこちらを通り異人館やらがある北野坂エリアを練り歩くのだが
本日は駅前にチャリを止めてあるので通れなくてちょうど良かった

1120nu 017-nu
砂子橋を通り

1120nu 018-nu
分岐を左手に行くといきなり最大の難所である果てしない石段が登場する(・∀・)
チャリ漕ぎですでに乳酸が蓄積されている足には少し辛いものがある(弱)

1120nu 020-nu
石段を登りきり狭い道を歩いていると向こうから幼稚園の遠足軍団が( ゚ω゚ )

すれ違う時に「こんにちはーっ!!!」とデカい声で叫ぶ子はまだ良かったが
何故か一人アメリカンテイストにハイタッチを求める男がおり、それに応えると
後ろにいた子も次々にそれを真似てハイタッチの連打を浴びる(´・ω・`)なんぞこれ…w

ハイタッチを4人ほどやったところで
えらく冷めた表情の女の子がその流れを断ち切ってくれておかげで事なきを得た(゚∀゚)www

布引の滝
そして布引の滝に到着 と言っても所要時間は駅前のチャリ置き場から10分

華厳の滝、那智の滝と並んで日本三大神滝とされているらしいが
三宮の町中からすぐ行けるから何か違和感( ゚ω゚ )w

1120nu 032-nu
滝の横にある階段を登っていくと売店がありなかなかの紅葉が(゚∀゚)

1120nu 036-nu
布引ハーブ園まで行くロープウェイその名も夢風船
ほとんど乗ったことがない(´・ω・`)貧乏ですけん

1120nu 038-nu
猿のかずら橋

1120nu 040-nu
五本松のかくれ滝 この看板が登場すると布引ダムが目前ではあるが
少し急な九十九折の坂道を登って行く事となる

1120nu 042-nu

1120nu 044-nu

1120nu 048-nu
そこの坂道の紅葉は赤がたっぷり含まれてていい感じ(・∀・)

布引ダム
坂を登るとダムに到着

1120nu 051-nu
風のない日は水面に木々が映って大変趣があります(゚∀゚)今日はずっと風吹いてたが

1120nu 054-nu

1120nu 060-nu
フェンスが残念だがこの辺りもキレイじゃ(・∀・)

1120nu 062-nu
いつもはここから布引ハーブ園の方に行くか引き返していたが
今回は市ヶ原の方に進んでみる

1120nu 066-nu

1120nu 068-nu
初コースはわくわくしますなぁ(゚∀゚)

1120nu 072-nu
水を2本持ってきていると思ってたがボケてて1本しか持ってない事に気付いたので
ここの自販機でお茶を購入、160円と微妙な山価格w

1120nu 077-nu
投輪と書いて「とうりん」(゚∀゚)なんかカッコイイなw

1120nu 078-nu
そういえば、適当にふらふらしてるがどの辺りで引き返そうか( ゚ω゚ )←

1120nu 081-nu
大龍寺ってお寺さんがあるらしい よし!ここを目的地としよう、多分

市ヶ原
この辺りが市ヶ原かな?
あれ?これって向こう岸にはどうやって行くんだ?
まさか…この川にポツポツ点在する石を飛んでいくのか?やべぇよ、忍びの者かよ…

1120nu 089-nu
冷静に周りを見渡すと右手に橋がありました(´・ω・`)←あほ

1120nu 097-nu
市ヶ原を越えると舗装路が登場しそこを行きます

1120nu 098-nu
カーブミラー紅葉(謎)

1120nu 108-nu

1120nu 110-nu
舗装路と言ってもほとんど車が通らないのでじっくりと紅葉を堪能できました(・∀・)

1120nu 113-nu

1120nu 114-nu
舗装路を10分ほど歩くと山門が登場

1120nu 117-nu
きっつい坂道を登ると休憩コーナーがありここの自販機は山価格と思いきや
ペットボトルが130円とかで売ってて素晴らしい(謎のお得情報)

1120nu 118-nu
さらに階段

1120nu 124-nu
さきほどのやつを登るとさらにキツイ階段(´;ω;`)w

1120nu 126-nu

1120nu 125-nu
何とか登りきるとそこは銀杏がキレイなお寺さんでした(゚∀゚)

1120nu 130-nu
水分補給をして散策開始

1120nu 129-nu 1120nu 128-nu
見事な置物がふたつありました(違)

1120nu 137-nu
駐車場の辺りでは大量の猫がカラスと一緒に何か食ってた( ゚ω゚ )w

1120nu 152-nu
まだ15時前ではあるがチャリで帰らんといかんので深入りせず戻ろうか

1120nu 164-nu

1120nu 168-nu
行きはちょいちょいハイキングっぽいグループを見かけたのだが
帰り道では誰一人会うことがなく少し不気味(´・ω・`)w

1120nu 180-nu

1120nu 181-nu
大龍寺から50分で新神戸駅前に到着
こっからまたチャリ漕ぐのめんどいな(´;ω;`)←

1120nu 186-nu
新神戸駅からぴったり1時間で自宅到着 本日の走行距離35.43km

1120nu 184-nu 1120nu 185-nu
歩数計つけたままチャリ漕いだら結構歩数が増えてたのでアテにならんが
歩数25932歩 距離20.2km 消費カロリー803kcal

おわり


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

ふらふらと無職のみちのく一人旅 その2 酸ヶ湯温泉で温泉情緒を満喫

前回 その1

1106ao 087-nu
ホテルの窓からの広大な景色を楽しみつつ俺の朝は始まる(今日も雨ふってやがる…)

1106ao 088-nu
まずは朝食 イクラやトロロがあって大満足(・∀・)ねぶた漬けもうまかった

1106ao 094-nu
ホテル近くのアウガ地下にある新鮮市場にやってきた
色んな店があり品揃え豊富なので見ていて飽きない(゚∀゚)

1106ao 102-nu
オッス、オラまぐろ!!!

1106ao 105-nu
しばらくふらふらした後、ホタテを購入し配送の手続きを行った

1106ao 097-nu
続いて「のっけ丼」で有名な青森魚菜センターにやってきた

1106ao 098-nu
ホタテや魚満載の発泡スチロールが次々とやってくる

1106ao 096-nu
平日かつ時間が早かったためかまだ開いてるお店は少なくて
店の人が新聞読みながらパンを頬張っていた

1106ao 114-nu
アスパムに向かう途中、良さげな酒屋さんがあったので入ってみる
店内をチラチラ見ていると「田酒」と書いた箱が( ゚ω゚ )こ…これは…

( ゚ω゚ )すすすすいません、田酒って置いてるんですか?
店の人「ごめんなさい、2ヶ月に1度の入荷で今は在庫ないんですよ」

( ゚ω゚ )まぁ、そうなるわな…
田酒はなくとも良い品揃えだったので
八戸のにごり酒と豊盃の吟醸酒を購入した

1106ao 149-nu
アスパム内で土産物屋さんを物色した後

1106ao 155-nu

1106ao 156-nu
ジェラート・ナチュレのミルク、毛豆ジェラートをいただく(゚∀゚)
田酒味もありさきほどのリベンジ?をしようか迷ったがスタンダードなミルクは外せない
そして謎の毛豆というブツの珍しさが勝った 毛豆はずんだアイスといった感じでおいしゅうございました

1106ao 164-nu
またアウガに向かい本日の宿「酸ヶ湯温泉旅館」行きのバスに乗る
宿の送迎バスなので無料なのがありがたい
乗客が見事におじいちゃん、おばあちゃんのグループばかりで一人浮いていたが(´・ω・`)w

1106ao 165-nu
八甲田山を登っていき1時間で酸ヶ湯温泉に到着
バスから降りた瞬間:(;゙゚'ω゚'):うおっ!寒すぎる!!!

湯治部と旅館部があるのだが今回は旅館部で宿泊
部屋はすでにストーブが点いており快適(・∀・)

1106ao 174-nu
硫黄の香り漂う館内を散策して

1106ao 180-nu
早速温泉へ(゚∀゚)ヒバ千人風呂!
めちゃ広いヒバ造りの浴槽、白濁の源泉、これぞ温泉!といった風情があり最高だ
こちらは混浴でもうひとつ男女別の「玉の湯」というのもある

酸ヶ湯温泉旅館
温泉で体を温めた後は散歩へ繰り出す
城ヶ倉大橋が近くにあるはずだ(゚∀゚)

1106ao 186-nu
道は車道しかないので車が接近してきた時は路肩の落ち葉が盛られている辺りに避難する(邪魔)

1106ao 188-nu

1106ao 189-nu
雨が降ったり止んだりするし風が強くなかなか寒い(´・ω・`)

1106ao 191-nu
全国各地で道に片方だけ落ちている軍手を見かけるが何なんだろう(´・ω・`)w

城ヶ倉大橋
宿から40分で城ヶ倉大橋に到着(・∀・)

1106ao 206-nu
8年ほど前に来た時は橋の歩道を渡って城ヶ倉渓流を見物したりしたはずだが
今は歩道が立ち入り禁止になってた(´・ω・`)

1106ao 224-nu
しばらく景色を堪能していると少し日が暮れてきた(・∀・)

ん?このまま暗くなってきたらさっきまでの道には外灯なんてないから…

真っ暗な中を歩くことになる:(;゙゚'ω゚'):やべぇ…
宿からここまで下り道で40分かかったから帰りはもう少しかかるであろう

1106ao 227-nu
急いで帰るぞ(´;ω;`)うおおおおおおお←あほ

1106ao 231-nu

1106ao 242-nu

1106ao 247-nu
慌てた甲斐もあり行きよりも早く35分で宿へと戻れた(・∀・)w

1106ao 259-nu
かもしか

1106ao 263-nu
部屋に戻りまた風呂へと向かう

そういえば今日は「いい旅夢気分」の放送日でしかもこの酸ヶ湯温泉が放送されると
先週見た時に予告されていた(゚∀゚)現地で見れるなんてゴージャス!(そうか?)

と思っていたが宿のテレビ欄を見るとどこにもいい旅夢気分の文字がない…

1106ao 265-nu
何故か18時前だというのに笑っていいともがやってる…(´;ω;`)青森恐るべしw

1106ao 271-nu
夕食の時間がやってきた(゚∀゚)

1106ao 273-nu
カセットコンロに味噌汁の入った鍋とご飯のおひつが付いてきます

1106ao 286-nu
飯をよそいます

貝焼き味噌
口コミとか見てると「温泉はいいけどご飯はまぁまぁ」というのを時々見かけたので
あまり期待はしていなかったがどれも充分に美味しくて名物の貝焼き味噌も味わえて満足できました(゚∀゚)

1106ao 279-nu
地味にデザートのおからリンゴケーキがこれまた美味かったのがポイント高い(・∀・)

懐かしのダイヤル式電話
「食事が終わりましたらお電話ください」との事だったので
使い方を忘れかけてたほど懐かしいダイヤル式電話を操り連絡

1106ao 297-nu
布団を敷いてもらう

1106ao 298-nu
結局、密かに楽しみにしていたいい旅夢気分は見られず(´・ω・`)w
また風呂に入ったり荷物の整理をしたりして夜は更けていった

1106ao 300-nu 1106ao 301-nu
本日の歩数27356歩 距離21.3km 消費カロリー891kcal

つづく


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

ふらふらと無職のみちのく一人旅 その3 蔦温泉へ行き蔦の七沼散策

前回まで その1 その2

1106ao 304-nu
うおおおおおお寒ううううう:(;゙゚'ω゚'):
起きてすぐにガスストーブを点火する

1106ao 305-nu
夕食は部屋食であったが朝食は食事処でバイキング
何となく少し寂しい品揃えであったが元々朝はそんなに食べないのでいいや

1106ao 315-nu
昨日に引き続き雨に煙る酸ヶ湯温泉

1106ao 322-nu
朝の散歩に近くの地獄沼とまんじゅうふかしに行こう(・∀・)

1106ao 323-nu
周辺には八甲田山の登山口が結構あり「道を外れるとガスが出てるよ」とか物騒な注意書きが:(;゙゚'ω゚'):

青森 地獄沼
雨でぬかるんだとこで1度コケながらも地獄沼に到着(´;ω;`)

1106ao 356-nu
ここで泳いだらどうなるんだろうな(・∀・)←

1106ao 360-nu
続いてまんじゅうふかしへ向かう

1106ao 361-nu
わ、分かりやすい(・∀・)w

1106ao 370-nu
お、ここか(゚∀゚)

1106ao 373-nu
座ってみて「全然温かくねえじゃねぇか!てか今日も雨風強くて体動かしてねえと寒いぜ(´;ω;`)」
とかぼやいてたがジワジワと温まってきていい感じに(・∀・)

しかしながら温まるのは尻と手くらいのものなので10分ほど楽しんで宿に避難することに(´・ω・`)←

1106ao 390-nu
霧がすげぇや

1106ao 393-nu
まだバスが来るまで2時間弱もあるので宿の売店を見物したり
ロビーでぼーっとテレビを眺めたりしてた

1106ao 397-nu
何をしていたか覚えていないがゆっくりと時は過ぎ
ようやくバスが到着、さらば酸ヶ湯温泉

蔦温泉旅館
40分ほどで蔦温泉旅館に到着(゚∀゚)
前に来た時は立ち寄り湯だけだったのでいつか泊まってみたいと思っていた宿である

1106ao 410-nu
こちらも紅葉はほとんど終わりですな(´・ω・`)

1106ao 427-nu
ここは本館、別館、西館とあり西館だけそこそこお値段が高い、食事の内容も違うらしい

で、俺は電話予約の際に「本館は鍵がついていません」と言われて別館の方をチョイス
別に盗られて困るような上等なもんは持っていないが
誰かが間違えていきなりガラっと戸を開けて「うへへ、すんませんなwww」ってな事になったら嫌なので(´・ω・`)w

別館は別館で「結構キツイ階段を登ることになりますが良いですか?」と聞かれたが
「あー、大丈夫ですwww」と力強く返答 そんなに大したことねえだろwww

1106ao 437-nu
そしてこの階段である( ゚ω゚ )果てしないなぁ…
後に別館を選んだことを少し後悔する

1106ao 416-nu
部屋に案内してもらうとき「今の時期はカメムシが多いので…」と言われたが
確かに凄いカメムシ率だった:(;゙゚'ω゚'):どこからともなく現れる…

説明はなかったがカメムシ捕獲用と思われるガムテープが要所要所に配置されていた

1106ao 432-nu
何はともあれまずは風呂だ(゚∀゚)
こちらは久安の湯
時間によって男女交代制で夜の9時から翌朝8時までが女性時間なので今のうちに入っておく

ここも酸ヶ湯と同じくヒバ造りの浴槽だが温泉は透明で本当にめちゃくちゃ透き通ってる
温泉は浴槽の底の隙間から湧出してくるので時々泡がポコポコ上がってきて素敵です(・∀・)

1106ao 431-nu
風呂から上がるとアイスの自販機があることに気付く

レディボーデン
そして買う(゚∀゚)レディボーデン

1106ao 447-nu
アイスを堪能した後は蔦の七沼散策
七沼と言ってもその内のひとつ赤沼は少し遠いので六沼になるが
90分ほどで見て周れるらしい

1106ao 453-nu

蔦沼
10分で蔦沼に到着(・∀・)天気が悪くて微妙な景色w

1106ao 457-nu
遊歩道に遠慮なく伸びる木々

1106ao 465-nu
落ち葉が大量に積もっている上を歩くのだがちょいちょい滑ってコケそうになるし
下がぬかるんでて少しずつ靴に水が染み込んでいく(´・ω・`)つめてー


1106ao 482-nu
ぬかるみを発見して「そうは問屋が卸さねえぜ!」
と江戸っ子ばりに威勢良く横に飛んだらさらに深い水溜りにハマったり(´;ω;`)

1106ao 495-nu

1106ao 507-nu
その後もぬかるみだらけで靴のジューシーさは増していきながらも突き進み
六沼全てを見物して宿へと戻った 所要時間はちょうど90分
雨降ってる日は蔦沼までにしといた方がいいな(遅)

明日になっても靴乾かないだろうなぁ(´・ω・`)

ハイシー オレンジ
部屋に戻り冷蔵庫に入ってたHI-Cを見て懐かしくなりついつい飲んでしまう

1106ao 545-nu
このワザとらしいオレンジ味!(・∀・)うまいw

1106ao 555-nu
そろそろ夕食の時間なのでロングな階段を降りて食事処へ向かう
別館以外は部屋食らしい、そりゃあこんな階段を昇り降りして食事の用意なんかしてたら大変だわ

1106ao 556-nu

岩魚の塩焼き
岩魚の塩焼き

シャモロック鍋
シャモロック鍋

どれもおいしゅうございました(・∀・)

が…近くに座ってたオッサングループが関西人だったらしく
デカい声で阪神電車がどうとか良く分からんけど地元感溢れるトークを展開していたので
うるさいわ内容が地元過ぎて旅情がぶち壊しだわで少し哀しくなりました(´;ω;`)これだから関西人は…w

蔦温泉 泉響の湯
食後少ししてから風呂に行く、こちらは男女1つずつある泉響の湯
誰もいないから撮影してみた(・∀・)

1106ao 566-nu
ここで体を洗います 置いてあるのはボディソープのみなので
部屋に置いてある使いきりのシャンプーを持ってこないとボディソープで頭を洗うことになります

うん、一度シャンプー忘れたけどあの階段昇り降りして取りに行くのもアレだからと
ボディソープで洗ったさ(´;ω;`)←あほ

1106ao 567-nu
いいお風呂でございました(・∀・)

1106ao 564-nu
そういえば酸ヶ湯温泉の時は寝る前、人が歩いて廊下のきしむ音とかが聞こえて時々気になったんだが
ここは全然だな( ゚ω゚ )ってか階段を上がってから人に会ったことがない…
周りの部屋も人の気配がない、ドア開けっ放しで電気ついてないとこもあるしな

もしや別館に泊まってんの俺だけなのか(´・ω・`)w

1106ao 570-nu
そう気付くと部屋に洗面所とトイレがないから夜中に尿意で目が覚めたりすると少し怖い(´・ω・`)←びびり

やたらと発生するカメムシを何度も外に放り投げてたらいい時間になってきたので就寝

1106ao 571-nu 1106ao 572-nu
本日の歩数16451歩 距離12.8km 消費カロリー391kcal

つづく


スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

青森ふらふら一人旅(略した) その4 奥入瀬渓流を散歩

前回まで その1 その2 その3

1106ao 575-nu
起床(・∀・)

1106ao 576-nu
シャケに筋子にトロロとご飯を食べるためのおかずが勢揃いの朝食
朝からご飯を3杯いただいてしもた(`・ω・´)腹いっぱいや

1106ao 587-nu
風呂に入り宿の近くを少し散歩
溝を見てみると魚が泳いでた

1106ao 592-nu
今日は奥入瀬渓流を散歩するのでバスで焼山まで向かいます

1106ao 602-nu
焼山に到着 わずかに残る紅葉

1106ao 606-nu
何これ?( ゚ω゚ )w TAROって書いてあるし岡本太郎さんの作品ですかな?

奥入瀬渓流館
焼山のバス停から歩いて10分ほどで奥入瀬渓流館に到着
ここから15kmほどの道程なので水を購入しておく

1106ao 637-nu
さてここからスタートだ(`・ω・´)
もう少し先の石ヶ戸から行くのがスタンダードらしいがせっかくなのでフルコースといきたい

1106ao 638-nu
今日は珍しく天気が良い(゚∀゚)ありがてぇ!!!

1106ao 648-nu
曲がった木

1106ao 668-nu
早速渓流沿いを歩いていく

1106ao 670-nu
昨日までじゃんじゃん雨が降ってたからここらもぬかるみだらけだな(´・ω・`)

1106ao 680-nu
この奥入瀬渓流では見所スポットには必ず案内板が立っているので分かりやすくて良い

ふらふら歩いてて何となく「ここは何か違うな!」と思ったら
近くに案内板が立ってたりしてて楽しい(・∀・)

1106ao 679-nu
ここら辺が三乱の流れ…らしい

1106ao 688-nu
最初は華麗にぬかるみや水溜りを飛越しながら歩いていたがどうしても靴に水が入ってきて
しばらく歩くと、もはや水に浸かっていなくても靴がジャボジャボ言うようになったので
ぬかるみを無視するようになっていた(´・ω・`)もうええんや…

1106ao 691-nu
焼山から80分ほどで石ヶ戸に到着

ソフトクリーム
白い息を吐きながら昼食にソフトクリームを食す

ベンチに座って食ってたら体が冷えてくるし雨まで降ってきた…
売店でホットお茶を追加購入し手を温めながら進む

奥入瀬渓流 石ヶ戸
石ヶ戸

1106ao 707-nu
焼山~石ヶ戸の間は誰とも会わなかったが石ヶ戸からは人がじゃんじゃん現れるようになる

1106ao 740-nu

奥入瀬渓流 阿修羅の流れ
ガイドブック等で有名な阿修羅の流れ

ここでしばらく茶を飲みながら景色を楽しんでいたらレンタカーに乗った家族連れがやってきた
それから5分ほどして今度はツアーらしきバスがやってきた

すると突然家族連れの中のおばちゃんが「おとーさん!団体バスがきたあああああああ:(;゙゚'ω゚'):」と
悲痛な叫びをあげておとーさんの方に走っていった( ゚ω゚ )どんだけ恐れてんだよ…

1106ao 777-nu

奥入瀬渓流 千筋の滝
千筋の滝 何かいい雰囲気でした

1106ao 784-nu

1106ao 785-nu
石ヶ戸から60分で雲井の滝に到着

奥入瀬渓流 雲井の滝
なかなか見応えのある滝でした(゚∀゚)

1106ao 810-nu
雲井の滝辺りを境に見所スポットが「○○の流れ」から「○○の滝」へと変わる
しかし遊歩道からではほとんど見えない滝も多いので迂回して見に行ったりしてた

1106ao 811-nu
謎のジャンボキノコ( ゚ω゚ )

ツチグリ
これもキノコ(゚∀゚)ツチグリ
雨が降ると花びらみたいなやつが開くらしい

玉簾の滝
玉簾の滝

1106ao 877-nu
倒木だらけなのであちこちにキノコ生えまくり

1106ao 887-nu 白糸の滝

1106ao 897-nu 双白髪の滝

1106ao 898-nu 不老の滝
水量が少なくて分かりにくい滝も結構ある

1106ao 921-nu
その後も色々と現れる滝を見物しながら進み

1106ao 929-nu
雲井の滝から80分ほどで銚子大滝に到着
ここまで来るともうゴールの子ノ口は近い

1106ao 967-nu
子ノ口水門

1106ao 969-nu
落ちてた切符(´・ω・`)上野発の夜行列車降りた時から?(入場券です)

1106ao 976-nu
階段を上がるとそこは

十和田湖
十和田湖!(寒風吹きすさぶ)
何だかんだで焼山から5時間かかったな(゚∀゚)

この時の俺はまだこれから過酷な長期戦になるとは知る由もなかった( ゚ω゚ )

長くなったのでつづく

スポンサーリンク
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

しゃけ

Author:しゃけ
散歩好きが高じて旅行や山登りに行くようになったオッサン

旅行ブログって書いてるけど近所プラプラしてるだけであんま旅行してない

ツイッター @syaketr

 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
オッサンのぼやき
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ブログランキング
メールフォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
宿らん
札幌エクセルホテル東急
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村